• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ミズノからグローバルモデル『ST-Z 220』『ST-X 220』ドライバーが発売

    編集部
    SNSでシェアする
    ミズノは3月11日、グローバルモデルを意識した「ST」シリーズより『ST-Z 220 ドライバー』と『ST-X 220 ドライバー』を発売した。 日本では3代目の世界戦略モデルとなる『ST-Z 220』『ST-X 220』シリーズは、コンセプトである「高初速・低スピン性能」に加え、新たに「安定性」を追求したという。 フェース素材は、一般的なチタンよりも強度が高く、インパクトで高反発性能を発揮しやすく、たわみ量が多い「フォージドβ(ベータ)チタン合金」を前作から踏襲して採用。 フェースデザインも、中心部に厚みを持たせて周辺部を薄くし、反発性能を高める設計を受け継いでいる。 安定性を向上させるための前作からの変化は、ソール面に配置されたカーボンの総面積を約40%拡大させたことだ。軽量化により生まれた余剰重量をヘッド後方のバックウェイト(13g)に配分することで、慣性モーメントとスイートスポットの拡大を実現。 また、重心距離(重心とシャフト軸線との距離)を短めに設計し、ヘッドを返しやすい構造に仕上げられているという。 『ST-Z 220ドライバー』 ヘッド後方のウェイトをセンターに配置し、より重心深度を深く、慣性モーメントを拡大することにより、インパクト時のブレを抑え、高い直進性・安定性を追求。 高い直進性を備える低スピン設計で左方向へのミスを避けやすいモデル 『ST-X 220ドライバー」 ヘッド後方のウェイトをヒール側に寄せ、重心距離を短めに設定することにより、よりつかまりやすいドローバイアス設計で右方向へのミスを避けやすいモデル となっている。 また、同社独自の打球音から数十ヘルツ単位でチューニングする設計の「ハーモニックインパクトテクノロジー」を『ST-Z 220 ドライバー』と『ST-X 220 ドライバー』にも採用、快音設計で心地よい弾き感が特徴。 価格は以下の通り。 ■『ST-Z 220ドライバー』 TOUR AD GM D  カーボンシャフト 7万2600円 Diamana MM D  カーボンシャフト 7万2600円Air Speeder FM D  カーボンシャフト 22 MFUSION Dカーボンシャフト 7万2600円 20 PLATINUM MFUSION D カーボンシャフト 7万5900円 ■『ST-X 220ドライバー』 TOUR AD GM D  カーボンシャフト 7万2600円 Diamana MM D  カーボンシャフト 7万2600円Air Speeder FM D  カーボンシャフト 22 MFUSION Dカーボンシャフト 7万2600円 20 PLATINUM MFUSION D カーボンシャフト 7万5900円 ヘッド体積は460cc、長さは45.5インチ。 また「ST-X 220」のみフェアウェイウッドとユーティリティも展開する。
    タグ
    ミズノ
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb