1. 注目記事
  2. ギア評価

サソーグラインドスポーツ SASO Runryu

ギア評価 編集部
151111_saso
check point

  • ■世界初の楕円形突起が空気の渦をコントロール
  • ■キャリー不足や方向性を重視したい人にオススメ
  • ■トータルパフォーマンスが群を抜くボール

永井プロの試打インプレッション

新しい発想のボールですね。ボールの表面に極小な楕円形の突起物を付けることで、空気の高速な回転渦をつくりだし、空気抵抗を抑制するとのことですが、実際に打ってみると、カバーとコアのマッチングがとても良い感じがします。インパクトでコアに対してエネルギーが働いた方向にボールが飛び、楕円形の突起物が付いたカバーが落下を抑制する揚力を維持しているので、大きな飛びと安定した方向性を実感できます。
ドライバーショットでは、ソフトなフィーリングのなかにもコアの反発力を強く感じ、ボールが前へ前へと伸びていく印象。理想的な中弾道で直進性が高く、ボールの落ち際で”もうひと伸び”し、キャリーが出るため飛距離アップが期待できます。また、左右の曲がり幅も非常に少ないですね。キャリー不足や方向性を重視したいゴルファーにはもってこいのボールです。
一方、アイアンショットでは、しっかりスピンが入ってきてくれるので、飛び過ぎず、縦の距離感が合わせやすい。ボールがスピンで吹き上がって、グリーンの真上から『ストン』と落ちるような球筋で安心感があります。また、アプローチショットは、ボールがフェースにしっかりと喰いつきしかも乗るので、イメージ通りのスピン性能を実感できます。弾道的には、ゆっくりと静かにグリーンへ着地するので、アイアンショット同様に安心感があり、距離感が合わせやすいですね。
ドライバーからアプローチまで、トータルパフォーマンスが非常に高いので、幅広いゴルファーにマッチすると思います。是非一度試してほしいボールです。

商品詳細

サソーグラインドスポーツは先頃、これまでの常識を覆す新発想のゴルフボール『SASO Runryu』(サソーランリュウ / 以下、『Runryu』)を発売した。
同製品は、カエデ型のディンプルで話題となった『KAEDE』ゴルフボールの開発チームが空力学の研究を重ねて開発したボール。特徴は、ボールの表面に0.08~0.15ミリの極小な楕円形の突起物を付けることで、表面に空気の高速な回転渦をつくりだし、空気抵抗を抑制させた構造になっているという。これにより、一般的な丸型ディンプルのボールなどに比べて、大幅な飛距離アップが期待できるのだとか。
ちなみに、同社によると、日本人プロから数多くのアベレージゴルファーに対して、今年発売した『SASO RRR』(サソートリプルアール)ドライバーと『Runryu』ボールのセッティングで試打をしてもらった結果、自身が使用していたセッティングよりも、最低で12ヤード、最高で38ヤードの飛距離アップを実現したという。

■構造:3ピース
■コア:高反発ソフトコア
■中間層:HPF200
■カバー素材:ソフトアイオノマー
■発売日:発売中
■価格:9000円 ※1個750円

商品のお問い合わせ

サソーグラインドスポーツ

TEL:079-283-0038
http://sasogrind.com/

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

151111_saso

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • ATTAS史上初の「叩ける」中元調子12代目『DAAAS』を徹底検証

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!