1. TOP
  2. 新商品・メーカー関連
  • テーラーメイド、資産運用企業に売却される

    アディダスは遂にテーラーメイドの売却先を決定、アダムスゴルフ、アッシュワースと共に、KPSキャピタルパートナー […]

  • テーラーメイドも出足は好調

    キャロウェイが好調な2017年度第一四半期業績を発表したが、ライバルのテーラーメイドも今年度出足は順調のようだ […]

  • キャロウェイ、好調の第一四半期業績を発表

    キャロウェイゴルフは5月5日、同社第一四半期業績を発表した。 それによると、同社第一四半期売上高は、前年同期を […]

  • コストコ、カークランドゴルフボールでアクシネット社を提訴

    米国、特許関係情報によると、米国大手スーパーのコストコが、同社のオリジナルゴルフボール『カークランドシグネチュア』の件で、アクシネットホールディング社(タイトリスト)を提訴しているとのこと。提訴の目的は"同社のゴルフボールが、アクシネット社特許に抵触していないこと"および"同社がゴルフボールに関する誇大広告を実施していないこと"を主張するもの。 この主張によれば、提訴の理由は、アクシネット側がコストコ側に送ったとされる、『カークランドシグネチュアボール(以後KSボール)』が同社特許の11項目に抵触しているということ及び、ボール品質に関する広告が誇大だという苦情書簡に対抗することだという。 ゴルフボール特許侵害の可能性に関していえば、コストコのKSボールのコア及びカバーは独自のものであり、アクシネットの主張する特許抵触に当たらないということ。 また誇大広告の件に関していえば、"コストコはタイトリストの『PRO V1ゴルフボール』を含めアクシネットのゴルフボールとの比較広告を行ったことはなく、あたかもKSボールがタイトリストのボールを含め、他社のゴルフボールに比較し、消費者に誤解を誤解を与えるような表現はしていないということを逆に提訴を試みているようだ。(米国ゴルフ専門誌サイト記事 3/21より) 先般、米国ゴルフスパイサイト(MyGolfSpy.com)が、両社ボールの性能比較テストを実施し、同ウェブサイトで発表したところ、価格の差ほど性能が落ちていないことがわかり、KSボールに爆発的な需要が発生。一時、供給が間に合わず生産中止になっていたという経緯がある。近頃、生産、販売を再開したが、この問題は今後もゴルフボール業界で燻りそう。ちなみにKSボールは韓国ゴルフボールメーカー(Nassau社)が外注を受け生産している。

  • テーラーメイド、連続三期売上ダウン

    テーラーメイド・アディダスゴルフ社は2016年度の同社年間売上高を8億9,200万ユーロと発表。これは同社2015年度売上から1,000万ユーロのダウンとなる。 親会社アディダスグループの説明によると、テーラーメイド・アディダスゴルフ部門の売上増をアッシュワース、アダムスゴルフ部門の売上ダウンが上回り相殺できなかったとのことだ。 テーラーメイド・アディダスゴルフ社の第四四半期売上高は1億9,900万ユーロで、これも2015年度同期売上実績の2億2,400万ユーロを下回っており、為替一定ベースで見ても13.6%のダウンとなっている。テーラーメイドの運命は依然不明だが、アディダスはこのことに関するヒントは何も発表していない。 同社が売りに出されてから既に一年近くになっている。ちなみに前々年、2014年度のゴルフ事業部門の売上高は9億1,300万ユーロだった。アディダス社は同部門に関する2016年度損益は株主に対しても明らかにしていない。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 3/9) 市場で華やかな新製品競争を繰り広げているテーラーメイドだが、経営の内情は相当苦戦をしている模様だ。まだ同社売却に関する噂は一切あがってきていないようだ。

  • お待たせのエアージョーダンのゴルフ版登場

    ナイキゴルフはバスケットボールで一世を風靡してから30年以上もたった今、同ブランドの看板商品エアージョーダンI(Air Jordan I)のゴルフシューズバージョンの発売を決定した。 ナイキゴルフ・フットウェア(シューズ)の副社長、ジェントリー・ハンフリー氏は「MJ(マイケル・ジョーダン)は、1984年、プロバスケットボール(NBA)の世界で、その刺激的なプレースタイルで台頭し、同時にエアージョーダン I が世界にショックを与えた。面白いことにジョーダンは1984年にゴルフを始めており、丁度その年からナイキはエアージョーダン I の開発を始めたのだ」と説明する。 マイケル・ジョーダンは「このエアージョーダン I は、何が一番いいかの限界に本当に挑戦した最初のスニーカーだった」と当時を思い出し、「両親から、やりたいことは何でもやっていい、と言われた時の子供になったような特別の気持ちだった」と話している。 この限定製品には、履き心地を良くする詰め物や踵周りのサポート、ベロのジャンプマン(跳んでるシルエット)ロゴ、ソフトスパイクのナイキフリーイメージアウトソール、全面防水アッパーなどを含む、いくつかのオリジナルのバスケットボールシューズからの注目される変更が加えてある。 ナイキ、エアージョーダン I ゴルフシューズは、二つのカラーバージョン(ホワイト/ブラック/レッド及びホワイト/メタリックシルバー)があり、2月10日よりウェブサイト([nike.com](http://www.nike.com/))及び限定小売店から発売される。米国内標準小売価格は一足200ドル(約22,000円)。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 2/7)

  • キャロウェイゴルフ、好調の2016年度業績を発表

    キャロウェイゴルフは2月2日(現地時間)、2016年度第四四半期及び2016年度年間の財務業績を発表した。それによると同社の売上高は継続して伸長、ブランドの勢い及び市場シェアは同時に伸び、利益性及び資金繰りも好転している。 ・第四四半期純売上は1億6.400万ドルで前年(2015)同期比7%アップ ・2016年度年間の営業収益は4,400万ドルで、前年実績対比64%増 同社の2016年度年間純売上高実績は8億7,100万ドルで、前年実績(8億4,400万ドル)対比3%アップ。為替一定ベースに修正すると2%増。この売上増は、主としてゴルフボールとゴルフクラブの売上成長からもたらされ、特にアイアン、ゴルフボール、用品その他分野の増加によるもの。加えて同社が日本で行ったアパレル部門のジョイントベンチャー売上も貢献している。 全体的な純売上高は、平均販売価格の上昇及び市場シェアの獲得が優位に影響し、このプラス要因が業界全体の不況や予想以上に軟調となったアジア市場からのマイナス影響を相殺してくれた。 2016年年間では、全ての主要製品に於ける平均販売価格上昇と、同社が過去数年行ってきた多くの営業効率改善活動が効をそうして、売上総利益が180%も改善されている。(キャロウェイゴルフニュースリリース 2/2より)

  • 更に高価格帯クラブを目指すPXG

    米国市場の高価格クラブで定評のあるPXGが更に高価なゴルフクラブの発売を目指している。 PXG社のCEOで、GoDaddyの創業者でもあるボブ・パーソンズ氏は、2015年のパーソンズ・エクストリーム・ゴルフ(PXG)社設立以来、多額の投資をゴルフ業界に行ってきた。自らも一年間に約35万ドルを使うクラブにかけることで有名な億万長者(ビリオネア)は、どうやら自分の顧客はクラブに散財するのを気にしていないと思っているようだ。 パーソンズ氏は、本社所在地で地元のアリゾナリパブリック紙に、既に現在フルセットで小売価格5,000ドル近くもするPXGのクラブが、更に高くなるだろうとの可能性を語った。 同氏は「当社はこれまでなかったような方法でクラブを製造している。そしてそれは信じられないほど高い。当社の次のクラブセットはもっともっと高くなるだろう」と語っている。(Golf.com 1/31記事より) かつて日本製のクラブは高すぎて米国市場では売れないといわれた時代があったが、最近、PXG社の登場以来、米国でも「価格よりも品質」、「高価さが持つステータス」が重視される市場が出てきたようだ。 今まで、日本国内や一部アジア市場にしかなかった高価格ゴルフ用品の需要が、全体需要の沈滞が続く米国市場で新しく誕生し、これまで敬遠されていた日本製品もどんどん競争に参加できるようになってきている。

  • ベンホーガンゴルフ社が破産法適用申請

    米国クラブメーカー、ベンホーガン社が連邦破産防止法(チャプター11)の申請を行ったことが、同社の地元紙、ダラスニュースで伝えられた。このニュースは、同社の作業者30パーセントをカットするリストラ方針を発表して1ヶ月も満たない内に伝えられたもの。 同社は2年前のPGAマーチャンダイズショーで再出発をしており、当時はゴルフクラブ業界のベテラン、テリー・コーラー氏によって率いられていた。しかしながら昨年夏、コーラー氏が社長及びCEOを退任、その後は、かつてキャロウェイ、テーラーメイド、トゥルーテンパー、旧ベンホーガン社で働いた経験を持つスコット・ホワイト氏に引き継がれていた。 ベンホーガンのアイアンクラブはナンバーの代わりにロフト(例えば3番に20°、9番に42°)をヘッドに刻印したユニークなクラブで、この表示システムはゴルファーが独自に飛距離ギャップをロフトで認識しスコアアップに繋げると評価されていた。 このニュースを伝えたダラスニュースによると、ベンホーガン社の負債総額は約1,000万ドルと予想されている。(Golf WRX 1/31記事より) かつてキャロウェイ社に買収されていたベンホーガンブランドを、昔のアイアンの名声を取り戻そうと、有志が出資し2年前に買い取り、ユニークな形で再出発を果たしていたが、かつての人気アイアンも、ゴルフクラブ需要低迷の犠牲になってしまったようだ。

  • ブリヂストンゴルフ、米市場にTour Bシリーズ新発売

    タイガー・ウッズとゴルフボールの契約を結んだブリヂストンスポーツ米国子会社、ブリヂストンゴルフ。 明らかに2017年度に向けての積極性が伺われるが、同社は1月19日、米国市場に向けて新しくTour Bシリーズのドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド及びアイアンの発売を発表。同社特約小売店を通じてこの春に期間限定発売される。 発売されるドライバーは3モデルで、XD-3、XD-5そしてXD-7。それぞれのモデルはシルバーつや消し仕上げ、8段階のフェース角/ライ調整が可能なアジャスタブルホーゼルが装着されている。 * XD-3:455ccヘッドで中間打ちだし角度を生むディープフェースの丸型ヘッド * XD-5:460ccヘッド。平らなシャローフェースで高めのハイドロー打ちだしを生む設計。 * XD-7:445ccヘッド。クラシックな梨型ヘッドで低めのフェード打ちだしを生む設計。 同社によれば、それぞれのドライバーはヘッドに安定性及び衝撃吸収性が出る独自のフレックス・アクション・スピードテ・クノロジー(FAST)設計とパワーリブを備えている。フェースには独自のパワーミリングが施してあり、これがインパクト時にボールを安定させ、インパクトの効率を上げ、フェース上の滑りを防ぐのだそうだ。 全てのモデルは、交換可能なウェイト(2、4、6、8、10、12グラム)のセットを備えており、プレーヤーはそれにより好みの弾道やショットの傾向を調整することが出来る。加えて標準シャフトには、三菱ディアマナ、フジクラ、USTマミヤ、アルディラ(300ドル以上プラス)からのシャフト種類が揃えられている。 ブリヂストンゴルフ社クラブマーケティング担当のザック・カッパーブッシュ氏は「当社としては今年、本当に特別の何かをやりたかった。そして最新の技術改革の粋を集めた最高のラインからなる超高級(ウルトラハイエンド)の製品を出すことを決定した」と話し「この製品を発売するために、当社はこのクラブを顧客のニーズに合わせてフィッティングする選別された公認フィッターと共に働くことになるだろう。(このクラブをフィッティング出来る場所の情報は近日中に発表するだろう」と、このシリーズ発売の経緯を語っている。 このシリーズのXD-F、フェアウェイウッドはシャローフェースを特徴とし、ロフトは15度、18度が用意されており、XD-H、ハイブリッドは18、21、24度が揃えられている。フェアウェイウッド、ハイブリッドの双方ともに、ドライバーのモデルと同様の技術的な特徴を備えている。 ブリヂストンゴルフは同時に、2017年度モデルとして、キャビティーバックのX-CBと、伝統的なX-Bladeアイアンセットも発売する。両モデル共に1020遠藤製作所鍛造及び15種類の高級シャフト選択肢、最小オフセットを特徴としている。加えて両モデル共に、フィーリングとレスポンスを良くするために、インパクトゾーンの後ろに鍛造のマス(塊)を戦略的に配置してある。 X-CBは、突っ込みを防ぐために広めのソールが採用してあり、一方X-Bladeは、多くのツアープレーヤーに好まれる、多様なショットに応えるために、薄目のソールとなっている。 ブリヂストンゴルフ2017年度新製品のこのドライバー価格は1本699ドル(米国標準小売価格)フェアウェイウッドとハイブリッドはそれぞれ399ドルと249ドル。アイアンについてはX-CB、X-Blade双方共にセット1,200ドル(4-PW)と設定されている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 1/18) 日本国内における親会社ブリヂストンスポーツ社の同名(Tour B)シリーズの製品は、既に昨年8月に発表され、同10月21日に国内発売されている。(ドライバーの価格はシャフトによって異なるが、1本72,000円~87,000円+税) ブリヂストンスポーツ広報に、今回米国で発表された物との違いを問い合わせたところ、 * 米国発売のドライバーにはアジャスタブル機能がついている。 * 製品の色が若干異なる。 * 米国の場合、公認フィッターによるフィッティングを伴う限定期間販売。(従ってシャフトは全てカスタム) と、基本的な技術特徴は同じでもその販売方法で日米に違いがあるようだ。このような日米共通モデルを展開するゴルフ用品メーカー各社のグローバルマーケティング戦略は2017年、一段と進んでいきそうだ。

1 2 3 85