1. TOP
  2. マルマン
  • シリーズ最高峰9代目『MJプレステジオ』投入

    マルマンは7月21日、都内会場で『マジェスティ(MJ)』ブランドの最高位シリーズ9代目となる『MJプレステジオ9(ナイン)』を発表。プレミアム市場を牽引する最高峰モデルとあって、集まった報道陣は約100名、注目度の高さが伺えた。発表会冒頭は、日本の四季をモチーフに、伝統美を表現したCG映像の演出でスタート。「すべてを凌駕する圧倒的な飛距離性能」という、自信に満ち溢れたエンドロールで存在感をアピールした。

  • 三期ぶりの黒字で「マジェスティ帝国を盤石にします!」

    マルマンは、平成27年9月期の連結決算で三期ぶりに黒字へ回復、その波に乗って、主力ブランド『マジェスティ』の盤石を図っていく。布石となるのが、今まで取り込めなかった40~50代の現役ゴルファーのブランドユーザー化だが、その役割を担うのが12月から発売される『ヴァンキッシュ by マジェスティ』。出山泰弘社長が、このモデルに懸ける思いと『マジェスティ構想』について熱く語る。

  • 来年、強力布陣で『マジェスティ帝国』を構築

    「来年は、"マジェスティ帝国"を作ります!」――。こう高らかに宣言するのが、マルマンの出山泰弘社長だ。同社は2016年、ゴルフ事業に参入して45周年を迎える。その節目の年に、同社フラッグシップブランドである『マジェスティ』の拡充を図ることを明らかにした。

  • アスリートシニアへ向けた、攻めのマジェスティ

    マルマンは9月9日、都内ゴルフ練習場(墨田区立花)で「2014新製品発表試打会」を開催。同発表試打会は、9月2日の福岡会場を皮切りに、9月19日の群馬会場まで、全国9会場で開催中。発表されたのは、同社のフラッグシップともいえる『マジェスティ(MJ)』シリーズのニューモデル『マジェスティ・ロイヤル・ブラック』――。

  • 8代目の『プレステジオ』はライナー系でもっと飛ぶ!

    マルマンは1月29日、都内会場(千代田区丸の内)で8代目となる「マジェスティ」ブランドの最高位シリーズ『MAJESTY PRESTIGIOⅧ(マジェスティ・プレステジオ・ジ・エイス)』を発表した。同モデルはドライバー、FW、UT2機種、アイアンというフルラインアップ。 

  • 270Yユーティリティを証明せよ!ゼータUTをQPさんが試打!

    「爆飛び」と巷で話題の『ZETA ユーティリティ』。その実力を、QPさんこと関雅史プロが証明するため、270ヤードにトライ!

    笑いあり、涙ありの挑戦の結果はいかに!? 必見です!

  • マルマン ZETA(ゼータ) プロモーションビデオ

    新製品ではない。新種である。すべてが新しい。ゴルファーの「感動」と「挑戦意欲」をかきたてる究極という名のゴルフギア『ZETA』、ここに誕生――。

    「飛びを操る」第3世代アジャストメント機構搭載。マルマン、新ブランド『ZETA』プロモーションビデオ。

  • マルマン出山社長「シニアメーカー払拭」に熱く吠える。

    新ブランド『ゼータ』で初年度10億! マルマン初の世界統一ブランド『ゼータ』――。その中身が発表された。特徴はドライバーの「長さ可変」というもので、同社はこれをカチャカチャ第3世代と位置づけている。ターゲットは30~40代のサラリーマン層。『マジェスティ』が売上の4割強を占める同社だけに、「新ブランドの投入でシニアイメージを払拭したい!」。出山社長の熱弁を聞こう。

  • マルマン、新ブランド『ZETA』発表!

    マルマンは8月下旬、世界戦略モデルと位置づけた新ブランド『ZETA(ゼータ)』の記者発表会を開催した。動画ではその模様と、ニューモデルを紹介。

    2013/08/22
  • 2013 Conductor PRO-X プロモーションビデオ

    誰にも媚びない、機能美だけを追求したその美しいボディは強さの証。一流アスリートの、無駄を曲辺まで切り落としたような、シンプルで効率的な美しいシェイプ。溢れるパワーを飛びのエネルギーへ変える。真のゴルフ好きのための、本質を究めたギア。それが『コンダクター プロ エックス』シリーズ! シンプルな美しさには、理由がある。

1 2 3 4 5