1. 注目記事
  2. ギア評価

グラファイトデザイン TourAD MJ SERIES

ギア評価 編集部

check point

  • ■弾き系の新たなシャフト『MJ』!
  • ■高弾道、飛距離、コントロール性能の向上
  • ■大型ヘッドとの相性バツグン!

永井延宏プロの試打インプレッション

「すでにツアープロの間では、男女共に使用者が増え、前評判の高い『MJ』シリーズ。1球、2球、3球と打つごとに、どんどんヘッドスピード(HS)が上がっていくような、ゴルファーのポテンシャルを引き出してくれるシャフトです。
特徴は中間部から手元にかけて、いわゆる一番エネルギーが集まる部分の変形量が少なく、非常にエネルギー効率が良いこと。通常、この部分の剛性を高めると、シャフトが固くなってしまい、振りづらくなる傾向にあります。ですが、同モデルは程よいしなり・粘り感を残しているので、スムーズな感じの固さで振りやすいモデルに仕上がっています。暴れが少ないから、大型ヘッドとの相性もバツグンですし、スイングプレーンが安定しないゴルファー、シャフトのしなりが感じられないけどHSがあるパワーヒッター、メーカー純正のしなりの大きいシャフトが苦手なゴルファーにぜひ試してほしい逸品です。ラインアップも50g台のR2から、80g台のXまで、豊富にあるので、アベレージからプロまで、幅広いゴルファーに対応してくれるモデルといえるでしょう」

髙橋晋平の Buyerハシs EYE

「中調子で、非常にシャフトの挙動が安定するモデルです。振っていてとにかく気持ちいい!店舗での売れ筋は60g台ですが、その他の重量帯・バリエーションも豊富なので、あらゆるゴルファーに合うと思います。今回も期待大の商材!」

商品詳細

グラファイトデザインは11月7日、待望の2015年モデル『TourAD MJ』シリーズの投入を開始する。同モデルは中間剛性を保ちながら、手元の剛性を高めたシャフトで、弾きと程よい粘りで暴れが少なく、叩いても左に行きにくいモデル。ラインアップは重量帯別に、『MJ-5』(50g台/R2、R1、S)、『MJ-6』(60g台/SR、S、X)、『MJ-7』(70g台/S、X)、『MJ-8』(80g台/S、X)の4モデル10タイプを用意。キックポイントは中調子、本体価格は1本4万円となっている。ちなみに、『MJ』は「メジャータイトル制覇」「偉大」「一流」などの意味が込められた”major(メジャー)”からネーミング。

ツアープロ使用率NO.1ならではの品質。正確性&飛距離を、常に追求するグラファイトデザインの新作『MJ』シリーズ

商品のお問い合わせ

グラファイトデザイン

TEL:0494-62-1170
http://www.gd-inc.co.jp/

    ∇ <a href="”>

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ヨネックス。人事異動のお知らせ

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 3段ソールでアマチュアのミスを防ぐ ムジーク『フィフティーズ』ウエッジ

  • パトリック・リードが共同開発 グラインドワークス『PR-202』『MB-101A』

  • 夏のラフから「77」でグリーンを狙う? キャスコ『UFO Speed』を坂本龍楠が徹底試打!

  • 最新GPSウォッチ3機種を山本茉央&くわっきーがコースで比較してみた

  • 熟練ゴルファーに飛距離を与える『XP-03』 ゴルファーの技を引き出す軟鉄鍛造『KP-105』

  • レーザー&GPSのハイブリッド距離計『SL2』で山本茉央がコース攻略