• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 藤倉の米国逆輸入モデル『ベンタスブラック』試打レビュー!

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    藤倉コンポジットから昨年アメリカから逆輸入され、上級者から人気が出たモデル『ベンタス』シャフト。 そのベンタスシャフトに今年は『ベンタスブラック』というモデルが追加。昨年発売された『ベンタスブルー』とどこか違うのか、永井プロに比較テストしてもらった。
    永井延宏プロ
    永井延宏プロ
    1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

    動画で解説

    剛性感が増した『ベンタスブラック』

    剛性感が増した『ベンタスブラック』 『ベンタスブラック』ということで仕上げは黒、少し光沢感があり、何となくアメリカンブランドらしい印象です。日本だと黒は落ち着きのある色になりますが、『ベンタスブラック』は目立つ感じですね。 コスメチックは『ベンタブルー』と同じですが、黒だけど主張するといった感じが出ています。 そして、手にすると、非常にしっかり感が伝わってきます。今手に持っているのは「5S」ですが、ワッグルしただけでもハードなタイプということが伝わってきます。
    ベンタス5s 試打データ 5s 試打データ
    早速、『ベンタスブラック』の「5S」を打ってみましたが、最初に伝わってくるのがシャフトの剛性感ですね。 シャフトのしなりというよりは棒っぽいというか、つぶれがなく変形が少ないと感じます。その昔、ビッグバットといって径の太いシャフトがありましたが、そういう印象がありますね。 ビッグバットは太さが何よりの剛性ということですが、これは通常の太さ。この太さでこれだけの剛性感が出ているのはちょっと驚きです。しかもまだ50g台の重量帯ですから積層はそれほど厚くない。それでこのしっかり感というのがこのシャフトの特徴を表していると思います。 また、スイング中の身体のスピードをダイレクトにヘッドに伝えてくれるのでインパクト効率の良さも際立っています。
    ベンタス 6s 試打データ 6s 試打データ
    次に『ベンタスブラック』の「6S」に替えてみましたが、しっかり感が増しましたね。試打した印象は予想通りというか、自分のポテンシャルをしっかりと引き出してくれて、私の場合は「5S」よりも結果が良かったですね。 重量帯が自分にとって適切だったということでしょう。シャフトのフィーリングとかパフォーマンスは「5S」と変わらずに出ています。 シャフトのどこかがつぶれたり変形することなく、身体とクラブが入れ替わっていくイメージで身体のスピードを最後まで緩めずに使っていける。現代的な大型ヘッドとの相性の良さを感じます。 このシャフト、実はロリー・マキロイが使っているということですが、彼のスイングはまさに最後まで身体のスピードが速くてクラブと入れ替わるようなイメージなので、正にスイングとシャフトの相性が見えてくると思います。 『ベンタスブラック』を打った後に『ベンタスブルー』の同じスペックを打ってみました。どんな違いがあるかというと、『ブルー』の方がしなり感は強く、しなりの中でのしっかり感という特徴があると感じました。 逆輸入モデル、藤倉『ベンタスブラック』試打レビュー! 一方、『ブラック』はしなりというよりは全体的な剛性感が強いですね。 これらはスイングタイプに大きく影響します。しなりを感じるとゴルファーはしなりを戻さないといけないので意図的に身体に壁や軸を作って止めます。こういうスイングにはコンパクトで操作性のいいヘッドが合います。 一方、全体的な剛性感が強いシャフトは身体とクラブを入れ替えて一気に振り切るスイングに合います。 そして、その身体の動きについてきてくれる大型ヘッドとの相性がいい。そういった意味では、『ベンタスブラック』はさらに大型ヘッドとの相性が良くなったシャフトといえるでしょう。
    この著者の記事
    クレイジーの新作『AVIS(アヴィス)』シャフトを永井延宏プロが徹底検証
    2024年05月23日
    この著者の記事
    熱中症からゴルファーを守る! WBGT環境測定値をクラウドで一元管理 『SisMil(シスミル)』
    2024年05月19日
    この著者の記事
    PGMがティーマークの呼称を カラーネーミングに統一
    2024年04月28日
    この著者の記事
    『ステップゴルフプラス町屋駅前店』 グランドオープン
    2024年04月27日
    この著者の記事
    もうセルフスタンドバッグはいらない!? 『スマートフォーク』でPLAYFAST
    2024年04月21日
    → もっと見る