1. 注目記事
  2. ギア評価

三菱レイヨン ディアマナR

ギア評価 編集部

check point

  • ■撓り戻りで弾く飛ぶ
  • ■低スピンヘッドに挑戦できる
  • ■シンプルスイングにマッチ!

永井延宏プロの試打インプレッション

「最近の大型ヘッドはMOIが大きくて、フェースコントロールが難しいといわれます。また、流行りのロースピンドライバーは、過度のロースピンによってボールがドロップしがちです。大型ヘッドのドライバーの場合は、『ディアマナR』は先端の撓り戻りやスピードが特長ですから、自然とフェース面をスクエアに戻してくれます。ロースピンについては撓り戻りによって、自然と打ち出し角が増加してドロップが抑制されます。フェースの操作や過度なロースピンを意識しなくなりますから、ボールをつかまえる、または、ボールを上げようとする無駄な動きが排除され、ボディーターンのシンプルスイングを心掛けることで、扱いの難しかった大型ヘッドのドライバーやロースピンドライバーでも打ちやすくなりますね」

髙橋晋平の Buyerハシs EYE

「ディアマナの中でも ” 先走り系 ” で球が上がりやすい。それでいて弾道が左右に散らばらず、叩いていけるシャフトです。現在、売れ筋の低・浅重心・ロースピンのドライバーとの相性が非常に良いですね。でも、実は低・浅重心・ロースピンのドライバーは、ボールがドロップするゴルファーが多かったのも事実。それら流行のクラブ(低・浅重心・ロースピン)をどうしても使いたいゴルファーのサポートアイテムとしても、またそれらのドライバーに再度挑戦して貰うための最適な商材だと思います」

商品詳細

三菱レイヨンは9月1日、『ディアマナR』シリーズを発売する。アスリートブランドであるディアマナの第三世代で、2012年の『B』、2013年の『W』に続く、第三世代完結の位置づけだ。『ディアマナR』シリーズは、弾き感が良くつかまりのいい「赤マナ」のコンセプトを踏襲しながらも、昨今のトレンドである浅低重心のドライバーや「飛ぶFW」のヘッドにもマッチする。これらのクラブは充分なヘッドスピードでボールをつかまえることができれば確かに飛ぶが、ボールの低スピン化もあって、ドロップしてしまったり” 滑る球 ” が出て逆に飛距離をロスしてしまうケースもある。Rシリーズは同社の最新設計でインパクト付近での走り・弾き感を高め、球の上りとつかまりの良さを引き出してこのトレンドに対応した、飛距離追求型のアスリートモデルに仕上がっている。
■価格:4万円+税
■発売日:2014 年9月1日(月)

商品のお問い合わせ

三菱レイヨン・ゴルフシャフト部

TEL:03-6748-7606
URL:http://www.mitsubishirayongolf.com/

    ∇ <a href="”>

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 久常 涼 南秋田カントリークラブみちのくチャレンジトーナメント 優勝

  • 藤倉コンポジット、人事異動のお知らせ

  • キャメロン・チャンプ選手がPGAツアーで優勝!

  • 住友ゴム、人事異動発表のお知らせ

関連記事

  • キャスコの新アカパタ『Red9/9 White back』で30球勝負! カップイン率UPは本当か?

  • スライス防止になるか?メタルファクトリー『A9 SKY FW(3W)』×『MURAKUMO HAYATE FW』

  • 中古クラブをシェア&売買できる『ラビシェア』を体験してみた

  • ムジーク『DD2HEAVEN』は打点ズレに強いのか? 永井延宏プロが徹底検証

  • スライス防止になるか?ワオ『RV555 Type-S』ドライバー×Arch『CA-01』シャフト

  • 半端ない低スピン、JIGEN『eRookⅡ』ヘッドのブレも抑制して直進性向上