R&A、2017年より全英オープンをスカイスポーツ、BBC両建てで放映

全英オープンを主催しているR&Aは1月30日、新しく英国の二大スポーツ放送局と2017年~2021年の5年間、全英オープン中継に関する契約が締結されたことを発表した。


これにより全英オープンは初めてスカイスポーツ(Sky Sports)による四日間のライブ中継と、BBCによるプライムタイムのハイライト放送及び生ラジオ中継を併用しながら放送されることになる。両放送局は更にデジタル局を通して英国中のファンのためにさまざまな方法で全英オープンの情報を提供することとなる。

まだスカイスポーツの受信契約をしていないゴルフファンも、契約無しで週間または日だてのNOW TV受信により、全英オープン期間のライブ中継を視聴できる仕組みだ。

この新しい両局との5年契約は、2017年7月16日~23日にロイヤルバークデールで行われる第146回全英オープンからスタートすることになり、これは主催するR&Aにとっても、英国及びアイルランドのゴルフ人口増加活動に対して大きな財務的支援をもたらすことになるだろう。

BBC及びスカイスポーツの両局は、R&Aが推進しているゴルフ振興活動を支援することを約束しており、加えてR&Aは英国及びアイルランドゴルフ人口拡大のために様々な方法で総括的な戦略を展開している。

R&AのCEO、ピーター・ドーソン氏は「R&Aとしてはこのことが全英オープン及びゴルフにとって最良の結果をもたらすと信じている。人々がライブでスポーツを楽しむ方法は、全英オープンをテレビ、ラジオ、デジタル局(ネット放送)によって流されることで大きく変わりつつある」と話している。

そして同氏は「重要なことは、この新しい契約はR&Aが実質的に英国とアイルランドのゴルフ支援を強化することを可能にしてくれる。これは両国ゴルフの発展にとって非常に大きいことだ」と付け加えている。

ちなみにスカイスポーツはマスターズ、全米オープン、全米プロの全4日間のライブ中継及び英国で行われるライダーカップの放送を実施している。また同局は同時に欧州ツアー、PGAツアー、欧州女子ツアー、LPGAツアーに関する英国及びアイルランドでの放映権も保持している。今回の新しい契約の下で、全英オープン中のCMは一時間当たり最大4分に保たれ、各CMは60秒だけとなるだろう。

これまで全英オープンを中継してきたBBCは全英オープンのハイライトをプライムタイムに放映する権利が与えられ、同時にラジオ生中継の権利は更新されることになる。この2時間のハイライト放映は、全英オープン期間中、英国時間の午後8時から10時のBBCスポーツハイライトの中で、ライダーカップの今日の勝負(Match of the Day)と同様に流されることになる。(R&Aリリース1/30 より)

ファンサービスを強化し、引いてはゴルフ振興資金の強化を目指しているこのR&Aの試み、いまだにゴルフのライブテレビ中継さえ実現しない日本国内状況に刺激になって欲しいものだ。

関連記事

ワールドトピックス 最新記事

ワールドトピックスの記事一覧へ