人気のフリーサイズグローブに追加ラインアップ

人気のフリーサイズグローブに追加ラインアップ

ダイヤコーポレーションは4月1日、昨年4月の発売から累計3万4000枚以上を販売したフリーサイズのゴルフグローブ『US PGA TOUR グローブ』を4モデル発売(一部は発売中)する。

具体的には、『US PGA TOUR グローブ3007(ホワイト/レッド)』、『WGC グローブ3008(ホワイト/ブルー)』の2モデルは既に発売しており、『US PGA TOUR グローブ3009(ホワイト/ネイビー)』、『US PGA TOUR 3010(ホワイト/オレンジ)』の2モデルは4月1日の発売予定。

同社は「US PGA TOUR」のオフィシャルゴルフ用品を展開しており、同シリーズのグローブは22cm~25cmの手のサイズに対応するフリーサイズのグローブとして人気の商材。昨年4月の発売から1年経たずに累計約3万4000枚以上を販売しているというから驚きだ。その実績を引っさげ、NEWモデルとして冒頭の4モデルを発売するもの。

特に先日、松山英樹プロが優勝し、話題沸騰中の「フェニックス・オープン」をはじめとしたトーナメントロゴをデザイン(※モデル名:US PGA TOUR 3010)。今回の全4モデルは、旧モデルのレッド、ブルーのロゴを一新、さらに落ち着きのあるネイビーと発色のよいオレンジを追加投入したという。

特徴は、伸縮性に優れた抗菌ストレッチ素材の適度な締め付けによるフィット感。そして、掌側に採用されている特殊加工を施した合成皮革「トライト3000N」による抜群のグリップ力が挙げられるだろう。お洒落な見た目、抜群の使い心地、リーズナブルな価格帯(オープン価格:店頭予想価格1100円前後)という3拍子揃ったゴルフグローブ。これからゴルフを始める初心者や、カラーバリエーションが豊富なのでファッションにこだわるゴルファーにオススメの商材といえそうだ。

問い合わせはダイヤコーポレーションへ、03‐3381‐5454。

関連記事

ニュース 最新記事

ニュースの記事一覧へ