• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • マジェスティ ゴルフの『maruman SHUTTLE』でもうフェアウェイウッドは怖くない⁉

    大矢晃弘
    1982年生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記事で、ゴル...
    SNSでシェアする
    マジェスティ ゴルフは10月21日、『maruman SHUTTLE』(シャトル)を発売する。それに先駆けてゴルフ場でメディア向けラウンドを開催。GEW記者も潜入してきたので、その試打インプレッションをお届けする。

    マルマン時代からのお助けモデル

    『シャトル』シリーズは30年以上にわたり、アベレージゴルファーのお助けモデルとして進化してきた歴史がある。 今作のコンセプトは「フェアウェイウッド中心主義」。フェアウェイウッドはドライバーの次に飛距離を稼げるクラブとして本来は重宝されるものであるはずだが、アマチュアゴルファーの中にはフェアウェイウッドに対する苦手意識を持っている人も多く、特にスプーンが打てないという声をよく耳にする。 理由はアイアンに比べて長いクラブなのでミート率が問われるということと、ロフトが立っているため球を上げるのが難しいイメージがあること。それによってボールを上げにいってダフリやチョロに繋がるといった具合だ。 そんなゴルファーの悩みを解決するかもしれないのが今作の『シャトル』だという。フェアウェイウッドでは珍しく、2番・9番・11番・13番をラインアップ。3・5・7番と合わせて、全7番手をラインアップした。 ## 『シャトル』の特徴 マルマンシャトル 今作ではフェアウェイウッドが苦手な人に共通するダフリや球の上がりにくさを解消するため、ソール面を広く取り、芝の上を滑り抜けるような構造にした。また、深重心にこだわることで仮にトップしても球が上がりやすい構造にしたという。 シャフトは手元をしっかりさせつつ、中から先の剛性を落とし、シャフトに形状記憶合金を含ませている点が特徴だ。これによって、しなった分弾くような効果が得られるだけでなく、しなやかなしなりを感じられるようにしているとか。

    コースで『シャトル』を試打してみると

    実際にコースで『シャトル』を試打したが、まず2番ウッドは飛距離も十分稼げるだけでなく曲がり幅が少ないので、プレッシャーのかかる狭いホールのティーショットでドライバーの代わりになるウッドに仕上がっている。 2打目でもあえて2番ウッドを使ってみたが、素直に当てていくだけで勝手に球が上がってくれる上、飛距離も稼ぐことができた。記者はドライバーの平均飛距離185ヤード。飛んでも200ヤードを超える程度だが、2打目でグリーン手前まで運ぶことができ、ロングホールでパーオン、あわよくば2オンを狙えるクラブという印象を受けた。 また、特筆すべきは13番ウッドの弾道。ロフト角36度は今のクラブで言うと9番アイアンに近いが、ショートホールのティーショットで試打したところ、フェアウェイウッドとは思えないようなフワッと浮き上がる球筋でグリーンに着弾した。ショートアイアンを左に引っかけることが多い記者にとって、直進性がありながらもアイアンのような弾道が得られる今作は強力な武器になりそうだ。

    ドライバー・アイアンもラインアップ

    マルマンシャトル 今作はドライバー(10.5度、9.5度)に加え、アイアンも5番~9番、P、A、Sとラインアップ。アイアンは単品での販売となっている。 なお同社ではドライバーまたはフェアウェイウッド1本を購入すると、フェアウェイウッド(7番、9番、11番)またはアイアンを1本プレゼントするキャンペーンも実施するという。
    この著者の記事
    「ハンドファースト革命」 ~プロと同じインパクトが身につく練習器具~ Face Control Master(フェースコントロールマスター)
    2024年05月24日
    この著者の記事
    ブリヂストンの「スイング診断アプリ」を記者が体験してみた
    2024年05月22日
    この著者の記事
    シンプル&スマートなのに高機能!「声」で教えるGPS距離計『VC300A』&『VC4 Aiming』をゴルフ場で使ってみた
    2024年05月20日
    この著者の記事
    ツアープロからアベレージまで力強いインパクトを実現 低スピンの重い球が飛ばせる『Diamana WB』を常住プロが試打
    2024年05月17日
    この著者の記事
    オウンネームで自分だけの1台に! ボイスキャディ史上最軽量&最小の高機能レーザー距離計『Laser FIT』を試してみた
    2024年05月16日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb