• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 和宏エンタープライズ MYSTERY CF-445 LIMITED EDITION Hi-COR

    編集部
    SNSでシェアする
    高反発なのに吸着感がある! 塩ジイも納得の『MYSTERY』

    Check Point!

    • 塩ジイが今年の最長飛距離を記録 !
    • 構えやすいヘッド形状
    • 高反発なのに吸着感がある

    永井プロ&塩ジイの試打インプレッション

    永井 「上級者好みのヘッド形状で、ヘッド体積は445?と高反発モデルにしてはやや小ぶり。フェースの見え方がすっきりしていて、フェース角もほどよいフックでつかまりがよさそうな印象です。ターゲットに対して非常に構えやすく、すわりもいい。カラーリングは艶消しの落ち着いた雰囲気で高級感を醸し出している」 塩田 「ヘッドの大きさは丁度いいね。我々年配ゴルファーはパーシモンでゴルフを覚えたから、違和感なく構えられる。スムーズにバックスイングに入れて、トップも同じ位置に決まりやすい。だから結果もいいんだな。HS37、打出角17.0°、キャリー179.1y、トータル204yは今年の最長飛距離だよ」 永井 「素晴らしい ! 高反発らしい弾きで初速も出ています。打球音も爽快そのもの。甲高い音でないので、練習場で打っていても気にならないでしょう。フェース面上のスイートエリアは広いと感じました。打点がバラけてもインパクト効率が落ちません。トラックマンの計測でも明らかで、ミート率1.5かそれ以上と数値が裏付けています」 塩田 「高反発モデルだけど、インパクト時の吸着感がありますね。重みが手に伝わって、球もしっかりつかまるから、安定したドローボールが打てますよ」 永井 「ヘッド重量は、シニア向けに192gと軽めの設定で軽量シャフトと組み合わせれば、総重量が抑えられ、さらにHSのアップが期待できるでしょう」

    商品詳細

    和宏エンタープライズの『ザ・ミステリー』シリーズは、細かなディテールまで、しっかりとした、完成度の高いモノづくりで全国の工房・ショップから信頼を寄せられているコンポーネントブランドだ。ロフト角はすべてリアルで管理され、1個1個実測の上、出荷されている。 この度その同社から高反発ドライバーヘッド『MYSTERY CF-445 LIMITED EDITION Hi-COR』が市場に投入された。基本形状とボディ素材(6-4チタン)は、『CF-445』シリーズに準じるが、COR0・85超の高反発性能に加え、さらに低・深重心化を図るとともに、重心距離も長めに設定。明らかに飛びに特化したモデルということがいえる。ヘッド重量は192g±の中軽量設計で、クラブ総重量を抑えられるほか、長尺仕様にも対応が可能。
    • ロフト角:9°、9・5°、10°、10・5°、11°、11・5°
    • 体積:450?
    • フェース素材:DAT55G
    • ライ角:58・5
    • 重量:192g±
    • 価格:オープン

    お問い合わせ 和宏エンタープライズ

    撮影協力:カレドニアン・ゴルフクラブ、ゼロシャイニング

    タグ
    和宏エンタープライズ