ゲーリン・ライフ氏の新ブランド『イーブンロール』が日本上陸

ゲーリン・ライフ氏の新ブランド『イーブンロール』が日本上陸

ヒッコリースティックは4月、米国のパターデザイナーであるゲーリン・ライフ氏が2016年の春に立ち上げた『イーブンロールパター』を日本市場に投入する。ゲーリン・ライフ氏といえば、『ツーボールパター』を手掛け、その後、自身の名を冠した『ゲーリン・ライフ・パター』が有名。そのライフ氏が自身の集大成として立ち上げたのが『イーブンロールパター』。独特のフェースのグルーブが特長だろう。

そのグルーブは「スイートフェイステクノロジー」と呼ばれ、溝幅が中央になるに従って広くなり、且つ、溝の深さも中央になるに従い深くなる。つまり、立体的にはV溝でありながら、平面では細長い紡錘形のグルーブとなっている。それによってミスヒット時の方向性と距離のバラツキを抑制しているという。また、ヘッド素材には303ステンレススチールを採用。すべて米国生産にこだわり、生産、品質管理とも高いレベルでコントロールされているミルドパターという位置づけだ。

ラインアップは、ヒールトゥに重量配分したクラシックな『ER 1 BLADE』、同様のワイドソールブレードモデル『ER 2 BALDE』、フレアバックブレードモデル『ER 3 WING BLADE』、ハッチバックマレットモデル『ER 5 HATCHBACK』、重量を後方に設置した高MOIマレットの『ER 6 iROLL』、フルサイズのマレット『ER 7 FULL MALLET』、そして中上級者が好むクラシックなミッドサイズマレット『ER 6 TOUR MALLET』の7機種が勢揃いする。

価格は『1』~『5』が4万2000円(税込み)で、『6』~『8』が4万6000円(税込み)となっている。写真は左が『ER 1 BLADE』、右が『ER 5 HATCHBACK』。

問い合わせはヒッコリースティックへ、03―6451-0478。

関連記事

ニュース 最新記事

ニュースの記事一覧へ