飛距離性能を磨いたミウラ『PP-9005 ジェネシス』

飛距離性能を磨いたミウラ『PP-9005 ジェネシス』

三浦技研は1月21日、ポケットキャビティアイアン「パッシングポイント(PP) NEO」シリーズから『PP-9005 Genesis(ジェネシス)』を発売する。これは今年6月に発売された『PP-9005プレミアム』の後継機種で、さらに飛距離を追求したポケットキャビティアイアンという位置づけだ。


その特徴は3点に集約される。一つ目はボール初速を高めるためにフェースに採用された455カーペンター特殊鋼だ。航空宇宙産業で使用され、ゴルフ用品では飛距離特化型クラブに使用されてきた。今回の採用で同社は「ミウラ史上最高のボール初速で、さらなる飛距離性能を実現した」と自信を漲らせている。

2つ目は飛距離、ワイドスイートエリア、打感など、購買ターゲット層と据えるミドルシニア層が望む性能を高いレベルで達成させることを追求した複合素材による3ピースポケットキャビティ構造だという。同社が世界に誇る精密鍛造技術によるボディと高反発のカーペンター特殊鋼フェースで、ポケットキャビティアイアンにありがちな手応えのない打感と異なり、ボールをしっかり押し出すフィーリングを感じることができるとか。

そして3点目がシェイプ。ヘッドの面と面が繋がる輪郭に丸みを持たせることや、滑りのよいワイドソール、適度なグースネック形状など、デザイン全体的にはやさしく感じられる工夫を満載した。

セット構成は5I~9I、PWの6本セット。価格は参考価格がアッタス/MCI装着モデルが21万円、ゼロス8/モーダス3装着モデルが17万4000円となっており、販売は全国約260店のミウラ・クラフトマンワールドにて展開される。

問い合わせは三浦技研へ、0790-26-0773。

関連記事

ニュース 最新記事

ニュースの記事一覧へ