1. TOP
  2. マーケット関連
  • スポーツエンターテイメント施設トップゴルフとゴルフ場運営会社クラブコープが提携

    世界的インドアゴルフレンジ大手企業であるトップゴルフ(Topgolf)は、大手ゴルフクラブ運営企業のクラブコー […]

  • 英国のゴルフ月間(5月)は大成功

    英国ゴルフ産業界の振興活動の一つで草の根ゴルフ人口増加を目指す運動、ナショナルゴルフマンス(NGM、5月)は今 […]

  • ゴルフ振興にはファミリーが鍵

    英国スポーツマーケティングサーベイ社(Sports Marketing Survey Inc.)が英国ゴルフフ […]

  • ゴルフ業界に上向きの兆候?

    上場企業、アクシネット社(タイトリスト・フットジョイ)のCEOウォーリー・ユーライン氏は、重要な2017年ゴル […]

  • ピン、ナイキが持つゴルフクラブ特許を購入

    フェニックスビジネスジャーナル紙の報道によれば、ピンの親会社、カーステンマニュファチュアリング社が、最低5つの […]

  • 欧州女子ツアー、英国ゴルフ月間(5月)を支援

    英国ナンバーワンランク女子ゴルファー、チャーリー・ハル及び欧州女子ツアー(レディス・ヨーロピアンツアー)のメンバーは、今年の英国ゴルフ振興策、ナショナルゴルフマンス2017(NGM=ゴルフ月間)を支援、より多くの女性ゴルファーを獲得するために協力する。 ナショナルゴルフマンス(全英ゴルフ月間)は5月に英国全土で実施され、英国におけるゴルフを振興を目的としているが、今年は重点実施項目として女性のゴルフへの勧誘に力を入れており、この期間における女性ゴルファー優遇などを含む諸施策を実施している。 このナショナルゴルマンス(NGM)のアンバサダーも努めるチャーリー・ハルは「このNGMはツアーでプレーするプロ達にとって、一般にゴルフを知ってもらい、この素晴らしいスポーツに興味を持ってもらうための絶好の機会だ。私はこのキャンペーンのウェブサイトを通じ、ゴルフをトライして見たいと興味を示す全ての人を力づけたい。そこからそれが仲間に拡がっていくことを期待している」と話している。 一方、欧州女子ツアーの会長、マーク・リヒテンハイン氏は「NGMは初めてゴルフを試そうとする女性、少女達を獲得しようとしている。プロツアーとして、メンバーは、次世代の女性プレーヤー達を世界中で激励し、ゴルフの成長を図ることを認識している」と言い「昨年のゴルフ競技のオリンピック復帰は、如何にゴルフをメインの参加スポーツに育てるかを重要にした。しかもゴルフは健康に最も良いスポーツだ」と話している。 欧州女子ツアープロのチャーリー・ハルとメル・リードの二人が主となって今年のキャンペーンを支援するが、他のツアーメンバーも、NGMのウェブサイトや個々のSNSを通じてこれをバックアップすることになっている。なお、5月は英国内他のゴルフ団体とも協力して、欧州女子ツアーによる女性ゴルフ促進の2ヶ月プログラムの最初の月となる。(英国ゴルフビジネスニュース 4/18より)

  • メジャー優勝用具とブランド売上

    今年のマスターズはテーラーメイド契約プレーヤーが大活躍し、メーカーにとっては製品の優秀性を証明して宣伝するには絶好のチャンスとなっただろう。 メジャー優勝者の使用用具ブランドは当然の事ながら注目を浴び、市場の噂にのぼる機会も多いため、一般的にはそのブランドの売上に大いにプラスに影響すると思われがちだが、過去のデータを調べてみるとあながちそうとも言えないような結果が出ている。 2016年、キャロウェイのスタッフプレーヤー、ダニー・ウィレット(マスターズ優勝)とヘンリック・ステンソン(全英オープン優勝)は、それぞれ初のメジャー制覇をしているが、その快挙は同社の年間売上には影響を与えていないようだ。ちなみにキャロウェイの2016年度メタルウッド売上は前年比9.1%ダウンの2,040万ドル。アイアンは前年を2.7%(640万ドル)上回っている。つまり、四大メジャーの内、二勝もしながら。売上にはそれほど劇的な影響はなかったようだ。 2015年、タイトリストはメジャー三大会(ジョーダン・スピース二勝、ザック・ジョンソン一勝)で勝利したが、同年の売上にはさほど影響は現れていない。(ジョンソンは後にPXGに移っている。) 2014年、ナイキゴルフの契約だったローリー・マキロイは全英オープンと全米プロで優勝したが、その後のナイキゴルフ用具ビジネス撤退ストーリーは知られている通りだ。 7年連続マスターズでのナンバーワンドライバーであることを宣伝しているテーラーメイドは、2012年以来、毎年メジャー勝者を出しており、ジャスティン・ローズ(2012全米オープン)、マーチン・カイマー(2013全米オープン)、ジェイソン・デイ(2015全米プロ)、ダスティン・ジョンソン(2016全米オープン)そして今度のセルヒオ・ガルシア(2017マスターズ)、彼等全てが同社の製品を使って勝ってきている。しかしながらテーラーメイドの全体売上は、この間、むしろこれと逆行して落ちてきている。 明らかにビッグイベントにおける勝利が消費者心理に影響することは確かだが、それだけではないことがここに証明されている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 4/13より)

  • テーラーメイド社、正式にアディダスグループからの分離に着手

    テーラーメイド社が3月31日より、正式にアディダスグループから分離し、二つの独立した企業になる手続きを正式に開始した。 情報によると、テーラーメイドゴルフ社のCEO社長、デイビッド・アベレス氏は3月30日、ビデオメッセージにより従業員に発表したとのことだ。両社の正式な分離は3月31日から開始されている。 この正式な事業分離には二つの段階が設けられており、アベレス社長の話では、各段階の完了にはそれぞれ約90日を要し、最終的に手続きが完了するのは10月1日になるだろうとのことだ。 この分離には未だに不明な問題が多く残されており、テーラーメイドに新しいオーナーが見つかるかどうか、もしそうならどのような計画がたてられるかが最大の関心事になっている。 両事業の親会社、アディダスグループ(独)は、既に昨年、2016年5月にテーラーメイドを含むゴルフ事業の分離を発表しており、アディダスが1997年、以前のオーナー、サロモンS.A.社から同社を買い取ったほぼ20年後に再び分離されることは決定していた。 この分離に当たって、アディダスゴルフ事業部門はカールズバッドに残留、組織的に言えば、サッカーやバスケットボールのような他のアディダス部門のスポーツ用品事業と合流することになりそうだ。 テーラーメイド事業に関して言えば、同社は既にクラブのMシリーズやボールのTP5を含む有望な2017年度新製品を発表しており、スタッフプレーヤーも世界一のダスティン・ジョンソンを含む有力プロをずらりと並べ、今年のPGショーではタイガー・ウッズとの新たな契約も発表しており積極的な姿勢を示している。 残りのブランド、アダムスゴルフ及びアッシュワースがどうなるかは不明だが、アダムスゴルフは2015年度にブルーラインを発売して以来新製品を出していない。アッシュワースは少量であろうともアパレル事業を継続する見込みだと見られている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 4/3 米国ネット記事引用を要約)

  • ゴルフ変革への期待

    グレッグ・ノーマン社(The Greg Norman Company=GN)と米国大手通信企業ベライゾン(Verizon)は、ゴルフ産業に対する革命的、かつ破壊的な技術を持ち込むことで協力体制を組んでいる。 この戦略的な提携関係は同時に、多くの業界にまたがる協力企業としてのゴルフ外部への拡大計画も含んでいる。しかしながら、これらの活動の最初は、現在のプレーや見解を変えるために協力しあうゴルフ産業内に存在しているのだという。 グレッグ・ノーマンは「(現在の)ゴルフ産業は、色々な面でお互いに苦しんでおり、グレッグ・ノーマン社とベライゾンは、ゴルフをもっと極端に変えるために大胆な計画を持っている」と発言している。 「我々の第一の目標は、ゴルファーにコースにおいてよりより経験を与えることであり、新しい人々にゴルフ紹介し、他の業界にある技術を使ってゴルフの成長を助けることにある」とのことだ。 ベライゾン社製品及びインターネット関係上級副社長、マイク・ランマン氏は「ベライゾン社の強力なインターネット関係能力は、グレッグ・ノーマンの新しい次世代ゴルファーを求めていく広大なビジネス目標に合致しており、その技術はプレーヤーの改善やビジネスの新しい方法を可能にする。このパートナーシップは同時に他の業界の改善にも有効になるだろう」と話している。 グレッグ・ノーマン社は同時にベライゾン社の投資部門、ベライゾンベンチャーとも提携しており、同社は新しいスポーツ技術についても投資を行っている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 3/30) 両社が提携して行う具体的な施策内容は、この段階でまだ明らかになっていないが、スポーツとしてのゴルフ自体に見直し気運が高まっている最近、一つの例として注目されるだろう。

  • 米国ゴルフコース建設は依然低調

    この程、NGFが発表した2016年度末現在の米国ゴルフ施設総数は総計15,014コースで、18ホールに換算すると、14,117.5コースが現在オープンし営業していることが明らかになった。この数値から最終的な2016年度のゴルフコース減少は171コースとなり、2015年度と比較すると1.2%の減少となっていることが判明した。 2016年度においては最終的に閉鎖したコースが211.5コース、新たにオープンしたコースは15.5コース、95コースがコースの改造をし再オープン、11.5コースがコース改造更新のため一時的にクローズしたことになっている。 2006年以来、オープンするコースよりクローズするコースが多いという状況が続いているが、その間の累積合計コース減は5.9%、それ以前20年間のコース建設ブームによる44%増とは比べるべくもなく、世界のゴルフコース市場の45%を占める米国では、未だに過去の供給過剰を調整する局面が続いていると見られている。 ちなみに2016年度のコース数純減(コース閉鎖-コースオープン)も約1%との結果が出ている。 この統計を発表したNGFのチーフ・ビジネスオフィサー、グレッグ・ネイザン氏は「NGFの見解としては、1986年から2005年の間に起きた4,000コースを超える新コースオープンへの経済反応としての米国ゴルフコースの緩やかで着実な減少は依然続いている。この緩やかな減少は需要と供給の健全な自然バランスであり、(NGFとしては)もう数年続くものと予想している。 米国ゴルファーは既に15,000以上のゴルフコースを持っており、プレー頻度からみると過去2年間は増加傾向にある」と、現在のゴルフ施設減少傾向を需要とと供給がバランスするまでの自然現象としてとらえているようだ。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 3/27) ちなみに、現在、日本には約2,300のゴルフコースがあるが、この数値も毎年減少傾向にあり、このところ新規オープンはほとんどなし、閉鎖や転用による減少が続いているそうだ。(ゴルフマネジメント誌談)

1 2 3 56