1. TOP
  2. 本間ゴルフ上場後初の決算、過去最高益を記録した凄過ぎる中身とは?

本間ゴルフ上場後初の決算、過去最高益を記録した凄過ぎる中身とは?

 2017/07/28 注目記事
この記事は約 3 分で読めます。 5,305 Views

売上高、最終利益とも過去最高を記録

昨年10月に香港市場へ上場した本間ゴルフリミテッドがさきごろ、上場後初の決算発表(2017年3月期)を行った。売上高242億4243万円(前年比8.4%増)、純利益49億5226万円(38.9%増)で売上高、最終利益とも最高を記録。

主要マーケットの日本、韓国、中国(香港、マカオ含む)が売上の85.8%を占め、それぞれ8.9%増、21.7%増、18.8%増と伸びたことで過去最高益となったもの。一方北米、欧州市場はそれぞれ10.6%減、13.2%減と苦戦しており、劉建国会長は、

「世界の重要拠点である北米、欧州市場の拡大を今後も加速させるが、そのためには販売チャネルの再編とこれら地域のニーズに適切に対処することが必要だろう」――。

また、HONMAブランドをボール、アパレル、アクセサリーへ落とし込み、クラブビジネス以外のカテゴリーを拡大する方針で、

「新たにクラブ以外のセールスチームを立ち上げ、主要マーケット及び新興市場において販売チャネル拡大を行っていく」(劉会長)

今期のクラブ、ボール、バッグ・アパレル・その他アクセサリーの収益はそれぞれ11.4%増、83.4%増、11.9%増と伸長し、加速させる。 現状は『ビジール』『ツアーワールド』『ベレス』などクラブの収益が8割以上を占めており、総売上は201億8580万円(7.1%増)。

内訳

■BERES(ベレス) 95億955万円(前年比4.1%減)

■TOUR WORLD(ツアーワールド) 48億2980万円(11.5%増)

■Be‐Zeal(ビジール) 25億4789万円(117.2%増)

■G1X(海外モデル)5億837万円(13.7%減)

■その他モデル 25億9623万円(9.8%減)

■パター 6億5146万円(30.4%増)

これ以外では、ゴルフボール7億3576万円(75.2%増)、バッグ・アパレルその他アクセサリー33億2086万円(7.3%増)となり、ボール事業が大きく飛躍した。

広告宣伝費に24億円超を投入

特筆されるのは、販管費の高さである。広告宣伝に24億7395万円を投入しており、プロ販促やクラブレンタル、トーナメント開催費用などを含めると52億6235万円と売上の21.7%を占める。

ブランド認知にはプロのトップダウンが有効だが、コスト高が浮き彫りとなっている。上場後、約160億円の資金を得たホンマの世界戦略に注目。

本間ゴルフ
2017年版製品カタログ

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

関連記事

  • プレーはするが物は買わない 。警鐘鳴らす「スポーツ産業白書」の中身

  • 夏のゴルフシューズに「消臭アイテム」続々登場。あなたのゴルフシューズは大丈夫?

  • 高級ゴルフウエア『KJUS(チュース)』がアウトレットショップをオープン

  • 46インチ以内? R&Aの長尺ドライバー禁止計画で混乱必至

  • 神谷幸宏プロが動画で解説。ゴルフシューズで使えるヒモの結び方

  • 【2017年5月】桁外れのドライバーが1位を獲得! 今月のドライバー売れ筋ランキング