1. TOP
  2. 今年の全英オープンの来場者は23万人超え!記録的大成功に終わる

今年の全英オープンの来場者は23万人超え!記録的大成功に終わる

 2017/07/25 プロ・トーナメント関連 この記事は約 2 分で読めます。 800 Views

ジョーダン・スピースの優勝で幕を閉じた第146回全英オープン(ロイヤルバークデール)は、235,000人もの来場者数を集め、セントアンドリュース以外で行われた全英オープンでは新記録を達成した。

以前までの記録は2006年にロイヤルリバプールで記録された230,000人だったが、今年の来場者数はそれを上回り、スコットランド以外で行われた全英オープンでは最高記録となった。なお、前回ロイヤルバークデールで行われた2008年大会と比べると、17%も上回っている。

前売りチケットの売上は全英オープン史上最速で売り切れとなり、それには15,000枚以上のユースチケット(若者向け入場券)も含まれていた。今回の全英オープン入場者で25歳以下のファンは合計30,000人で全体の13%にのぼり、その中にはKids Go free(子供はタダ)活動の対象で無料入場した16歳以下のジュニアが15,000人以上含まれていた。

また、全英オープンがオファーした公式ホスピタリティーテントの需要も、クラレットジャグパビリオン、チャンピオンズクラブ、グリーンサイドクラブを含む全6種類が全て売り切れている。

R&AのCEO、マーチン・スランバー氏は「全英オープンが世界的なスポーツイベントとして高く評価されている主な要因の一つは、プレーヤーのために特別の雰囲気を盛り上げてくれる数十万人の観客と、世界中でテレビ観戦してくれている数百万人の視聴者がいるからだ。この記録的な群衆が、一週間スリリングなゴルフを楽しみ、我々R&Aは、先週のロイヤルバークデールを訪れ、この大会を特別なものに盛り上げてくれた全て人に感謝したい」とコメントしている。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 7/24)

若者に対してこのゴージャスな大会の観戦を優遇し、ジュニアには無料で観戦させる配慮は、ゴルフ振興の一環としても大いに効果があがったことだろう。

\ SNSでシェアしよう! /

ワールドトピックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワールドトピックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • PGA・オブ・アメリカとトップゴルフがゴルフ振興で提携

  • エピックシリーズの売上増。キャロウェイゴルフ、好調の第二四半期業績を発表

  • ゴルフデータテック全米ラウンド数レポート。前年と比べてラウンド数の変化は?

  • PGA・オブ・アメリカ、韓国へ進出

関連記事

  • ウッズとマキロイが中国で対決

  • アジアンツアー、ベトナムで新イベントを開催

  • モンゴメリー、オリンピック種目入札を支援

  • 全米プロ、インターネット中継も記録更新

  • 全米オープンではITメディアが躍進

  • ニクラウス”ウッズの件は自分には関わりないこと”とコメント