1. ウィングリップのウッド&アイアンモデル DRI TAC PRO(ドライ タック プロ)を永井プロが検証

ウィングリップのウッド&アイアンモデル DRI TAC PRO(ドライ タック プロ)を永井プロが検証

ギア評価 ムービー
この記事は約 4 分で読めます。 1,489 Views
ウィングリップ DRI TAC PRO

ウィンプロシリーズデザインに、ウッドとアイアンモデルの DRI TAC PRO(ドライ タック プロ)5D-WPX-RD/CGが登場。そこで、今回も永井プロに検証してもらった。

 

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

 

ゴルファーに呼吸を与えるウィン独自の柔らかさは抜群

独特のフィーリングで多くのファンを持つウィンの『DRI TAC PRO(ドライ・タック・プロ)』です。デザイン的にも赤、白、青と鮮やかで、入り組んだパターンとなっていて、大変興味深いです。そのデザインの効果の検証も含め、試打をしてみましょう
 

 

赤、白、青のデザインが握り方をガイドする

ウィングリップ DRI TAC PRO

握ってみるとウィン独特の柔らかさを感じます。グリップ裏面のシーム部分がありますが、グリップの表層と内側の柔らかさの違いが感じられ、手の中で、グリップが押し返してくれるような感覚です。

そしてデザインですが、赤、白、青の配色が上手にデザインされており、グリップする際の指をあてる位置をガイドしてくれるデザイン意図が伺えます。最近では、手の置き位置、握りをガイドしてくれるグリップは少ないのですが、昔はそのようなグリップが主流でした。

特に『ドライ・タック・プロ』は、左手の親指と人差し指でできるV字をイメージさせてくれるようなデザイン、また、赤いデザインの部分で手の平があたるところを表現しているといったように、ゴルファーのことを非常に理解したグリップしやすい製品で、グリップの柔らかいフィーリングとともに、グリップが決まりやすいというのが握った際の第一印象ですね。

 

リラックス、呼吸、スイングに息吹を与える柔らかさ

ウィングリップ DRI TAC PRO

試打をしてみましたが、ウィンの独特のフィーリングが、打つ前のルーティーンでワッグルなどをする時に、グリップの柔らかさがゴルファーに語りかけてくれるような感覚があります。イメージ的にはゴルファーの呼吸が止まらないということですね。

アドレスで緊張すると体に力が入りすぎて、呼吸が止まってしまうという表現をするのですが、『ドライ・タック・プロ』の柔らかいフィーリングが、ゴルファーに語りかけてくれて、呼吸が止まらずに、スイングに息吹を与えてくれると言って良いでしょう。ウィン独特のフィーリングで、ゴルファーにとって大きなメリットとなるはずです。

 

スイング中の力感の変化をゴルファーに伝える

ウィングリップ DRI TAC PRO

そして、スイング中のヘッドスピード、ゴルフクラブが外側に動こうとする遠心力の強さなどの変化を、この柔らかさがゴルファーに伝えてくれます。

ヘッドスピードが上昇しながらインパクトに向かった時の握る力の具合や、インパクト後に握る力が抜けていくフィーリングなどが、柔らかいグリップの反発力、呼吸をしているようなフィーリングがゴルファーに情報を伝えてくれます。

ゴルフではドライバーからウエッジまで、様々な場面がありますが、その時に自信をもってショットに臨むことができるように、グリップが語りかけてくれるように感じました。

 

商品概要

ドライタックプロシリーズのウッド&アイアンモデル。ウィン独自の技術の先進AVSテクノロジーと、柔らかさや他を圧倒するデザインを採用した高機能グリップ。

  • 価格:2800円
  • 素材:DRY-ETX
  • サイズ:0.60
  • 重量:48±2g

 

ウィン DRI TAC PRO(ドライ タック プロ)5D-WPX-RD/CGのお問い合わせ

ブロッサム
TEL:03-5470-1582
http://www.blossom-trade.com/

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ウィングリップ DRI TAC PRO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • レーザー距離計にGPS機能が搭載! ガーミン アプローチZ80で楽にスコアを縮めよう

  • 上半期210%のピン、10年連続増収へ飛び系アイアンi500投入

  • ウィングリップのウッド&アイアンモデル DRI TAC PRO(ドライ タック プロ)を永井プロが検証

  • 飛距離200ヤードでも使える! アスリートだけのためじゃない「ディアマナDF」  

関連記事

  • ウィン グリップ プロ Xを徹底検証! その評価は?

  • ウィンの日本限定復刻盤グリップが登場

  • 雨や汗に強い!ウィンの最新パターグリップ