1. TOP
  2. 倒産
  • チームヨシムラが破産手続き

    株式会社チームヨシムラ(資本金1000万円、神戸市中央区港島9-2-5、代表吉村忠義氏、従業員1名)が、3月に神戸地裁より破産手続き開始決定を受けていたことが先頃明らかになった。 同社は1988年(昭和63年)4月創業、『チームヨシムラ』のブランド名でクラブ販売を手掛ける一方、神戸ポートアイランド内でゴルフスクールの運営などを行い、2007年9月期には年商3億円を計上していたという。 しかし、市況の悪化により業績が年々悪化。2016年9月期には年商が9000万円にまで落ち込み、低収益になっていたことから、今年1月に事業を第三者に譲渡し、今回の措置となった。負債額は1億4600万円(2017年3月現在)。

    2017/04/11
  • WINBIRD清算手続き開始

    株式会社WINBIRD(羽鳥精一社長)が、10月5日をもって営業を停止、清算手続きに入った。ここ数年は3期連続の赤字計上と厳しい業況が続き、資金繰りも逼迫し今回の措置となった。前身の羽鳥商会を含め33年の歴史に幕を下ろす。

    2016/10/05
  • ENAが業務終了

    株式会社ENA(三谷良材社長)は、8月末をもって業務を終了する。既に店頭在庫の回収に入っており、今後はアフターサービス対応を含め新会社への業務移行を目指す。

    2016/07/19
  • TRYPが破産申立

    ゴルフ専門の総合プロデュース業を営む株式会社TRYP(社長:中谷要介氏/本社:東京都中央区)は7月6日、財務状況の悪化により自己破産申立を行うことが明らかになった。

    2016/07/08
  • クリエイトプロダクトが破産申立

    株式会社クリエイトプロダクト(尾上巖社長)が東京地方裁判所へ破産宣告の申し立てを行うことが明らかになった。同社は過去、『オデッセイ』や『アダムス』、そして『ニッケント』などの日本販売代理店を務めるなど、海外の輸入商材を中心に実績を誇った。最近は、『ピレッティパター』の販売代理店として同ブランドの日本国内における販売活動に注力していた。

    2015/06/02
  • クレイジーが最後配当5・4685%

    ㈱クレイジー(豊島大樹社長)は1月28日付で最後配当通知を行った(平成26年(フ)第7310号破産事件)。

    2015/01/30
  • クレイジー民事再生手続廃止へ

    シャフトメーカー㈱クレイジー(豊島大樹社長)は7月2日、東京地裁において民事再生手続廃止を受け、破産手続開始決定がされた。

    2014/08/07