• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • TK2『TYPE-SⅡ』~「包み込む」「つかまる」「逃がす」「操作性」 ゴルファーの微妙な要望に応える~

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    共栄ゴルフ工業のスピンアウトブランド「TK2」。TAKUMI JAPANと銘打ったシリーズに新アイアンが登場した。 『TYEP-SⅡ』は、もともとウエッジのシリーズ『TYPE-S』『TYPE-N』がラインアップしており、その流れのアイアン『TYPE-S』の2代目となるのが、『TYPE-SⅡ』だ。 今回、TK2の鍛造アイアン『TYPE-SⅡ』をゴルフマジック代表の鹿又芳典氏が検証した。
    鹿又芳典氏
    鹿又芳典氏
    1968年東京都生まれ。ゴルフショップマジック代表。メディアに引っ張りダコで、“ゴルフギアのご意見番”として活躍中。

    『TYPE-SⅡ』の製品特徴

    製品の特徴は以下だ。 ■厚い打感と操作性を追求するためにバックフェースのデザインを変更 ■操作性を上げるためにネック側に重量を配置 ■重心距離を0.3㎜ネックに寄せることでより操作性の向上 ■S25Cの中でも最も優れたプレミアム素材を厳選して採用

    『TYPE-SⅡ』を動画で解説

    鹿又芳典氏の一押しポイント

    気持ちいいアイアンですね。打感というよりは、少し高音の打球音が気持ちイイ。高音で響くインパクト音がしま す。打感が硬いということではなく、インパクトの情報がプレーヤーに伝わりやすいアイアンだと思います。 アドレスした際にスッと構えられる綺麗なアイアンだと思います。ミッドサイズのアイアンで、すごくシャープでコンパクト過ぎるヘッドでもありません。逆に大きすぎて、ラフでヌケが悪そうなどというサイズ感でもありません。 形状的にも少しグースネックで、日本的なボールを「包み込む」イメージのアイアン。その意味で弾道はつかまる傾向が強いですが、「つかまる」という表現が良いのか、それとも「操作性が良い」という表現なのか。 私の場合は「球が逃げない」という捉え方だと、すんなりショットに臨めると思います。普通に打てば、「球が逃げない」のでドロー弾道で、「包み込む」のでフェードも打ちやすい。スピンもしっかりと入るので、低弾道も打ちやすい。 そんなクラブなので、ロングアイアンも上手に使えるゴルファー向きですね。

    商品概要【TYPE-SⅡ】

    素材:S25C 製法:精密軟鉄鍛造製法 仕上げ:Wniサテン仕上げ ロフト角(度):#4(22)~ PW(46)まで4度ピッチ ライ角(度):#4(60)~ PW(63)まで0.5度ピッチ ヘッド重量(g):#4(250)~ PW(292)まで7g ピッチ ヘッド価格3万800円

    お問い合わせ

    TK2 TEL 0790-26-2211
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    この著者の記事
    インドア施設がゴルフショップ店内にオープン GOLF NEXT 24有賀園ゴルフ西東京店に行ってみた
    2024年05月09日
    この著者の記事
    KBS MAX HL が登場! タメを感じながら驚異的な戻り『40RED』 勝手にしっかりタメて飛ぶ『42WIHTE』 HS50m/sでも叩きにいける『45BLACK』
    2024年05月07日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb