1. クラブ

飛距離、方向性、操作性の『TOUR V5』低HSでもつかまって低スピンの『PREMIUM』

クラブ 吉村真

このほど発売したマスターズの『ASTRO TOUR V5』、そして『ASTRO PREMIUM』。推進力のある強弾道を生み出すアストロツアーVシリーズ第5弾ドライバーの『ASTRO TOUR V5』、アストロ史上で最もシャローバック形状、可変スリーブ採用のドライバー『ASTRO PREMIUM』がそれだ。

今回はギアの賢者・ソクラテス永井延宏プロが各ドライバーで2つロフト角のヘッドを検証した。

まずは動画で

『ASTRO TOUR V5』第一印象は深重心感と高い効率

永井 まず『ASTRO TOUR V5』ですが、ソール後方のプレート、ビスが深重心感を想像させ、フェース面近くの5本の溝で衝突エネルギーをロスさせず飛距離に繋げる、強弾道、効率の良いインパクトのイメージがみてとれます。

そして450Cm3ですが、構えると締まった印象。そしてクラウンとソールの間のスペースがはっきり残っている形状です。いわゆるゲンコツ型のヘッドですね。そしてシャフトの延長線上に芯があり、つかまりや操作性の良さが感じられます。

『ASTRO TOUR V5』ロフト角10度の試打検証

永井 フェース面もしっかり見えますので、安心感もあります。打ってみるとフレックスがRだったので、撓りに合わせて打ちました。特筆すべきはヘッドの操作性、つかまりの良さですね。そして振った感じよりも、フェースの弾きの良さで初速が速い。ソールの5本の溝やウエイトが効いていると思いますよ。

『ASTRO TOUR V5』ロフト角9度の試打検証

永井 ロフト10度のヘッドも同じですが、初速が速くてエネルギー伝達が強い。特筆すべきは操作性の良さです。いま流行の米国製と比べると、スプーンとドライバーの操作性の違いくらい操作性が良い。ですので、方向性が出しやす。ゴルフは再現性が大事ですから、再現性の高いベストパフォーマンスを出しながら飛距離も伸びる。そういうヘッドだと思います。

『ASTRO PREMIUM』第一印象は

永井 ソールとクラウンが直接つながっていて、重量は内部に配置。やさしくつかまるヘッドというのが第一印象です。そして外観で分かる最大の特長が可変スリーブです。非常にスマートなネックで違和感はないですね。ヘッドサイズは450㎤ですが、投影面積が大きくてシャローバック。構えた時の安心感に繋がります。

『ASTRO PREMIUM』ロフト角10.5度の試打検証

永井 可変スリーブでロフト角±1度、フェース角・ライ角最大2度動かせます。打ってみると、深重心感が強く打ち出し角、つかまり感が強烈に出ていますね。その意味では昨今の大型ヘッドに近い印象ですが、ソールのウエイト配分が秀逸で、操作性も十分に担保されています。大型ヘッドの機能と高い操作性が両立していますね。

『ASTRO PREMIUM』ロフト角9.5度の試打検証

永井 9.5度のヘッドになるとフェースがかなり立って見えますね。打ってみると良い弾道です。ロフトが立って低スピン感が出てきますが、つかまりの良さも同居しています。つまり、ヘッドスピードが速くなくてもつかまって低スピンのボールが打てる。これはいままでにないですね。『プレミアム』という広いユーザー層を見据えているのが分かりますね。納得の『プレミアム』です。

総評

永井 『ASTRO TOUR V5』はロフト角設定も8度、9度、10度、11度と飛距離を探求している中上級者モデル。そして『ASTRO PREMIUM』はロフト角9.5度、10.5度とあり、調整式で幅広いゴルファーに対応できます。使用者層それぞれの求める飛距離性能に幅広く対応できるという点では、両モデルとも申し分ない性能を有していると思います。

お問い合わせ:マスターズ TEL 06-6974-2717 http://www.mastersgolf.co.jp/


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事も生活も充実するDAZNにもちけんがハマるワケ

  • 現役アイドル山本茉央が1本で2形状の「TF-01Mirai」試してみた

  • 単なる距離計じゃない、スコアを伸ばす統計も分かる「Shot Scope V3 GPSウォッチ」

  • CBDブランド「ATHLETEHEMP」が登場、ゴルフライフが快適に?!

関連記事

  • 『JAWSウェッジ』からノーメッキバージョンが発売

  • 『PHANTOM X』パター、ツアープレーヤーからのフィードバックをもとに設計されたスコッティ・キャメロンが登場

  • 使用率No・1を誇るボーケイ・デザインウエッジより『SM9』シリーズが登場

  • 『TB-7 FORGED』新世代の軟鉄鍛造アイアンTBシリーズ

  • 『My STEALTH PLUS+』ドライバー、公式サイトやテーラーメイド直営店で受付開始

  • 寛容性&スピン性能を両立する『GLIDE4・0』ウエッジ