1. 注目記事
  2. ギア評価

シャフトラボ AUGA

ギア評価 編集部
1505_shaftlab
check point

  • ■球がつかまらないゴルファーに◎
  • ■シャフトが仕事をしてくれる
  • ■ヘッドが自然に加速する

永井延宏プロの試打インプレッション

レスポンスがよくタイミングのとりやすいシャフトですね。『AUGA』の持ち味である高弾性繊維の特性がよく表れています。通常、シャフトには手元や先端部分などにキックポイントがありますが『AUGA』の場合、全体的にたわみ、しなり、つぶれといった変形量が少なくても心地よく振れる。つまり、ゴルファーのスイングタイプ、ヘッド特性といった許容が広く、高弾性ならではの初速のある力強いインパクトが得られる仕組み。『AUGA』は工房専用モデルですので、試打、ヒアリングをしてあげて最適なスペックを選んであげてください。”明らかに違うな”と感じさせる差別化された商品ですので、顧客へ推奨しやすいでしょう。

堀内映伸の Buyer’s EYE

インパクト前後で遅れずに走る、といった特性が感覚として伝わってくる。インパクト時はヘッドに球が乗る印象で、フィーリングも◎。アマチュアの多くは、球がつかまらずに高弾道のスライスで飛距離をロスする傾向が見受けられます。スバリ、『AUGA』の対象者で、重心アングルの少ないヘッドとの相性もいいでしょう。長尺でのアッセンブルも推奨できる。

商品詳細

工房専用シャフト『AUGA(オウガ)』の特長をひとくちでいうと、高感度マテリアルによる抜群のフィーリングと弾き感に集約される。高弾性シート90t(50g、60g)を採用したことで、抜群のフィーリングと素早いレスポンスを生み出す仕組み。また、重量帯別に最適な硬さを生み出すために、20回以上の試作を重ね、延べ600名を超えるヒューマンデータを基に確立したフレックス設計も特筆すべき点。ストレート層で硬度を90t及び80tのバイアス層でトルクをコントロール。両者のバランスを解析し、さらにフープ層を高弾性シートの復数層にすることで、「振り切れる」「叩ける」「安心感」というプレーヤーが個々に求めるシャフトに仕上げている。ラインアップは40~60g台、フレックスはR2、R、SR、Sの4段階を重量帯に応じて用意。キックポイントは全モデル中調子となっている。
■価格:各1本5万5000円

商品のお問い合わせ

シャフトラボ

TEL:03-6278-7910
www.ustmamiya.jp

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

1505_shaftlab

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 『MEGEM(ミゲム)』MIRAIが放つ低スピンヘッド!蒼い宝石を徹底検証

  • エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」

  • 最速粘り系シャフトArch 『CA-01』『CA-01P』を徹底検証

  • ラウンド後のボディケアに 『シリアス 近赤外線温熱LED』を試してみた

  • 『VATIC』ドライバー試打 ヘッド一つで理想の弾道を出せるのか? 徹底解説

  • あらゆるゴルファーを助ける『Diamana TB』ミスヒットに強いシャフト