今度は「ウエアにコミット」で矢継ぎ早、拡大志向のライザップがゴルフアパレル参戦

今度は「ウエアにコミット」で矢継ぎ早、拡大志向のライザップがゴルフアパレル参戦

「結果にコミット」でお馴染みのライザップがレッスン市場へ参入したのは周知のことだが、今度はゴルフアパレルに本格参入する。11月中旬、流通・報道関係者を招いた展示会を都内イベント会場(中央区月島)で開催。来年の春夏コレクションから男女合わせて約70型を発売するだけではなく、キャディバッグやボストンバッグ、キャップなどのアクセサリー類も約50型を用意するなど意欲的だ。

同社のグループ子会社には、婦人・紳士服を扱うアンティローザや三鈴があるが、ライザップの屋号でのアパレル参入は初めて。一体、どのような戦略を考えているのか? 『RIZAP APPAREL』の事業戦略を、同事業の営業代行を担うケンツフラット・カンパニーの長田憲悟社長が次のように説明する。

「今回発表するのは『ボディメイク』と『ゴルフ』という2つのレーベルです。構想は1年ほど前からで、コンセプトはずばり『Face yourself』。鏡の前に立ち、自分自身と向き合う瞬間、他のどんなウエアよりも、あなたを誇らしくみせたいという想いを込めています」

ライザップは2012年2月、神宮前店の出店を皮切りに、現在は100店舗、会員数6万人超と破竹の勢いで拡大中。男女の構成比は4対6で女性会員が多く、特に20~30代の女性が中心だとか。長田社長がこう続ける。

「男性は自分で身体を鍛える術を知っているひとが多く、この比率にも表れています。若い女性の多くは筋骨隆々というよりも、部分的なシェイプアップやボディメイクで通うケースがほとんど。2ヵ月(全16回)で29万8000円からという料金設定にも関わらず、リピート率は6割以上です。また、今年は海外進出(中国、香港、台湾、シンガポール)を果たしましたが、次なる挑戦がコンプレッションウエアや機能性アンダーウエア、ゴルフアパレルへの参入です」

まず、「ボディメイク」のラインではトレーニングウエアやコンプレッションウエア、高機能アンダーウエアを中心に約70型。価格は4000円台~1万8000円までと様々で、加圧部分や負荷、サポート機能をもつ3タイプを用意。一方、「ゴルフアパレル」の主要価格帯はポロシャツが1万6000円前後、アウター類が2万5000円前後、パンツが2万3000円前後となり、高級路線で展開する。

「ゴルフアパレルは『ラッセルノ』や『DWD』みたいな艶っぽさをイメージしており、エレガントさや遊び心を随所に加えたデザインです。むろん、吸水速乾やUVカット、ストレッチ性などゴルフに必要な機能もすべて搭載しています。当面、販売対象はライザップゴルフの会員が中心ですが、一般販売も視野に入れており、展示会で流通各社と話し合い、今後の店舗数や規模を決めていきます。現段階では目標数字の公表は控えますが、後日、改めて発表できると思います。ただし、一気に広げるのではなく、ブランドを丁寧に育てる方針です」

健康市場とゴルフは結びつきが強く、これまで業界はシニア層をターゲットに「健康」を訴求してきた経緯がある。これに「美」を意識させるダイエットやボディメイクの要素を加えれば、レディス市場の拡大にも寄与できそう。

関連記事

ニュース 最新記事

ニュースの記事一覧へ