1. TOP
  2. PGA・オブ・アメリカ、韓国へ進出

PGA・オブ・アメリカ、韓国へ進出

マーケット関連 この記事は約 3 分で読めます。 1,224 Views

米国PGA・オブ・アメリカは、韓国にPGA・オブ・アメリカ・アカデミーを創立するため、同国で最大の複数コースを所有する企業の一つ、ソウル本社のレイクヒルズ・リゾートグループ(Lake Hills Resort Group)と戦略的提携を組んだ。この契約はPGAにとって最初の国際的施設ライセンシングパートナーシップとなる。

このPGA・オブ・アメリカ 韓国・レイクヒルズ・アカデミーと、その関係クラブは、PGA・オブ・アメリカのプロフェッショナルによって経営され監督されることになる。

このアカデミーの最初の所在地は、ソウルから90分の所に位置するLake Hills Anseong Golf Clubと、ソウル中心にある現在リフォーム建設中の新しいインドアゴルフセンターの両方に置かれることになる。加えてこのアカデミーは、ジュニア及び成人の開発プログラム、同時にゴルフティーチングやビジネスの地域プロ訓練を支援する教育プログラムを特色とする。

PGA・オブ・アメリカのCEO、ピート・ビバッカ氏は
「メジャーやオリンピック優勝者の印象的なリストと共に、韓国のゴルフは卓越した力になっている。一方、PGA・オブ・アメリカのプロフェッショナルは世界的に高標準として知られており、レイクヒルズとの提携を喜んでいる。今や韓国に於ける長期的なゴルフ振興に、PGA・オブ・アメリカのメンバーが建設的に協力することが出来るだろう」
とコメントしている。

レイクヒルズリゾートのSolhan Yoon社長は
「これはレイクヒルズリゾートのみならず、韓国ゴルフ業界にとってもエキサイティングなことだ。このパートナーシップを通じて、我々はレイクヒルズリゾートを韓国の優秀なゴルフ開発拠点として創りあげるだろう。PGA・オブ・アメリカの100年以上の経験による専門知識を活かすことにより、我々は、今後ゴルフを向上させるための、包括的なジュニアプログラムやプロフェッショナル教育プログラムを創ることが可能になるだろう」
とコメントしている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 7/27)

米国PGA・オブ・アメリカは、1916年に創立されており、今年101年目。ゴルフを職業とするプロフェッショナルの男女会員28,000人以上を抱えており、その中にはコース所属のプロ、ショップで働くプロ、ティーチングプロなどが含まれている。

PGA・オブ・アメリカの活動は、米国内に留まらずグローバルな視野でで展開を目指しており、この韓国施設との提携は、その一環と言えるのだろう。

\ SNSでシェアしよう! /

ワールドトピックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワールドトピックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • PGA・オブ・アメリカとトップゴルフがゴルフ振興で提携

  • エピックシリーズの売上増。キャロウェイゴルフ、好調の第二四半期業績を発表

  • ゴルフデータテック全米ラウンド数レポート。前年と比べてラウンド数の変化は?

  • PGA・オブ・アメリカ、韓国へ進出

関連記事

  • 米国10月度ラウンド数はダウン

  • 米国ゴルフ用品小売拠点の後退

  • フランク・トーマスの用具アドバイス

  • 2015年PGAショー、大手主要メーカーが出展を確認

  • 米ゴルフダイジェストが2008ホットリストを完成

  • ドライバーフェースが大きくなった