1. 注目記事
  2. ギア評価

本間ゴルフ TOUR WORLD TW727 IRON

ギア評価 編集部
check point

  • ■HONMAらしい軟鉄の打感
  • ■カーボンシャフトの完成度◎
  • ■力まずにボールを押していける

永井延宏プロの試打インプレッション

一打一打、集中して打っていきたい―。4タイプすべてのモデルが、そう思わせるヘッド形状で、軟鉄らしいソフトな打感も本間ゴルフならでは。今回、カーボンシャフトのVIZARD『I55』、『IB95』装着モデルを集中的に打ってみました。『I55』は軽量タイプですが、シャフトが仕事をするというよりも、自分のイメージする動きで、カーボンの特性である厚いインパクトが特長的。軽量タイプですが、しっかりターフをとっていけるイメージをお持ちの方にミートするでしょう。一方の重量系カーボンシャフト『IB95』は、インパクトに対するアグレッシブさとパワーを併せ持ったシャフト。アイアンは正確性、いわばスピンコントロールが重要ですが、シャフトが飛距離を作ってくれるので、ターゲットに集中できる。アイアン用カーボンの新機軸といえ、プロが続々スイッチする理由も頷けます。

堀内映伸の Buyer”s EYE

『I55』、『IB95』ともにカーボンシャフトのやさしさとスチールシャフトの強さと操作性を兼ね備えていると感じました。高弾道、かつ、つかまりもよく非常にラク。だが、決して左にまく感じが無い。飛距離も出て、球がバラつかないのでピンをデッドに狙えます。スチールは見た目からいかにも重そうですが、HONMAのカーボンなら、力まずにボールを押していける感覚がある。豊富なバリエーションから選べるのも◎。

商品詳細

アイアンもドライバー同様4種類を用意。飛びよりもシャープな顔や打感を重視するプレーヤー向けの『TW727 M』と『TW727Vn』、構えやすく安心感があり、飛距離も出したいプレーヤーに向けた『TW727 V』と『TW727 P』がそれ。前モデル「TW717」で高評価だった顔のよさはそのままに、ツアープロからのニーズを取り入れ、熱意系ゴルファーのプレースタイルに合わせた構えやすさを追求。また、業界初の「W-FORGED」製法により、オフセンターヒット時のキャビティ特有のあたり負けを抑えつつ、マイルドな打感が得られるとか。アイアン専用カーボンシャフトも、ツアープロや熱意系ゴルファーの要望に応える形でいよいよ製品化。高弾道でピンをデッドに狙える『VIZARD I』、金属繊維「ボルファ TM」を採用した重量系の『VIZARD IB』の2種類がある。『I55』、『I65』、『I75』、『IB85』、『IB95』、『IB105』の全6タイプに硬さバリエーションも加えて用意。
■価格 アイアン6本:11万4000円~(スチール)、15万6000 円~(VIZARD I、IB カーボン)

商品のお問い合わせ

本間ゴルフ

TEL:0120-941-380
http://www.honmagolf.co.jp

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 渡辺製作所 ソケットカタログ2022– Webカタログ

  • ゴルフシーズンを盛り上げる!最新ゴルフ用品&サービス大集合の特設サイトオープン!

  • 二木ゴルフ、役員選任のお知らせ

  • 山本光学株式会社 最高顧問、山本為信氏の「お別れの会」のご案内

関連記事

  • アイドル山本茉央と永井延宏が『ONOFF LADY』(グローブライド)を試してみた

  • 「STEALTH」ドライバー、カーボンフェースのメリットを検証する

  • 現役アイドル山本茉央が1本で2形状の「TF-01Mirai」試してみた

  • 単なる距離計じゃない、スコアを伸ばす統計も分かる「Shot Scope V3 GPSウォッチ」

  • AIがスイングチェックをストレスフリーに!『GOLF VISION』アプリの実力とは?

  • 自分だけの一足を! 聖地・スコットランド発祥のゴルフシューズを解説