1. TOP
  2. ワールドトピックス
  • ブリヂストン、米大学チームと提携

    米国のブリヂストンゴルフは、このほど米国有名大学、バンダービルト大学(Vanderbilt University)男子ゴルフチームの、公式ゴルフボールの提供者となった。ちなみに同大学は現在全米第一位にランクされている。 […]

  • R&A、英国アマチュアのプレー進行改善を目指し”レディーゴルフ(ready golf)”を導入

    R&Aはゴルフにはプレーのスピードアップを実現すべき時が来ていると警告を続けてきていた。 スコットランド紙ザ・スコッツマンによると、R&Aのチーフエグゼクティブ、マーチン・スランバー氏は、「今年の全英アマ […]

  • タイガー・ウッズとジャスティン・ティンバーレイクが協力してジュニアツアーを購入

    タイガー・ウッズは、このところ試合に出ることも少なくなったが、ゴルフ振興についての役割を増やしている。タイガー・ウッズと、シンガー・ソングライターのジャスティン・ティンバーレイクは、ハリケーン・ジュニアゴルフツアーを購入 […]

  • レッスン市場は好調?

    米国ゴルフ関連調査会社ゴルフデータテックLLCは、ゴルフティーチング、トレーニング、インストラクション器具などの市場を分析した調査レポート”The Business of Game Improvement(ゴ […]

  • お待たせのエアージョーダンのゴルフ版登場

    ナイキゴルフはバスケットボールで一世を風靡してから30年以上もたった今、同ブランドの看板商品エアージョーダンI(Air Jordan I)のゴルフシューズバージョンの発売を決定した。 ナイキゴルフ・フットウェア(シューズ […]

  • キャロウェイゴルフ、好調の2016年度業績を発表

    キャロウェイゴルフは2月2日(現地時間)、2016年度第四四半期及び2016年度年間の財務業績を発表した。それによると同社の売上高は継続して伸長、ブランドの勢い及び市場シェアは同時に伸び、利益性及び資金繰りも好転している […]

  • 更に高価格帯クラブを目指すPXG

    米国市場の高価格クラブで定評のあるPXGが更に高価なゴルフクラブの発売を目指している。 PXG社のCEOで、GoDaddyの創業者でもあるボブ・パーソンズ氏は、2015年のパーソンズ・エクストリーム・ゴルフ(PXG)社設 […]

  • ベンホーガンゴルフ社が破産法適用申請

    米国クラブメーカー、ベンホーガン社が連邦破産防止法(チャプター11)の申請を行ったことが、同社の地元紙、ダラスニュースで伝えられた。このニュースは、同社の作業者30パーセントをカットするリストラ方針を発表して1ヶ月も満た […]

  • ゴルフをみんなのスポーツへ

    米国大手スポーツ用品チェーンの、ディックズ・スポーティンググッズ・ファウンデーション(以下ディックスポーツ基金)とPGA・オブ・アメリカは、PGAジュニアリーグゴルフに対する奨学金を通して全米の恵まれない若者達の多くにゴ […]

  • 英国ゴルフ月間、2017年は女性をターゲット

    英国ゴルフ界のゴルフ振興プログラムの一つ、ナショナルゴルフマンス(全国ゴルフ月間)は、今年、2017年も5月1日から一ヶ月間実施されるが、今年はその第1テーマを”女性のゴルフに勧誘促進(encouraging […]

  • ブリヂストンゴルフ、米市場にTour Bシリーズ新発売

    タイガー・ウッズとゴルフボールの契約を結んだブリヂストンスポーツ米国子会社、ブリヂストンゴルフ。 明らかに2017年度に向けての積極性が伺われるが、同社は1月19日、米国市場に向けて新しくTour Bシリーズのドライバー […]

  • 中古市場が好調?

    米国市場でeコマースの中古ゴルフクラブ及びゴルフ用品新製品販売のサイトを所有、運営しているグローバル・バリュー・コマース(Global Value Commerce=以下GVC)社は16期連続して伸長している業績を発表し […]

  • テーラーメイド、6人のプレーヤーと新規契約

    2017年度、テーラーメイドは新たにスタッフプレーヤーとして6人と契約を締結した:内容は、スマイリー・カウフマン、ポール・ケーシー、ノ・スンヨル、ニック・ワトニー、カイル・スタンレー、ジョン・カランの6名。各プレーヤーは […]

  • 米国ゴルフ用品新製品発表事情

    1月10日、国内ではピンジャパン社が都内で2017年度ピン新製品アイアン、パター、日本向け女性用モデルの記者発表会を実施したが、お膝元の米国では、既に米国全土でピンの新製品、アイアンとパターが発売されるという言葉が飛び交 […]

  • 今年のPXGは女性専科?

    PXG(パーソンズ・エクストリーム・ゴルフ)は、2017年度シーズンは特にLPGAのスタープレーヤー達と契約することに全面的に専念したいと言及している。女性市場が成長しているからだろうか?そして女性は、ことゴルフクラブの […]

  • ベンホーガン社がリストラ実施

    ベンホーガン社(Ben Hogan Golf Equipmento Company)は、競合の激しいゴルフクラブビジネスの現状に対応し、より迅速で利益体質の企業に転換するために、装置の再検討、企業サイズの正常化を図るため […]

  • マキロイ、キャロウェイのウッド及びアイアンの使用を開始

    昨年8月にナイキがゴルフ用具事業撤退を発表して以来、同社のスタープレーヤーの一人、ローリー・マキロイは、その後に使用する用具をずっと検討してきていたが、情報によると2017年初戦として出場する1月12日からのBMW南アフ […]

  • コストコのハウスブランドボール、カークランドが品切れで消費者に謝罪

    市場で有名なプレミアムボール、Pro V1との性能比較データがネットで公開されゴルフ界で話題となっていた量販店、コストコのオリジナルゴルフボール"カークランド"が、噂を呼び店頭で瞬く間に品切れになり、消費者の要望に供給が追いつかなくなったため、12月20日、コストコは顧客メンバーに対して下記のeメールを送り謝罪した。

  • ブリヂストンゴルフ、タイガー・ウッズとボール契約

    ブリヂストンスポーツ(株)の米国法人子会社、ブリヂストンゴルフは1月15日、タイガー・ウッズとゴルフボールの使用と販売促進に関して複数年の契約を締結したことを発表した。 2016年度シーズン、腰の手術後長く欠場していたウ […]

  • 依然業績好調のアクシネット社

    12月に入り一部はシーズンオフになっているが、アクシネット社の業績は順調のようだ。同社は12月8日、ウォールストリートに第三四半期(7-9月)の業績報告を行った。

  • ベンロス社、ブリヂストンゴルフの英国代理店権を取得

    英国ゴルフ用品メーカー、ベンロスゴルフ社(Benross Golf)社は12月2日(金)、同社がブリヂストンゴルフ社の英国及びアイルランドの独占代理店契約に同意したことを発表した。

  • ジャック・ニクラウス、ゴルフ業界に示唆

    米国フロリダ州ポンテベドラビーチで行われた、2016年度HSBCゴルフビジネスフォーラムに参加したジャック・ニクラウスが、ゴルフ業界は世界的なチャンスを掴み、巨大な世界的スポーツに発展するため正しいリーダーシップを示すことが必要だと促した。

  • 本間ゴルフ、正式に米国進出を発表

    米国ゴルフクラブ業界の競争が更に厳しくなりそうだ。

  • リオオリンピックのゴルフコースが苦境に・・・

    リオデジャネイロオリンピックでゴルフが復帰して、競技が行われてからいくらもたたないのに、その為に新設されたブラジルのオリンピックゴルフコースが地元のトラブルで苦境に立たされているという。

  • 画期的製品?たて溝ドライバー登場

    バーチカルグルーブゴルフ社(Vertical Groove Golf, LLC)は、バーチカルグルーブ(たて溝)ドライバーを発表した。これはクラブフェース上のグルーブ(溝)を縦に入れたことを特徴として市販されるクラブの初めてのUSGA公認(適合)ケースだ。

  • 米国ゴルフ用品流通、オンラインが隆盛

    ゴルフ用品取引におけるインターネット利用状況は相変わらず未知数だが、米国市場に於いては確実に伸びているようだ。 米国調査会社ロンジチュードグループの社長、サラ・キーン氏は「当社の調査では2016年度はゴルフ用具がオンライ […]

  • 依然、ゴルフに興味、ディックスポーツ

    米国大手スポーツ用品小売チェーン、ディックス・スポーティンググッズ社(DICK'S Sporting Goods, Inc. 以下ディックスポーツ社)は、2016年度第三四半期純売上高を、前年同期比10.2%アップの約18億ドル、連結純利益を4,890万ドルと発表。 同四半期における同一店店舗当たり売上は、傘下のゴルフ専門店、ゴルフギャラクシー店は3.3%ダウンするも、総合スポーツ店舗では5.5%伸びたと発表した。

  • ピン、アンサーパター50周年、復刻版記念パターを発売

    有名なアンサーパター発売50周年を記念して、ピンは当時のモデルの完全復刻版を限定発売する。

  • キャロウェイ、2016年度第三四半期業績を発表

    キャロウェイゴルフは11月3日、2016年第三四半期業績並びに1?9月累計業績を発表した。

  • 元ナイキのロック石井氏、キャロウェイに入社

    米国現地時間11月3日、キャロウェイゴルフ本社は、元ナイキのゴルフボール開発主任、ロック(ヒデユキ)石井氏を、同社のゴルフボール開発シニアディレクターとして雇用することを発表した。

  • キャロウェイのカスタムウェッジ

    キャロウェイゴルフは毎月、限定数量のツアーウェッジを、ウェブサイトcallawaygolf.comを通じて販売をしている。売りに出されるウェッジは、ロジャー・クリーブランドの設計で、バックにアンソニー・タラント氏(Anthony Taranto:同社契約プレーヤーの間で評判になっているウェッジスタンプ制作者)によるスタンプと着色が施されている。

  • ディックスポーツ、競争入札でゴルフスミスを獲得

    現地日付10月21日(金)、米国最大手スポーツ用品小売チェーンのディックズ・スポーティンググッズ社は、管財人と組んで、経営破綻し米国破産防止法(チャプター11)適用中のゴルフスミス(Golfsmith International Holdings)社の買収競争入札に参加、情報筋の話では7,000万ドル(約70億円)で競り落としたとのことだ。

  • やるところはやる、PGAツアースーパーストア

    米国大手ゴルフ用品小売チェーンのスポーツオーソリティーが経営破綻し、ゴルフスミスは会社更生法(チャプター11)適用中という米国ゴルフ用品小売業界において、PGAツアースーパーストアは独自の戦略を展開し、他の小売業者がうけている様な厳しい状況を避けているばかりか、2017年度更に新たな三店舗の出店に備えリース契約を締結している。 同社が最近獲得したのは、スポーツオーソリティーのアリゾナ州グレンデール店で、2017年1月にオープン予定。そして同時に来年4月にはサウスカロライナ州ヒルトンヘッドに新店を計画、更に2017年下期にはフロリダ州ジャクソンビルにも新店をオープンする予定だそうだ。

  • 順調な業績のアクシネット

    業界でもっとも優良企業と評価されているタイトリストのアクシネット社が米国株式市場上場を果たしたが、今年もなかなかの業績を堅持しているようだ。 タイトリスト及びフットジョイブランドのメーカーである同社の昨年度(2015年度)年間売上は15億ドルだったが、同社が今年(2016年度)6ヶ月で上げた売上は既に9億300万ドルとなっており、純利益もまだ年度半ばというのに4,140万ドル(昨年同時期純利益2.670万ドル)と高収益を上げている。

  • タイガー・ウッズが新ブランドを立ち上げ

    PGAツアー新シーズン、2016-2017シリーズの初戦セーフウェイオープンで、腰の故障により14ヶ月間のPGAツアー離脱からのカムバックが期待されていたタイガー・ウッズ。直前の体調不良によるドタキャン欠場は、彼の復活を期待していた世界のファンをがっかりさせた。 これでまたいつ彼がコースにカムバックしてくるのかはわからなくなった一方、ビジネス面ではしっかりティーアップを図っているようだ。

  • 本間ゴルフがアメリカ進出

    (株)本間ゴルフは、アダム・シェルドン(Adam Sheldon)氏を本間ゴルフUSA(HONMA GOLF U.S.A)のジェネラルマネージャーに任命したことを発表した。 本間ゴルフUSAの本社所在地はカリフォルニア州ハーバーシティーに置かれ、シェルドン氏は本間ゴルフの北米拠点において日常の営業を監督することになる。

  • 知られざる名品、スネルゴルフ

    近年のゴルフ用品業界不況については多くのメディアで伝えられているが、中には例外もあるもので、どうやらスネルゴルフ(Snell Golf)もその一つのようだ。 この会社の創業者はゴルフ業界に25年の経験を持つ。彼はかつてタイトリストで働いており、同社在職中は最初のProV1を始め多くの同社ゴルフボールの開発にも携わっていたそうだ。彼はその後、テーラーメイドゴルフで18年のキャリアを費やし、同社在勤中は40の米国特許も取得したそうだ。テーラーメイドで彼が開発に携わったのはバーナー、ヌードル、ロケットボールズ、プロジェクト(a)なども含まれているのだそうだ。

  • 秋は下取り販売の季節!

    米国のゴルフクラブ標準見積価格(下取り価格)を示すPGAバリューガイドは、ウェブサイトvalueguide.pga.comを通じて、この10月に行う"秋の下取りキャンペーン"(Fall Trade In Blitzプログラム)の実施を発表した。 それによると米国内のゴルファーは、自分が現在使っているクラブの下取り見積価格を、PGAバリューガイド(前記URL)で確認が出来るという。

  • トッププレーヤー契約事情

    先月、世界ランク一位のジェイソン・デイが、ナイキ社とアパレル及びシューズの着用契約で年間1,000万ドル(約10億円)の契約を結んだというニュースが流れた。 しかしながら同時に彼はテーラーメイド社のクラブやボールを使い続ける契約も、テーラーメイドと今月延長更改している。 そしてデイは「アパレルやシューズについては今現在どことも契約はしていないが、将来は非常に楽しみだ。今言えるのはそのことだけ・・・」とコメントしている。

  • キャロウェイ、今年もMLBスタジアムにゴルフコース設営

    キャロウェイゴルフ(カリフォルニア州カールスバッド)は、地元MLB(メジャーリーグベースボール)球団、サンディエゴ・パドレスとコラボし、今年も同球団の本拠地、ペトコパーク(Petco Park)内にゴルフコースを設営する。 このMLB球場、ペトコパークにゴルフコースが設営されるのは昨年に続き二回目で、昨年の第一回はこのメジャーリーグのスタジアムに9ホールのゴルフコースが設営され、多くのファンが珍しいコースでゴルフを楽しんだ。

  • レジェンド、アーノルド・パーマー氏を惜しむ世界のゴルフ界

    9月25日、ゴルフ界のレジェンド、キングと呼ばれていたアーノルド・パーマー氏(87)が逝去されたとのニュースが世界を駆けめぐり、現代ゴルフ隆盛の基礎を築いた偉人のひとり、パーマー氏の死を悼む声が世界中から寄せられている。 その中には、パーマー氏と共に1960年代、ビッグスリー時代を築いたゲーリー・プレーヤー、ジャック・ニクラウスを始めとし、現在ツアーは欠場中だが世界最高の人気は衰えないタイガー・ウッズを含む有名プレーヤー達から心からの追悼のコメントを始め、世界中のゴルフ組織リーダー、イベント関係者からも多くの追悼文がネット上で発表されていた。

  • テーラーメイド、ジェイソン・デイ、ダスティン・ジョンソンとのクラブ契約延長を発表

    世界ランク1位のジェイソン・デイと2位のダスティン・ジョンソンは、2017年度も引き続きテーラーメイドのゴルフクラブを使用することになった。また、アディダスとの契約は今シーズンまでとなっているため、今現在はまだ両選手共にアディダスゴルフのアパレルを着用することが義務づけられているが、ドイツ本社のアディダス社は既にテーラーメイドの売却を発表しているため、今後この二人のアパレル契約がどうなるかについては未確認だ。

  • 米国ゴルフ市場、異常な2016年夏

    世界的に異常気象が続くこのところ、この夏の米国ゴルフ業界にも異常現象が続いた。 既に知られているように、テーラーメイド・アディダスの看板スター、世界ランク一位のジェイソン・デイ(豪)が、ナイキのシューズ、アパレルを身につけることで、年間1,000万ドル(約10億円)の契約を結んだと伝えられたり、米国最大手ゴルフ用品小売チェーン、ゴルフスミスが経営破綻し、米国破産救済法(Chaper 11)の適用を受けたり、この一週間でも普段では考えられないニュースが続いている。

  • 米国最大手ゴルフチェーン、ゴルフスミスが経営破綻

    世界で最大のゴルフ用品小売チェーンとして知られている米国のゴルフスミスが9月14日(現地時間)経営破綻しチャプター11(米国版会社更生法)の申請を行った。

  • ナイキがウェアとシューズでジェイソン・デイと契約か?

    現地時間の9月13日、複数の米国ゴルフ関係メディアが伝えたところによると、現在世界ランク一位で、テーラーメイド・アディダスの看板プレーヤーでもあるジェイソン・デイ(オーストラリア)が、先月、ゴルフ用具(クラブ、ボール、バッグ)の製造販売から撤退することを発表したばかりのナイキと、新たに契約を結んだという情報が流れたとのこと。

  • ゴルフルール簡素化でゴルフ振興 – USGA

    世界でR&Aと共にゴルフルールを管轄するUSGA(米国及びメキシコを管轄)は、ゴルフルールを全面的に見直し、より簡素化し親しみやすいものにする検討に着手する。

    2016/08/30
  • ピンとバッバ・ワトソンがコラボでチャリティ

    ピン社は現在バッバ・ワトソンが使用している物と同じピンクのPING Gドライバーを6,000本限定で発売すると発表した。

  • オリンピック復帰は成功とIGFドーソン会長

    国際ゴルフ連盟(IGF)会長のピーター・ソーソン氏は、男子競技が終了した時点で振り返り、リオオリンピックでのゴルフ正式競技種目への復帰に満足している。

  • 112年振りのオリンピックゴルフが高視聴率獲得

    リオオリンピックの男子ゴルフ競技の最終日は大いに盛り上がり、テレビ視聴率も予想に反して高視聴率となった。

  • 国際ゴルフ連盟(IGF)がオリンピックゴルフ競技形式変更を検討

    リオデジャネイロ発 - 現在行われているリオオリンピック競技の形式、男女共に72ホールストロークプレーに対する苦情が出ていることは知られている。そしてそれに対する改善提案も寄せられているが、その中には、セルヒオ・ガルシアが提案している個人競技と並行して、男女のミックスダブルスによるチーム戦のアイデアも含まれている。

1 2 3 4 47