カッパゴルフ17FWでウィメンズを一新

カッパゴルフ17FWでウィメンズを一新

フェニックスは、カッパゴルフ17FW展示会で、「アズーロ」と「アティーボ」の2ラインを展開。

アズーロは、カッパのイメージを象徴するイタリアというキーワードを色濃く反映したベーシックラインで、スポーティーかつスリムシルエットが特徴的。伸縮性に優れた素材をウエア&パンツにも採用、ゴルフプレーを快適にする工夫を施した。立ち上がりは8月からで、ポロシャツも用意。背中部分へ伸縮素材を使用し、受注会は既に終了しているが、評判は上々だったとか。カラーリングは、その名の通りイタリアンブルーやホワイトを基調にしたアイテムで占められる。

また、今FWではウィメンズを一新。17SSのアイテムはボーイッシュなイメージカラーが目立ったが、今FWではピンク、チャコールグレーをラインアップ。販路は百貨店、専門店が中心となる。

一方のアティーボは、レタリング・カッティングなどのデザイン要素を加えて、よりスポーティーでアクティブなウエアへと進化した。価格面を鑑みると、量販店向けのラインとなる。アズーロとの比較では、ジオメタリック柄が入り、シルエットもスリムではあるが、どちらかというとレギュラー寄り。8月の前半部分は、Kappaのロゴをモチーフにしたプリズム柄を使用して、遊び心を演出した。

展開店舗の構成比は、直営(3店舗)2、百貨店2、専門店&量販6となっている。

2017FWのカッパは、全体テーマに「Thing,New Change」を掲げるが、常に新しいものを作り続けよう、新しく変わっていこうというメッセージが込められているという。カッパは、そのスローガンを勝利と挑戦という言葉にシンクロさせ、アスリート達をサポートする方針。

関連記事

ニュース 最新記事

ニュースの記事一覧へ