1. クラブ

ロイヤルコレクションの「AM-X」シリーズ登場

クラブ 室井 大我

アドラージャパンは12月10日、ロイヤルコレクション「AM‐X」シリーズの『AM‐Xフェアウェイウッド』と『AM ‐Xユーテリティ』のヘッドを発売した。クラブは同24日の発売だ。

ロイヤルコレクションの象徴でもあるキャビティソール設計が進化し抜群の振り抜きの良さを実現。また、フェース面のレーザーミーリング加工によりボールのギア効果を最大限に引き出し、ボールの上がりやすさと直進性を実現。ロイヤルコレクションは誕生から30年経ったいま、進化を遂げ生まれ変わっている。

『AM – Xフェアウェイウッド』は初代モデルから30年。フェースにチタンを採用し、その弾きでボール初速がアップ。独自の特殊偏肉フェースにより、オフセンターヒット時の飛距離ロスを低減。ロイコレ独自の「キャビティソール」のDNAを受け継ぎ、やさしさを徹底的に追求したオールラウンドモデルだ(Ti3Wのみチタンフェース)。

『AM -Xユーテリティ』は、ロイコレにとって必須項目である高打ち出し角と最適なスピン量をさらに進化させたユーテリティ。構えやすく接地面の少ないラウンドソールは、振り抜きやすく操作性が向上しており、シャローバック&重量配分により、低・深重心化でつかまりがよく高弾道を実現した。

また両モデル共に、可変式スリーブを採用しており、ロフト角+-1・5度まで対応可能となっている。

ヘッド単品価格は以下の通り。

■ 「AM – Xフェアウェイウッド」:ロフト角/Ti3W/15度6万3800円、Ti5W/18度・Ti7W/21度 4万7300円
■ 「AM – Xユーテリティ」:ロフト角/U321度/U424度/U527度4万1800円クラブ価格は以下の通り。

■ 「AM – Xフェアウェイウッド」:ロフト角/Ti3W/15度 7万48000円、Ti5W/18度・Ti7W/21度 5万8300円

■ 「AM – Xユーテリティ」:5万2800円
なお、装着シャフトはコンポジットテクノ製RCオリジナルシャフト(S・SR・R)で、グリップはイオミック製RCオリジナルを採用している。

アドラージャパン
042-595-7535


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

室井 大我

室井 大我

1996年7月8日生まれ、静岡県出身
高校・大学をゴルフ部に所属
住宅リフォームの営業(一般住宅やマンション)を経て2021年9月 株式会社ゴルフ用品界社入社。
ゴルフ暦は18年、ベストスコアは64。私が発信する記事を通じて、ニッチなスポーツと思われがちなゴルフ業界を盛り上げたいと思ってます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 一世を風靡したキャッシュインに、現代的な性能と美しさをプラスした『TOULON SMALL BATCHパター』が発売

  • プロギアから中上級者向けの新『RS JUST』シリーズが発売

  • 細身向けゴルフブランド エースアンドレアが名門ゴルフ場と 販売契約を交わす

  • iOS向けゴルフ 弾道計測アプリ Golfboyを体験してみた

関連記事

  • 46インチ規制をクリアした最高級品『マジェスティ プレステジオ12』

  • 夏のラフから「77」でグリーンを狙う? キャスコ『UFO Speed』を坂本龍楠が徹底試打!

  • 一世を風靡したキャッシュインに、現代的な性能と美しさをプラスした『TOULON SMALL BATCHパター』が発売

  • プロギアから中上級者向けの新『RS JUST』シリーズが発売

  • フェース以外カーボン! ブリヂストン『B3』ドライバーを試打

  • ヤマハ厳選クラブセットのサブスクレンタル実施中