AKIRA 2016
19/32

18安全なゴルフを楽しむためにクラブに異常がないか必ず確認しましょうクラブを使用する前には、ヒビ割れ、接着のゆるみ、ビスやグリップのゆるみなど、各部に異常がないことを必ず確認しましょう。クラブの異常はケガの原因となることがあります。周囲の安全を必ず確認してスイングしましょうスイングする際は、人、樹木、建造物などに触れないよう、周囲の安全を必ず確認しましょう。人に当たると死亡やケガの原因になります。また、道路や公園など、人通りのある場所では絶対に使用しないでください。※長尺仕様のモデルは、特に注意してください。雷鳴が聞こえたら避難しましょうラウンド中や屋外で使用中、雷鳴が聞こえはじめたら、クラブから離れて、なるべく早く安全な場所に避難しましょう。カーボンやスチールは感電する危険があります。パターでのショットはやめましょうパターは、パッティングやアプローチ用に設計されています。ショットに使用するとシャフトが折れて、クラブ本体の破損やケガの原因になります。自分に適したクラブを使用しましょう力の強い方がシニア用やレディース用、ジュニア用のクラブを使用すると、破損してケガの原因になることがあります。自分のパワーや技量に合ったクラブを使用してください。※販売店にご相談<ださい。ゴルフボール以外は打たないようにしましょうゴルフボールや専用の練習器具以外を打たないようにしましょう。コンクリートやアスファルトなどの硬い地面の上では打つのもやめましょう。ケガやクラブ破損の原因になります。グリップは早めに交換しましょう握る面がスリ減ったり、ヒビ割れたグリップは取り替えましょう。スイングした際にクラブが手から滑って、周囲の人に当たる危険があります。スベリなどを感じた場合は早めに取り替えましょう。強打時は必ずチェックしましょう衝撃の強いダフリ(地面への打撃)や、ダフリの頻発は破損の原因になります。その際は、ヘッドやシャフトに異常がないか必ず点検しましょう。そのまま使用し続けると、シャフトが折れてケガの原因になることがあります。樹木や建造物、石や金属などで衝撃を受けた場合も、必ず点検してください。クラブヘッドは保護しましょうクラブヘッドにキズがつかないようにヘッドカバーを使用するのがよいでしょう。クラブを搬送する場合はキズがつかないようにキャディバッグに保管するとよいでしょう。フェース部以外での打撃はやめましょうフェース部分以外での打撃はクラブの破損の原因になります。特にドライバーやフェアウェイウッドでのフェース部以外での打撃は、ヘッドの凹みや割れの原因になります。無理な力をかけるのはやめましょうシャフトを強い力で曲げたり、ねじったりしないようにしましょう。シャフトが破損する場合があります。バッグの転倒に注意しましょうキャディバッグからクラブを出し入れする際は、無理に出し入れしないように注意してください。また、クラブが入ったキャディバッグの転倒は、重たいので破損の恐れがあります。折れたシャフトに気をつけましょうシャフトが折れた場合は破損部分には絶対に触れないでください。切りキズや刺しキズを負う危険があります。カーボンシャフトの繊維は、刺さりやすいので注意しましょう。テープや布などで保護しシャフトを早めに取り替えてください。クラブを大切にしましょうクラブを踏みつけたり、たたきつけたりすることはやめましょう。クラブを杖代わりに使用したり、重いものを乗せたり、ぶら下がったりすることもやめましょう。破損やケガの原因になります。シャフトのキズは交換しましょう何らかの衝撃などでシャフトにキズがついた場合は、早めに交換してください。小さいキズでも、そのまま使用を続けるとシャフトが折れ、ケガの原因になることがあります。スイング時は注意しましょうスイング時のフォロースルーで、肩や背中にクラブが当たるとシャフトが破損し、ケガの原因になりますのでご注意ください。警告注意クラブのお手入れ方法ゴルフクラブを乾燥、湿気、サビなどから守るために、使用後は必ず手入れをしましょう。ヘッド① クラブのフェース面、ソールなどに付着した砂、泥、芝などをブラシ等で落とします。② 細かな汚れや水分を乾いた布で拭き取ります。③ オイル、クリーナーをムラなく塗ります。④ 乾いたきれいな布で磨いて仕上げましょう。シャフト① 付着したホコリ、泥、汚れを乾いた布で拭き取ります。② オイル、クリーナーをムラな<塗って仕上げます。グリップ① 付着したホコリ、泥、汚れを、水や濡れた布で拭き取ります。② 日陰で自然乾燥させます雨の日のプレー後① 水分を乾いた布でよく拭き取った後、風通しのよい場所で陰干しをします。 ※キャディバッグからクラブを出し、ヘッドカバーは外します。② 完全に乾いてから、手入れをしましょう。保管方法●高温、多湿の場所は避けてください。●車のトランクの中や直射日光の当たる場所には、長時間置かないでください。●火気に近づけないでください。●子供が取り出してむやみに振り回さないように、保管管理してください。●物が落下したり、転倒しやすい場所に保管しないでください。修理方法ご自身での修理は、安全上の問題が生じます。修理の際は、必ずお買い上げ販売店にご依頼してください。転居・贈答品など、お買上げ販売店にご相談できない場合は、アキラプロダクツにご連絡ください。改造・保証対象外について弊社以外でクラブ修理・改造された場合は、保証対象外になります。※ シャフト交換、ライ角調整、ロフト角調整、クラブパーツの組み直しなどはクラブ改造に該当しますので、ご注意ください。※ グリップ交換はクラブ改造に該当しません。※ ボールに砂や小石などが付着した状態で、打撃時に発生したクラブヘッドのキズは保証対象外になります。1. 通常の使用状態において、お買上げ後1年以内に品質或いは製造上の不備による破損が発生した場合は無償にて修理又は交換します。2. お買上げ日、製造番号によって保証・アフターサービスを実施しております。お買上げ日が訂正されている場合、又は故意に製造番号を手直し或いは製造番号が消失された商品は保証致しかねますのでご了承ください。3. アキラブロダクツに保証登録カードの返送を行っていない場合は保証できません。4. 保証書は再発行いたしません。5. 保証書は、日本国におけるお買上げ・ご使用の場合に限り適用いたします。6. 保証期間経過後の修理・アフターサービスについてはお買上げの販売店又は販売店経由で当社へお申し出ください。7. 次の場合は保証期間でも品質保証が適用されませんのでご了承ください。 A) 天災・火災・地変による損傷。 B) 当社以外で改造・修理・調整された場合。 C) 保存上の不備による損傷。(例えば重量物の下や直射日光の当たる車内等の 高温の場所に長時間放置したため発生したもの) D) お買上げ後の輸送、移動時に於ける落下等による故障及び損傷。 E) 使用目的以外の事故、または使用中不測の事故による場合。 F) 著しい濫用または手入れ不良が原因と判断される場合。 G) その他これに準ずる場合。保証規定SGマークSGマークは製品安全協会が安全な製品であると認めた製品に表示されるものです。万が一、製品の欠陥により人身事故が発生した場合には製品安全協会までご連絡ください。けがなどの被害の程度に合わせての補償が行われます。SGマーク制度は、製品の安全を保証するいわば安全を保証するブランドです。一般財団法人 製品安全協会所在地 : 〒110-0012 東京都台東区竜泉2-20-2ミサワホームズ三ノ輪2階電話番号 : 03-5808-3300(代表)お取扱上の注意SGマークのあるゴルフクラブは安全にご使用いただけるように製造されています。しかし、誤った使い方をしますと破損する場合があります。また、長年ご使用いただきますと、使用に伴う強度の低下により、破損しやすくなることがありますのでご注意ください。対人賠償保険付SGマーク(一般財団法人 製品安全協会)

元のページ 

page 19

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です