AKIRA 2016
25/32

24PROTOTYPE2008年、久保谷健一プロとクラブ契約を交わし、プロの現場に足を踏み入れたAKIRA。プロゴルファーのクラブへのこだわりは強烈だ。【職業=プロゴルファー】武士に例えるなら、ゴルフクラブは刀であろう。自分の命(生活)を守る道具、相手に脅威(飛距離、コントロール)を与える道具。こだわりが強いのは当然である。そのこだわり(感性・イメージ)を形にしたのがAKIRAのプロトタイプである。すべてのゴルファーは常にコース、相手、自分と戦いながら、勝ちたいと考えている。14本の中の1本だけでもいい。AKIRAはゴルファーの勝利に貢献したい。AKIRAの夢はゴルファーの勝利、喜びに貢献することである。プロと同じ道具を使うよろこび。

元のページ 

page 25

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です