1. 注目記事
  2. ギア評価

ボールも飛距離モンスター?TOUR B JGRボールの飛距離性能を検証

ギア評価 ムービー ブリヂストンスポーツ 浅水敦
BS
TOUR B JGR

昨年 “ 飛距離モンスター ” の異名で大ヒットを記録したブリヂストンゴルフのクラブ「JGR」からゴルフボールが登場。 

新製品『TOUR B JGR』ゴルフボールは、「全ては飛距離のために」を開発テーマに“飛び”に特化したディスタンスボール。

この新製品を早速永井プロにテストしてもらった。

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

TOUR B JGRの対象ユーザーは

TOUR B JGR

日本人男性の平均ヘッドスピード(HS)40~45領域で、最大性能を発揮できる設計&構造となっており、高初速・低スピンの両立に加え、打感の良さが大きなセールスポイント。

同社のブランドマッピングは、HS40以下→「PHYZ」、同45以上→「TOUR B X、XS」、「JOKER」を推奨しているので、『JGR』はその中間を担うことになりますね。

一般的にディスタンス系は、初心者やヘッドスピードの遅い人向けといわれていますが、「JGRボール」では、HS40~45を対象としているのが特筆すべき点。

ゴルファーのなかでも比較的飛距離の出るゴルファーへ向けたディスタンスボールという位置づけとなりますが、まずは構造から説明していきましょう。

TOUR B JGRの特徴

180118_bs

内軟外硬設計が最大の特徴で、中心部から外側のカバーにかけて徐々に硬くなっていく3ピース構造を採用。

コアを軟らかくすると、インパクト時に球が潰れやすくなり、高初速を生み出す仕組みですが、実際に打ってみても、効率的に潰れて、かつ、良く弾くゴルフボールといえます。

一方、カバー素材はアイオノマーを採用。ディスタンス系らしいしっかりとした打感で、心地よい高めの打球音が印象的でした。

打った感触は

TOUR B JGR

弾道は、高打ち出しで、そこから低スピン系のいわゆる棒球へ変わっていくのが目視できました。比較テストで、スピン系の『TOUR B XS』も打ってみましたが、「XS」は低く出てから球が上昇していきました。

このことは計測データからも明らかで、最高到達点はそれほど変わりませんが、打ち出し直後から高さが出て、前へ前へと伸びるのが「JGRボール」の特性といえそう。直進性も高く、飛んで曲がらない弾道を再確認した次第です。

JGR 計測データ

「JGRボール」は、JGRドライバーとのテストも行って開発されており、こちらとの相性もいいとのこと。飛距離モンスターを銘打つ「JGRドライバー」と「JGRボール」を組み合わせれば鬼に金棒!? 是非一度試してみてください。 

JGRドライバー
JGRドライバー

動画で解説

 

商品のお問い合わせは下記まで。

ブリヂストンスポーツ
TEL:0120-116613
http://www.bs-golf.com

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

TOUR B JGR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 7代目は何が新しいのか?『スピーダーエボリューション7』を徹底検証

  • ATTAS史上初の「叩ける」中元調子12代目『DAAAS』を徹底検証

  • ゴルフR&Dセンターを立ち上げたヤマハ「やりたいことをすぐカタチに」

  • ミズノゴルフグローバル戦略モデル「JPX 921 アイアン」シリーズ

関連記事

  • ブレない、上がる、楽に飛ばせる高機能アイアン『TOUR B JGR アイアン』

  • 高グリップ性能でワイドモデルのスパイクレスシューズ『ゼロ・スパイク バイター ワイド』

  • 驚異の軽さ『190g』。疲れを感じさせない高グリップスパイクレスシューズ新登場

  • ブリヂストンスポーツ、役員選任のお知らせ

  • 槇岡プロが徹底解説 『TOUR B X』と『TOUR B XS』はココがスゴイ!

  • 『TOUR B JGR』ドライバー&アイアンをプロが試打!軽く振っても飛距離が出る!