1. 注目記事
  2. ギア評価

三菱レイヨン ディアマナR

ギア評価 編集部

check point

  • ■撓り戻りで弾く飛ぶ
  • ■低スピンヘッドに挑戦できる
  • ■シンプルスイングにマッチ!

永井延宏プロの試打インプレッション

「最近の大型ヘッドはMOIが大きくて、フェースコントロールが難しいといわれます。また、流行りのロースピンドライバーは、過度のロースピンによってボールがドロップしがちです。大型ヘッドのドライバーの場合は、『ディアマナR』は先端の撓り戻りやスピードが特長ですから、自然とフェース面をスクエアに戻してくれます。ロースピンについては撓り戻りによって、自然と打ち出し角が増加してドロップが抑制されます。フェースの操作や過度なロースピンを意識しなくなりますから、ボールをつかまえる、または、ボールを上げようとする無駄な動きが排除され、ボディーターンのシンプルスイングを心掛けることで、扱いの難しかった大型ヘッドのドライバーやロースピンドライバーでも打ちやすくなりますね」

髙橋晋平の Buyerハシs EYE

「ディアマナの中でも ” 先走り系 ” で球が上がりやすい。それでいて弾道が左右に散らばらず、叩いていけるシャフトです。現在、売れ筋の低・浅重心・ロースピンのドライバーとの相性が非常に良いですね。でも、実は低・浅重心・ロースピンのドライバーは、ボールがドロップするゴルファーが多かったのも事実。それら流行のクラブ(低・浅重心・ロースピン)をどうしても使いたいゴルファーのサポートアイテムとしても、またそれらのドライバーに再度挑戦して貰うための最適な商材だと思います」

商品詳細

三菱レイヨンは9月1日、『ディアマナR』シリーズを発売する。アスリートブランドであるディアマナの第三世代で、2012年の『B』、2013年の『W』に続く、第三世代完結の位置づけだ。『ディアマナR』シリーズは、弾き感が良くつかまりのいい「赤マナ」のコンセプトを踏襲しながらも、昨今のトレンドである浅低重心のドライバーや「飛ぶFW」のヘッドにもマッチする。これらのクラブは充分なヘッドスピードでボールをつかまえることができれば確かに飛ぶが、ボールの低スピン化もあって、ドロップしてしまったり” 滑る球 ” が出て逆に飛距離をロスしてしまうケースもある。Rシリーズは同社の最新設計でインパクト付近での走り・弾き感を高め、球の上りとつかまりの良さを引き出してこのトレンドに対応した、飛距離追求型のアスリートモデルに仕上がっている。
■価格:4万円+税
■発売日:2014 年9月1日(月)

商品のお問い合わせ

三菱レイヨン・ゴルフシャフト部

TEL:03-6748-7606
URL:http://www.mitsubishirayongolf.com/

    ∇ <a href="”>

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証