テーラーメイド、連続三期売上ダウン

テーラーメイド・アディダスゴルフ社は2016年度の同社年間売上高を8億9,200万ユーロと発表。これは同社2015年度売上から1,000万ユーロのダウンとなる。

親会社アディダスグループの説明によると、テーラーメイド・アディダスゴルフ部門の売上増をアッシュワース、アダムスゴルフ部門の売上ダウンが上回り相殺できなかったとのことだ。

テーラーメイド・アディダスゴルフ社の第四四半期売上高は1億9,900万ユーロで、これも2015年度同期売上実績の2億2,400万ユーロを下回っており、為替一定ベースで見ても13.6%のダウンとなっている。テーラーメイドの運命は依然不明だが、アディダスはこのことに関するヒントは何も発表していない。

同社が売りに出されてから既に一年近くになっている。ちなみに前々年、2014年度のゴルフ事業部門の売上高は9億1,300万ユーロだった。アディダス社は同部門に関する2016年度損益は株主に対しても明らかにしていない。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 3/9)

市場で華やかな新製品競争を繰り広げているテーラーメイドだが、経営の内情は相当苦戦をしている模様だ。まだ同社売却に関する噂は一切あがってきていないようだ。

関連記事

ワールドトピックス 最新記事

ワールドトピックスの記事一覧へ