サイト内 web

ワールドトピックス

新商品・メーカー関連

前の記事 « USGA、ボール飛距離制限テストに関する情報公開について

アダムスゴルフの新製品ドライバーを使うドラコンチャンピオン

(2010年09月17日11時16分)

2008年、アダムスゴルフが、米国ドラコンチャンピオンを決める組織、RE/NAX世界ロングドライブ選手権と契約したとき、多くの人がその事に疑問を持った。
つまり「そのようなドラコン自慢は消費者には何も影響を与えない」というコメントがその契約に対する一般的評価だったのだ。

 
それに対して、アダムスゴルフのドライバー売上は、ジミー・サドロウスキーが2008年、2009年と連続して、アダムスゴルフの9032LDドライバーを使って400ヤード越えを記録して優勝した時、着実に増加していたのだ。
 
サドロウスキーがそれを欲しがったわけではないが、アダムスゴルフは前の機種、9032シリーズに代えて、新しく9064ドライバーシリーズを発表した。この新製品ドライバーには9064 LS(ロースピン)と9064 LD(ロングディスタンス)の二つのタイプがあり、ディフェンディング・ロングドライブチャンピオンのサドロウスキーは、今年11月に行われるロングドライブ選手権では、9064 LDを使用して登場することになるだろう。
 
9064 LSは多くのアマチュアやツアープロに選ばれているモデルであり、同社契約のトム・ワトソン、ポール・エイジンガー、トミー・アーマーIIIのバッグにも入っている。
このLSモデルは低スピン、低ドラッグ(抗力)タイプのドライバーで、このシリーズは度重なる風洞実験の後、Speedlineシリーズの最新モデルとして開発された物だ。
 
>>【関連情報】アダムスゴルフ新製品
 
またLDモデルは、アダムスゴルフと、ロングドライブ選手権の創業者で二度の世界ロングドライブチャンピオンに輝いた、アート・セリンジャーの会社、セリンジャー・パワーゴルフとの共同で開発された物。
アダムスゴルフの設計主任、ティム・リードと共に、このLDの開発に携わったセリンジャーは、「私はこのドライバーが好きだ。しかしLSはほとんどのゴルファーに好まれるだろう。このドライバーは良く飛ぶ」と話している。
 
アダムスゴルフ新製品ドライバー、Speedline 9064 LDドライバー:
概要;ディープフェースのLDクラブヘッドは、ロフトとライを調整することが出来る。ロフトについては4度から8.5度が可能で、アート・センリンジャーはロフトが1/4度の中で正確であることを保証している。誰が4度や5度のロフトを使うのだろう?時速130マイル以上の物凄いヘッドスピードを誰かのためだろう。
価格:LDヘッド単体で279ドル。シャフトについては別料金
現在セリンジャーズ・パワーゴルフのサイト(www.sellingerspowergolf.com)を通じてのみ販売中。
 
アダムスゴルフ新製品ドライバー、Speedline 9064 LSドライバー:・ 概要;ロフトは8.5度、9.5度、10.5度。標準シャフトはアルディラのRIPで二つの弾道選択肢があり、アルファは低弾道、ガンマーは高弾道の設計となっている。フレックスはR、S、X。
価格:1本379ドル
米国市場で現在販売中。
(ゴルフウィーク 9/7)
  


前の記事 « USGA、ボール飛距離制限テストに関する情報公開について

次の記事 全米オープン優勝者、マクドウェルがキャロウェイ新製品をツイート »




ワールドトピックスランキング

ニュース更新情報

回覧板更新情報

TOM河北サイト

TOM河北プロフィール

福岡県出身慶應義塾大学商学部卒後、大手タイヤメーカーに就職、系列ゴルフ用品メーカーに転籍後、海外事業、広報部門を担当。退職後、ゴルフ関連フリーライターに転身。 日本ゴルフジャーナリスト協会会員。

ワールドトピックス月別アーカイブ

ワールドトピックス年別アーカイブ

ゴルフ業界の求人情報
ゴルフ関連 企業モール

メルマガ登録・解除

毎週一回、注目のゴルフ情報を
お届けいたします。
※メールアドレスをご入力下さい。

登録
登録解除

Gew Tube

求人情報

プレゼント

リンク集

TwitterFeed

↑PAGE TOP