ヒトとクラブの未来を拓くゼクシオ ナインという可能性

ヒトとクラブの未来を拓く
ゼクシオ ナインという可能性

XXIO9

2015年12月5日、いよいよ『ゼクシオ』シリーズの9代目『ゼクシオ ナイン』が発売される。社運を懸けて世に送り出した2000年以降、16年間にわたり国内トップを走り続けるロングセラーの累積出荷本数は1600万本超。他社を寄せ付けない程の強さを誇り続ける。なぜ、これほどまでに『ゼクシオ』が支持されるのか。“『ゼクシオ』の歴史は技術変遷の歴史”とダンロップスポーツが位置づけるように、正に技術革新の連続性がゴルファーのハートを惹きつけてやまないからだ。無論、今回の『ゼクシオ ナイン』にも最先端の技術が盛り込まれている。その核心部分について同社商品開発本部の森山圭治クラブ開発部長に語ってもらうとともに、実際のパフォーマンスを永井延宏プロに検証してもらった。

ゼクシオ ナインのパフォーマンスを徹底検証

永井延宏プロ

ゼクシオ ナイン開発者インタビュー

森山圭治クラブ開発部長

ゼクシオ ナイン Specs

XXIO9 スペック

ドライバー

ロフト:8.5、9.5、10.5、11.5、12.5度

クラブ長:45.5インチ

クラブ重さ:272g(R)

シャフトフレックス:S、SR、R、R2

価格:8万8000円+税

フェアウェイウッド

番手:#3、#4、#5、#7、#9

価格:5万5000円+税

ユーティリティ

番手:U3+、U3、U4、U5、U6

価格:3万8000円+税

アイアン

価格:8本セット(#5~9、PW、AW、SW)MP900カーボンシャフト装着19万2000円+税、NSプロ890GH DST for XXIOスチールシャフト装着15万2000円、5本セット(#6~9、PW)、単品(#4、5、AW、SW)もあり。

よりしっかりした振り心地のゼクシオを求めるゴルファーに
ゼクシオ ナイン Miyazaki Modelを新発売

XXIO9 Miyazaki Model シャフト
新開発「Miyazaki Melas(メラン)」シャフト装着

XXIO9 miyazaki Model スペック

ドライバー

ロフト:8.5、9.5、10.5度

クラブ長:45.5インチ

クラブ重さ:299g(S)

シャフトフレックス:S、SR、R

価格:8万8000円+税

フェアウェイウッド

番手:#3、#4、#5、#7、#9 ※特注対応

価格:5万5000円+税

ユーティリティ

番手:U3+、U3、U4、U5、U6 ※特注対応

価格:3万8000円+税