1. TOP
  2. あの名作ナイキテニスクラシックをゴルフシューズでリメイク

あの名作ナイキテニスクラシックをゴルフシューズでリメイク

 2017/08/04 メーカー
この記事は約 3 分で読めます。

ナイキジャパンは先頃、同ブランドのアイコン的シューズ『ナイキ テニス クラシック』をベースに、オンコースからストリートまで幅広く愛用できるという『ナイキ コース クラシック』を発売した。

テニスシューズの名作をゴルフシューズとしてリメイクしたのは、同社のフットウェアデザインディレクター、ジェームズ・アリズミ氏。

「秋冬シーズンに、どんなスタイルや好みにも合わせられるシンプルでモダンなモデルを作りたかったのですが、ナイキのアーカイブにある『ナイキ テニス クラシック』がまさにイメージにピッタリでした。

テニスとゴルフは、長い伝統やスポーツマンシップが尊重されるクラシックなスポーツとして共通点があります。しかし、機能的にはゴルファーが求めるパフォーマンスをどのようにして実現できるかを重視しながら、モダンで大胆なナイキらしさも出るようにディテールにこだわりました。

側面のトップラインは、すっきり感をキープしながら、オンコースでもオフコースでもグリップ力をもたらすアウトソールを搭載しています」

アリズミ氏が語るように、『ナイキ コース クラシック』はすっきり感満載で、どんなウエアとの相性も良さそう。気になるグリップ力だが、ナイキは現行品の『ヴェイパー』などアウトソールに独自のデザインを施し、スパイクに負けないスパイクレスで定評がある。

昨今、特に女子プロの使用が目立つが、今回のモデルもスイング時の足圧に基づきピンポイントなアウトソールのトラクションを実現したという。また、履き口の後部には剛性の高いミリタリーグレード規格のテープを使用するなど、シンプルだがディテールへのこだわりも見せている。

ナイキ コース クラシック

メンズのラインアップはホワイト/セイル/ブラック/ホワイト(価格:1万1000円+税)、ブラック/セイル/ブラック(同:1万1000円+税)、バケッタタン/ホワイト/ブラック(同:1万4500円+税、近日発売予定)の3カラー展開。サイズは25.0~29.0cm。

ナイキ コース クラシック

かつての名作をゴルフシューズにリメイクするのは、スパイクレスの台頭と歩調を合わせている。今後も一つのトレンドとして注目されそうな動くといえるだろう。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin

関連記事

  • 遼君がウエアに合わせるソックス

  • デサント、「マンシング」「ランバン」の15SSシーズン業況を発表

  • スムーズな青か、叩ける緑か。 アルディラの新モデルが登場!

  • 『リールフィット』にホワイト

  • r7XR購入で先着プレゼント

  • 7ピース構造の「X-DRIVE 703」