1. クラブ

カーボンウッドの新たな時代を切り拓く『ステルス』『ステルスプラス』『ステルスHD』ドライバー

クラブ 浅水敦

テーラーメイド ゴルフはカーボンを戦略的に採用しエネルギー伝達を最適化することでボール初速が飛躍的に向上したドライバーをはじめとする『STEALTH(ステルス)/STEALTH PLUS+(ステルスプラス)/STEALTH HD(ステルスエイチディー)』各シリーズ(ドライバー/フェアウェイウッド/レスキュー/アイアン)を2022年2月4日に発売した。

1979年、ゲーリー・アダムスが創設したテーラーメイドゴルフはステンレス製のメタルウッドを生み出し、約100年続いたパーシモンウッドの時代に終止符を打った。

そして2022年、またしてもテーラーメイドゴルフはゴルフ業界の常識をくつがえし、新たにカーボンウッドの時代を切り拓いていく。これにより、今後テーラーメイドゴルフから発表されるすべてのフラッグシップモデルは全てカーボンフェースを搭載したモデルとなる。

2000年に始まったこのプロジェクトはカーボン素材を活用したヘッドの可能性を探求し極秘裏での開発を意味するコードネーム「STEALTH(ステルス)」の名で呼ばれていた。今年20年の沈黙を破り、そのコードネームを冠する『STEALTH(ステルス)/STEALTH PLUS+(ステルスプラス)/STEALTH HD(ステルスエイチディー)』シリーズが誕生する。

この『ステルス』シリーズについて、テーラーメイドゴルフのグローバルプロダクト担当副社長のブライアン・バゼル氏は次のように語る。
「2000年代半ば、私たちの研究チームは、フェースの重量がインパクトの効率に影響を与えること、つまり、フェースが軽ければ軽いほどインパクトの効率が上がり、ボールスピードが向上することへの見識を深めました。それにより、チタンフェースには限界があり、カーボンにこそフェース素材の未来がある、ということがわかったのです。軽量カーボンフェースによる『STEALTH(ステルス)』の先進のデザインは、さらなる革新への全く新しいスタートラインであり、ドライバーの新時代を切り拓きます。そして、パフォーマンスの新たな可能性、新たなプラットフォームを創り出したのです」

ステルスプラス

ドライバーのフェースには複雑な構造からなる60層ものカーボン素材を採用し、エネルギー伝達を最適化することにより、ボール初速が『SIM2』に比べ向上している。

さらに、軽量カーボンフェースにより余剰重量を生み出し、その分フェース面積を拡大することで安定性、寛容性も強化している。また、音にもこだわり、サウンドエンジニアリングチームを結成し、優れた打音と打感を徹底的に追求したという。

■『STEALTH/STEALTH PLUS+/STEALTH HD』ドライバーテクノロジー
●60層のカーボンフェース+PUコーティング+ナノレベルの表面加工
複雑な構造からなる60層のカーボンを精巧に重ね合わせることで高い強度と大きなたわみを両立し、新次元のエネルギー伝達をもたらす。さらにテーラーメイド独自の「ツイストフェース」を融合させることでミスヒットに強い安定性も備える。フェース全面にはナノレベルの精巧なポリマーコーティング(PU)を施し、最適なスピン性能を発揮する。

●約1/2にまで軽量化したフェース質量
フェース重量はチタンの43gから24gとなり、44%の軽量化を達成。その一方でSIMドライバーよりもフェース面積を20%拡大させ、寛容性を強化。

●進化したエアロダイナミック効果
大型の軽量カーボンフェースを採用することで空気抵抗は多くなるにもかかわらず、ソールの「イナーシャ ジェネレーター」や流線形クラウンなどによって、前作SIM2シリーズよりも空気抵抗を削減することに成功。

●心地よい打音、打感
軽量カーボンフェースにより生み出された余剰重量を最大限に活かすため、サウンドエンジニアリングチームを結成し打音と打感を徹底的に分析。音響性能を磨き、ツアープロや、アマチュアテスターからは、チタン製の前作よりも良い「打音と打感」の評価を得る。

ステルスHD

ドライバーは『ステルス』、『ステルスプラス』、『ステルスHD』の3機種。『ステルスドライバー』は、60層の軽量カーボンフェース+「ツイストフェース」がもたらす、驚異的なボール初速と高い安定性、そしてさらなる低重心設計。飛距離、安定性、打音、全てを高次元で叶え、バックウェイトが発揮する高い寛容性によりミスヒットに強い。

シャフトは、「TENSEI RED TM50」、「TOUR AD UB-6」、「Speeder NX」、「Diamana PD60」の4種類をラインアップ。価格は「TENSEI RED TM50」装着が各1本税込8万6900円、税抜7万9000円、「TOUR AD UB-6」、「Speeder NX」、「Diamana PD 60」装着が各1本税込10万6700円、税抜9万7000円。

『ステルスプラスドライバー』は、60層の軽量カーボンフェース+「ツイストフェース」がもたらす、驚異的なボール初速と高い安定性、そしてさらなる低重心設計。飛距離、安定性、打音、全てを高次元で叶え、個々のプレイヤーに応じた調整機能を併せ持つ。

シャフトは、「TENSEI SILVER TM50」、「TOUR AD UB-6」、「Speeder NX」、「Diamana PD60」の4種類をラインアップ。価格は「TENSEI SILVER TM50」装着が各1本税込9万200円、税抜8万2000円、「TOUR AD UB-6」、「Speeder NX」、「Diamana PD60」装着が各1本税込11万円、税抜10万円。

『ステルスHDドライバー』は、60層の軽量カーボンフェース+「ツイストフェース」がもたらす、驚異的なボール初速と高い安定性、そしてさらなる低重心設計。飛距離、安定性、打音、全てを高次元で叶え、ヒール寄り重心の高さも変わったハイドローバイアス設計でより高弾道で球をつかまえやすい。

シャフトは、「TENSEI RED TM50」の1種類のみで価格は各1本税込8万6900円、税抜7万9000円。

問合せ先
テーラーメイド ゴルフ
0570-019-079


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • DAYTONA SPEEDER XをHS40m/sのアマチュアゴルファーが試打検証

  • ベンタス TR ブルーシャフトをHS40m/sのアマチュアゴルファーが試打検証

  • 「STEALTH」ドライバー、カーボンフェースのメリットを検証する

  • マスク職人がひとつひとつ手作りで製作 初代タイガーマスク・佐山サトル

関連記事

  • 『JAWSウェッジ』からノーメッキバージョンが発売

  • 『PHANTOM X』パター、ツアープレーヤーからのフィードバックをもとに設計されたスコッティ・キャメロンが登場

  • 使用率No・1を誇るボーケイ・デザインウエッジより『SM9』シリーズが登場

  • 『TB-7 FORGED』新世代の軟鉄鍛造アイアンTBシリーズ

  • 『My STEALTH PLUS+』ドライバー、公式サイトやテーラーメイド直営店で受付開始

  • 寛容性&スピン性能を両立する『GLIDE4・0』ウエッジ