正しい握り方でスイング練習『ダイヤスイング457』

正しい握り方でスイング練習『ダイヤスイング457』

ダイヤコーポレーションはこのたび、モデルグリップ付きスイング練習器『ダイヤスイング457』(TR‐457)を発売した。「もし、プロの握り方をマスターできれば...」「自分のベースとなる握り方を覚えたい」「初心者で、グリップの仕方が毎回、分からなくなる」など、そんな悩みを持つゴルファーに朗報だ。


同製品のウリは、なんといっても、数々のゴルフ雑誌やゴルフ番組などで活躍する人気インストラクター植村啓太氏の握りを再現した、モデルグリップ付きスイング練習器ということ。体とクラブを繋ぐ、唯一の接点であるグリップは、言わずもがな、正しく効率のよいゴルフスイングをするために、重要なファクター。先述したように、実際、グリップで悩んでいるアマチュアゴルファーは多いはず。

また、同製品は全長約70cmと室内で振れる長さながらも、実際のクラブを振ったときの「振り心地」を損なわぬよう、シャフトやヘッドの重量などを考えて設計。全体の重さは約580gで、一般的なドライバーの約2倍の重量。ヘッド部分が重くなっているから、70cmという長さでも、シャフトはほどよいしなり感が得られる仕様になっている。

初心者はもちろん、中・上級者すべてのゴルファーにオススメの商材といえそう。外に出なくても、正しいグリップをいつでもチェックでき、練習前やプレー前のウォーミングアップにも最適な練習器といえるだろう。

問い合わせはダイヤコーポレーション(消費者サービス係)へ、03‐3381‐5454。

関連記事

ニュース 最新記事

ニュースの記事一覧へ