• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • スパコンもってます!エピックフラッシュのAI活用術

    片山三将
    1965年生まれ、東京都出身。 1992年「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社に入社。以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。 その一方、国際事業部の責任者...
    SNSでシェアする
    キャロウェイゴルフは2月1日、『エピックフラッシュ』ドライバーを発売した。一昨年に発売した『GBBエピック』の後継機種で、開発にAIを使ったのが特徴だ。 『GBBエピック』はフェース裏側に「二本の柱」を装着した「ジェイルブレイク」を打ち出していたが、今回の新作はこれに加え、ボール初速の向上を図る波型形状の「フラッシュフェース」を採用している。これをAIに設計させたことから「AIドライバー」のキャッチフレーズで注目を集めた。 参考:完成まで34年?『エピックフラッシュ』はさらなるボール初速を求めて生まれた 今回なぜAIを使ったのか。そして、その効能をどのようにゴルファーへ伝えていくのか。流行り言葉のAIだが、実のところ本質を理解しているゴルファーは少ない。まずは、この点を庄司明久副社長が説明する。

    基礎研究のスタッフがAIを熱く語る

    キャロウェイによれば、世界で初めてゴルフクラブの開発にAIを活用したというが、その陣頭指揮を執ったのが米本社の開発担当ジム・セルーガ氏だ。 キャロウェイは、予算と時間に制限を設けず、自由な発想で常識を破ることを目的とするイノベーションチームを編成するが、セルーガ氏もそのひとり。約150名の開発部隊とは別に、将来の製品の在り方を研究する。ここから生れたのが「ジェイルブレイク」であり、今回の「フラッシュフェース」なのだという。 キャロウェイは数年前から数億円を投じたスーパーコンピュータを使って開発しており、機械学習にテーマを与えてフェース裏側が不定形の渦巻き状になる構造を設計。テーマは「ボール初速の向上」「反発規制のCT値を超えないこと」「耐久性」の3点だった。セルーガ氏いわく、 「AIは自分が何を設計しているのか知りません。与えられたテーマを解決するだけ。そのため現時点では、ヒューマン要素が入ります」 また、2045年には全人類の知の総和をコンピュータが超えるとされるシンギュラリティが到来するが、その時、ゴルフクラブがどうなっているかについて、 「正直なところイメージできませんが、クラブ開発には人間の要素が深く関り続けると思っています」 このあたりを含め、「フラッシュフェース」開発の経緯をセルーガ氏に聞いてみた。 以上、庄司副社長、セルーガ氏の動画インタビューをお届けした。キャロウェイの物作りは、創業者エリー・キャロウェイ氏が掲げた「明らかに優れていて、その違いを楽しむことができる」に集約されるが、今後の課題は複雑な開発背景をわかりやすくゴルファーに伝えること。伝達・説明能力が試される。
    EPIC FLASH(エピックフラッシュ) エピックフラッシュ スター
    エピックフラッシュ サブゼロ エピックフラッシュ サブゼロ
    エピックフラッシュ エピックフラッシュ
    この著者の記事
    数量限定発売の『SPECIAL SELECT JET SET』パター
    2022年10月04日
    この著者の記事
    『RZN』ブランドから3機種のボール が新たにデビュー
    2022年09月15日
    この著者の記事
    廃業寸前のゴルフ場が満員、ゴルフトライアスロンで町興し
    2022年08月05日
    この著者の記事
    ノーベル賞生理学医学を受賞した博士が考案したEGF配合『ヘブンリコ』ゴルフ業界デビュー!
    2022年07月29日
    この著者の記事
    ソフトな打感と卓越した飛距離性能を兼ね備えた『TOUR SOFT』が誕生
    2022年06月26日
    → もっと見る
    タグ
    キャロウェイ
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb