1. TOP
  2. 「月別アーカイブ:2011年01月 」一覧

「月別アーカイブ:2011年01月」一覧

  • 11年秋冬は4テーマのシェルボ

    グリップインターナショナルは1月27日、都内オフィスで2011年秋冬「シェルボ」コレクションの展示受注会を開催した。今回の展示会では4テーマにラインアップを分けているが、基本的にはイタリアでこのほど開催されたショーのイメージを踏襲しているとか。

  • キャロウェイ、イメルマンとの契約を正式発表

    キャロウェイゴルフは1/24日、トレバー・イメルマンと同社用具使用契約をしたことを正式にリリースで発表した。2008年マスターズの優勝者、イメルマンは、今年、今週のPGAツアー、ファーマーズインシュランスオープンから、クラブ、ボール、キャップ、ウェアー、シューズを含むキャロウェイの全製品を使用し競技に臨むことになる。

  • ゴルフ界へ進出するコブラ・プーマ戦略

    昨年アクシネット社からコブラを買収したプーマ。果たしてシュースとアパレルの巨大企業が、新会社コブラ・プーマとしていかにゴルフ業界に進出しようとしているのだろうか?いかにゴルフ企業として消費者に印象を与えようとしているのだろうか?

  • R&A、USGAが、視聴者告発で失格のルール見直しへ

    世界のゴルフルールを管轄するR&AとUSGA(米国、メキシコ)は、今回、カミロ・ビジェガスやパドレイグ・ハリントンに起きた、本人が気付かなかったルール違反が、テレビ視聴者の告発などにより指摘され、失格になったケースにつき、ルールの見直しの討議を行っている。

  • ニュープロV1、ベールを脱ぐ

    "より遠くへ、より正確に"のキャッチコピーを引っさげて、6代目となる『タイトリストプロV1』(V1・V1x、ともに2月10日発売予定)がいよいよ動き出す。その記者発表会が昨日、都内イベントホールで開催された。発表会には『プロV1』の通算1000勝目(ワールドワイド)を飾り、日本男子プロの中で『プロV1』の勝利数(9勝)が最も多い谷口徹選手なども参加、ニューモデルを積極的にPRした。

  • ダンロップゴルフショップ、新社長に楠 利夫氏が就任

    ㈱ダンロップゴルフショップはこのほど、新社長に楠 利夫氏が就任した。前代表取締役社長竹田憲雄氏は退任し、柏泉グリーン開発㈱へ着任した。

  • Kappa、大山志保と契約

    『Kappa』ブランドを展開するフェニックスは1月26日、女子プロゴルファー大山志保とのウエア契約を発表した。期間は2011年1月から2年間。トーナメントはもちろん、その他全てのゴルフに関する活動において『Kappaゴルフ』のウエアを着用する。壇上挨拶で大山プロは次のように語った。

  • マルマン大隅社長 単独インタビュー〝2011年、新製品について(第二弾)〟

    2011年、ゴルフ事業参入40周年を迎えるマルマン。科学的に裏付けられた革新的な製品を送り出す同社の大隅社長が参入当時から変わらない基本理念と、新製品について語る。(聞き手:ゴルフ用品界社・片山代表)

  • アダムスゴルフが経営破綻したイエスゴルフを買収

    アダムスゴルフは2009年下期、再びパター事業に参入したが、その成果は限られていた。パター事業のより上級者向け分野への進出をもくろみ、経営破綻したイエスゴルフ(Yes!Golf)を150万ドルで獲得した。買収費用総額は、管理費用その他を含み165万ドルだった。ちなみにイエスゴルフとその関連資産は、2011年1月18日、破産裁判所により競売にかけられていたもの。

  • マルマン大隅社長 単独インタビュー〝ゴルフ事業参入40周年を迎えて(第一弾)〟

    マルマン大隅社長 単独インタビュー〝ゴルフ事業参入40周年を迎えて(第一弾)〟 2011年、ゴルフ事業参入40周年を迎えるマルマン。科学的に裏付けられた革新的な製品を送り出す同社の大隅社長が参入当時から変わらない基本理念 […]

  • 福袋付! 会員権販売キャンペーン

    グランビスタ ホテル&リゾートが運営する『苫小牧ゴルフリゾート72 エミナゴルフクラブ』(北海道苫小牧市)は1月下旬、ホームページで「福袋付! 会員権販売キャンペーン」を開始(価格:105万円、限定10口)。「期間は1月20日(木)~5月31日(火)の約4ヵ月間で実施するもの。

  • ラブが次期ライダーカップ米チームキャプテン候補に

    次の2012年ライダーカップ、米チームキャプテンにデイビス・ラブIII、欧州チームキャプテンにマリア・オラサバルが候補に上げられている。

  • PGAショーでのブリヂストン新企画

    米国ゴルフ用品展示会、PGAマーチャンダイズショーの55年にわたる歴史の中で、世界の消費者が初めて出展企業のブース(小間)や、ショーの現状をライブ体験することが出来るという。ブリヂストンスポーツ(株)の米国現地法人子会社、ブリヂストンゴルフは、ゴルフファンが、ゴルフ業界世界最大のトレードショーの興奮に直接参加できるライブビデオにして流す予定だそうだ。

  • デュバルがスクラッチゴルフに経営参加

    かつて世界No.1にもなったことがあるデイビッド・デュバルが、テネシー州チャタヌガのスクラッチゴルフ社と5年契約を締結した。デュバルは同社の用具を使うだけではなく、会社のオーナーの一人として加わることになっている。

  • 台湾、ゴルフクラブ部品メーカーの売上が伸長

    台北発1/13日。台湾紙によると、台湾の大手ゴルフクラブ部品メーカーの二社、ダイナミック・プレシジョン・キャスティングMfg社とアドバンスド・インターナショナル・マルチテック社の両社の12月度業績が好調で、前者売上が前年同月比63.67%アップ、後者は42.76%アップしたとのこと。

  • 業界は回復基調?ゴルフスミス2010年度業績

    米国大手小売チェーン、ゴルフスミス社(Golfsmith International Holdings, Inc.)は2011年1月1日に締められた、同社2010年度第4四半期及び年間業績を暫定的に発表した。2月24日の最終発表日を待たずにこの業績について発表を行ったことは異例のことに思われる。時々、良い話は発表が待ちきれず早めに出してしまうことがしばしばあるというが、それかも知れない。

  • ミズノがCハウエルⅢと契約

    ミズノはこのほど、USPGAツアーで活躍するチャールズ・ハウエルⅢとアドバイザリースタッフ契約を締結した。契約内容は、アイアン、ウエッジ、キャディバッグ、キャップの使用と同社製品の開発や宣伝・広報への協力も含まれている。契約金額・期間は非公開となっている。

  • 飛ぶと評判のリョーマD-1に『Vスペック』追加

    リョーマゴルフから、新商品『リョーマD-1 Vスペック』が1月21日発売になった。 発売前、数件のショップに対してテスト販売を実施した結果、本当に飛ぶと好評価を得ているようで、ショップ独自のテストでは、棒ダマ効果でランが伸び、さらにミスヒットでの飛距離ロスが少ないため、平均10~15ヤードも飛距離アップするという。

  • 捉まる&引っかからない『V-UT』

    マスダゴルフは1月20日、『V-UT』を発売した。設計コンセプトはやさしいだけではなく、ピンを狙えるクラブであること。アドレス時にショットのイメージができ、実際にラインが出せる機能を搭載したクラブであることも重要視した。

  • ロングアイアンよさらば!ナイキのハイブリッド

    ナイキゴルフは契約プレーヤーの要望に応えて開発されたという新製品ハイブリッドクラブを出した。同社によればこのクラブ、VR Proハイブリッドは、先週のツアー初戦、ヒュンダイ・ドーナメント・オブ・チャンピオンズから同社契約のアンソニー・キム、フランシスコ・モリナリ、カール・ペターソン等に使われているとのことだ。

1 2 3 4