• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • キャスコ『UFO DD』ドライバーで3球勝負! 曲がらずフェアウェイに飛ばせるのか?

    大矢晃弘
    1982年生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記事で、ゴル...
    SNSでシェアする
    キャスコは2年前に発売した『UFO』シリーズに、新たにドライバー『UFO DD』を追加した。『UFO』はフェアウェイウッド・アイアン・ウエッジが苦手なゴルファーが楽にコースを攻略できるお助けユーティリティだ。 今回『UFO DD』が追加で登場したことで、ドライバーからウエッジまでトータルに『UFO』がカバーできることになる。そこで新宿御苑ゴルフスタジオ主催の坂本龍楠プロがアマチュアゴルファーと一緒に『UFO DD』を試打。特徴を解説する。
    坂本龍楠プロ
    坂本龍楠プロ
    1981年生まれ。神奈川県出身。オーストラリアへ留学してゴルフを学び、2011年「日本プロゴルフ協会」ティーチングプロ合格。自身が運営する新宿御苑ゴルフスタジオでは身体に負荷のかからないスイング理論が好評を博し、公式YouTubeのチャンネル登録数は12万人を超える。著書には「逆説のゴルフ」などがある。

    ホントにそのクラブは合ってるのか? 『UFO DD』を動画解説

    坂本 ドライバーは昨今、軽量化により振りやすくなり、シャフトも45~46インチが主流です。しかしスタジオのお客さんにも多いのですが、振りやすくなった半面、逆に振り回してしまう弊害が発生しています。 それによってドライバーがうまく当たらない、球筋が安定しない、OBになるなどの悩みを抱えている方が多いです。今回の『UFO DD』はそんなアマチュアゴルファーに寄与するドライバーになっているのでしょうか? アマチュアゴルファーにも試打してもらい検証したいと思います。

    坂本プロの『UFO DD』試打インプレッション

    キャスコ UFO DD 坂本 今回のドライバーはシャフトは43.5インチと短めで、ヘッドも330CCと小ぶりになっており、アマチュアゴルファーがしっかりスイングして、ミート率が上がるようなドライバーです。 必然的に飛距離アップや方向性の維持につながってくると思います。 まず今回試打するシャフトはフレックスSなのですが、Sのわりには短い設計に合うように少し軟らかめに作られています。 キャスコ UFO DD 3球連続で打ってみましたが、第一印象として球がすごく上がります。左から強い風が吹いていたので難しい状況でしたが、高さが出つつも前に強く飛んでくれました。 フェアウェイまで行ってみると、自分でも驚くくらい3球とも同じ場所に飛んでいました。やはりシャフトが短い分、安心して振りぬくことができるので、方向の安定性にも繋がっているんだと思います。

    アマチュアの『UFO DD』3球チャレンジを解説

    キャスコ UFO DD 坂本 続いて、アマチュアゴルファーの大矢さんにも打っていただきました。検証のため一般的なドライバーと『UFO DD』を3球ずつ打ち比べてもらいました。 まず一般的なドライバーの方だと、1球目からスライスが出てしまいました。大矢さん曰く、朝一のティーショットは特にスライスに悩んでいるとのこと。続いて、2球目、3球目と打っていただきましたが。やはり全体的に右に行く傾向があるのと、最も飛んでいる球と飛んでいない球の飛距離差が30ヤード近く出ていました。 続いて『UFO DD』を3球打っていただきましたが、今度はしっかり球がつかまり3球とも真ん中から左に球が集まりました。打っていくうちに、大矢さんも自然と振れてきているのが分かりました。 最終的に6球の飛んだ場所を比較すると、一般的なドライバーのベストボールの方が、『UFO DD』のベストボールよりも7ヤード前に飛んでいました。ただ、一般的なドライバーの方では最大で飛距離差が30ヤード出てしまい、当たり外れがある結果になってしまいました。 一方『UFO DD』は安定してフェアウェイ左サイドをとらえられており、飛距離差がほとんどありませんでした。やはりクラブが短く作られているので、通常長いクラブに比べてブレの幅が減っているんだと思います。 キャスコ UFO DD 通常短尺ドライバーだと入射角がきつくなってしまうので10.5度だと打ち出しが取れず、球が低くなってしまうのですが、ヘッド後方の「ユニバーサルウイング」で重量をつけて重心を深くし、重心角も大きくしているので、しっかり打ち出しが取れて大矢さんも私もむしろ球が高く上がりました。 330CCの小ぶりなヘッドですが、この「ユニバーサルウイング」によって投影面積は通常のドライバーとほぼ変わらずに構えられますし、シャフトのチップを太くして205gのヘッドでも先端が捻じれにくいようにしているので、球が安定方向に作用しています。 以上のことから、一発の飛びではなく1ラウンド14回の安定した飛びと方向性があるのが『UFO DD』の特徴だと言えるでしょう。 『UFO DD』はスライスに悩んでいる方、スピン量が多い方にとっては、球を安定してフェアウェイ方向にもっていってくれるクラブだと思います。 ■試打スペック ロフト角:10.5度 フレックス:S ■価格 4万9500円(税込)
    この著者の記事
    ツアープロからアベレージまで力強いインパクトを実現 低スピンの重い球が飛ばせる『Diamana WB』を常住プロが試打
    2024年05月17日
    この著者の記事
    オウンネームで自分だけの1台に! ボイスキャディ史上最軽量&最小の高機能レーザー距離計『Laser FIT』を試してみた
    2024年05月16日
    この著者の記事
    家族で楽しめるインドア「ウィンズFAMILY GOLF」に常住親子が潜入してみた
    2024年05月15日
    この著者の記事
    秋山幸二も絶賛!「飛び」に こだわった福岡発の地クラブブランド! 『KODO DRIVER 460』/『Arcobalenox(アルコバレーノ)』
    2024年05月12日
    この著者の記事
    西日本エリア初出店 『PING フィッティングスタジオ大阪』がオープン
    2024年05月01日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb