1. 注目記事
  2. ギア評価

本間ゴルフ TOUR WORLD TW727 IRON

ギア評価 編集部
check point

  • ■HONMAらしい軟鉄の打感
  • ■カーボンシャフトの完成度◎
  • ■力まずにボールを押していける

永井延宏プロの試打インプレッション

一打一打、集中して打っていきたい―。4タイプすべてのモデルが、そう思わせるヘッド形状で、軟鉄らしいソフトな打感も本間ゴルフならでは。今回、カーボンシャフトのVIZARD『I55』、『IB95』装着モデルを集中的に打ってみました。『I55』は軽量タイプですが、シャフトが仕事をするというよりも、自分のイメージする動きで、カーボンの特性である厚いインパクトが特長的。軽量タイプですが、しっかりターフをとっていけるイメージをお持ちの方にミートするでしょう。一方の重量系カーボンシャフト『IB95』は、インパクトに対するアグレッシブさとパワーを併せ持ったシャフト。アイアンは正確性、いわばスピンコントロールが重要ですが、シャフトが飛距離を作ってくれるので、ターゲットに集中できる。アイアン用カーボンの新機軸といえ、プロが続々スイッチする理由も頷けます。

堀内映伸の Buyer”s EYE

『I55』、『IB95』ともにカーボンシャフトのやさしさとスチールシャフトの強さと操作性を兼ね備えていると感じました。高弾道、かつ、つかまりもよく非常にラク。だが、決して左にまく感じが無い。飛距離も出て、球がバラつかないのでピンをデッドに狙えます。スチールは見た目からいかにも重そうですが、HONMAのカーボンなら、力まずにボールを押していける感覚がある。豊富なバリエーションから選べるのも◎。

商品詳細

アイアンもドライバー同様4種類を用意。飛びよりもシャープな顔や打感を重視するプレーヤー向けの『TW727 M』と『TW727Vn』、構えやすく安心感があり、飛距離も出したいプレーヤーに向けた『TW727 V』と『TW727 P』がそれ。前モデル「TW717」で高評価だった顔のよさはそのままに、ツアープロからのニーズを取り入れ、熱意系ゴルファーのプレースタイルに合わせた構えやすさを追求。また、業界初の「W-FORGED」製法により、オフセンターヒット時のキャビティ特有のあたり負けを抑えつつ、マイルドな打感が得られるとか。アイアン専用カーボンシャフトも、ツアープロや熱意系ゴルファーの要望に応える形でいよいよ製品化。高弾道でピンをデッドに狙える『VIZARD I』、金属繊維「ボルファ TM」を採用した重量系の『VIZARD IB』の2種類がある。『I55』、『I65』、『I75』、『IB85』、『IB95』、『IB105』の全6タイプに硬さバリエーションも加えて用意。
■価格 アイアン6本:11万4000円~(スチール)、15万6000 円~(VIZARD I、IB カーボン)

商品のお問い合わせ

本間ゴルフ

TEL:0120-941-380
http://www.honmagolf.co.jp

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • グラビティー、事務所移転のお知らせ

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

関連記事

  • イーグルビジョン Watch5|シェアNo.1ブランドの5代目はどう進化したのか?

  • ぶっ飛びの『カムイプロKP-01』は3つのヘッド重量が選べるドライバー

  • MYSTERY HS820アイアン|最大飛距離と最大慣性モーメントを求めたモデル

  • 徹底解説『ARTISAN GOLF IRON SERIES』マイク・テーラーが放つ鍛造アイアン

  • あらゆるパター練習が可能 『ダイヤオートパットHD』で3パット撲滅

  • 『TOUR B』の最新2020モデル アイアン3種・ウエッジ2種を打ち比べ!