今年のPXGは女性専科?

PXG(パーソンズ・エクストリーム・ゴルフ)は、2017年度シーズンは特にLPGAのスタープレーヤー達と契約することに全面的に専念したいと言及している。女性市場が成長しているからだろうか?そして女性は、ことゴルフクラブの購入には費用をかけない傾向があるからだろうか?

今年、PXG社はリディア・コー、ブリタニー・ラング、クリスティーナ・キム、ライアン・オトゥールのLPGAのトップスター達、4人と一挙にクラブ使用契約を結んだのだ。

相変わらず低調なゴルフ用品業界市況にもかかわらず、PXGはこれらの投資にかけているようだ。

PXGの創業者で起業家のボブ・パーソンズ氏は「今年のPXGはゴルフ業界とツアーをグローバルな視点から注目している。2016年度、当社は国際的な売上に関し注目すべき成長を遂げたが、まだ自分としては表面をこすっただけだと認識している。ツアー効果は重要だ。そして特に女子ツアーは多くの国々で人気がある。当社は2016年度、5人の優秀な女子スタッフプレーヤーを抱えてきたが、今年は(上記の4人を加え)9人になる。これらのプレーヤー達が、当社の抱えるPGAツアートップ男子プロ同様、世界中のゴルファーに応えるPXGの類い希な技術蓄積の助けになってくれることを期待している」とコメントしている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 1/4)

世界中のメーカーがグローバルビジネス指向を検討する中、業界の暴れん坊、PXGの動きはいつも注目を集めている。ことしこれでまた業界に旋風を巻き起こすのだろうか。

関連記事

ワールドトピックス 最新記事

ワールドトピックスの記事一覧へ