ゴルフ変革への期待

グレッグ・ノーマン社(The Greg Norman Company=GN)と米国大手通信企業ベライゾン(Verizon)は、ゴルフ産業に対する革命的、かつ破壊的な技術を持ち込むことで協力体制を組んでいる。

この戦略的な提携関係は同時に、多くの業界にまたがる協力企業としてのゴルフ外部への拡大計画も含んでいる。しかしながら、これらの活動の最初は、現在のプレーや見解を変えるために協力しあうゴルフ産業内に存在しているのだという。

グレッグ・ノーマンは「(現在の)ゴルフ産業は、色々な面でお互いに苦しんでおり、グレッグ・ノーマン社とベライゾンは、ゴルフをもっと極端に変えるために大胆な計画を持っている」と発言している。

「我々の第一の目標は、ゴルファーにコースにおいてよりより経験を与えることであり、新しい人々にゴルフ紹介し、他の業界にある技術を使ってゴルフの成長を助けることにある」とのことだ。

ベライゾン社製品及びインターネット関係上級副社長、マイク・ランマン氏は「ベライゾン社の強力なインターネット関係能力は、グレッグ・ノーマンの新しい次世代ゴルファーを求めていく広大なビジネス目標に合致しており、その技術はプレーヤーの改善やビジネスの新しい方法を可能にする。このパートナーシップは同時に他の業界の改善にも有効になるだろう」と話している。

グレッグ・ノーマン社は同時にベライゾン社の投資部門、ベライゾンベンチャーとも提携しており、同社は新しいスポーツ技術についても投資を行っている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 3/30)

両社が提携して行う具体的な施策内容は、この段階でまだ明らかになっていないが、スポーツとしてのゴルフ自体に見直し気運が高まっている最近、一つの例として注目されるだろう。

関連記事

ワールドトピックス 最新記事

ワールドトピックスの記事一覧へ