1. 46インチ規制は「白紙撤回」? R&Aが直面した長尺規制の難しさ

46インチ規制は「白紙撤回」? R&Aが直面した長尺規制の難しさ

社長の記事
この記事は約 5 分で読めます。 9,386 Views
オットー氏と片山哲郎

「今の段階では、長さ規制に関わる新しいことは何も決まっていません。関係者の皆さんは、これまで通りの状態、手順で進めてもらって結構です」

世界のゴルフ規則を統括する英R&Aは3月24日、ジャパンゴルフフェアの期間中に「用具規則フォーラム」を開催した。最高技術責任者のスティーブ・オットー博士(用具規則ディレクター)が登壇して、近況報告を行ったもの。

冒頭のコメントは、本誌が質問したクラブの「長さ規制」についての回答だ。同氏は昨年3月、ゴルフ規則の長さ規制を現行の48インチ以下から「46インチ以下」にする考えを明らかにしたが、「白紙撤回」ともとれる内容をサラリと話した。

それにしても、この間、何があったのか。

昨春のこのフォーラムでは、「近い将来の導入」を示唆しており、以後、国内の業界関係者は成り行きを注視してきたが、肩透かしをくらった印象だ。「46インチ案」が採用されれば、開発コンセプトを根底から変えなければならないメーカーもあるなど、頭を悩ませる開発担当者は多かった。が、一転、元の鞘に納まった格好である。

オットー博士に聞いてみた

このあたりの状況について、本誌はオットー博士に質問した。以下、一問一答を再現しよう。
 

片山哲郎

オットーさんは昨年のフォーラムで、新たな長さ規制を導入する可能性を示唆したが、その後、具体的な話が聞こえてこない。この件につき、R&Aではどのような話し合いが行われ、何が決まっているのかを教えてください。
スティーブ・オットー博士

今の段階では、長さ規制に関わる新しいことは何も決まっていません。関係者の皆さんは、これまで通りの状態、手順で進めてもらって結構です。我々はあれ以後、様々な調査を行いましたが、一度立ち止まって考えることが大事だと、現段階では思っています。この件に関しては、多くの人々が様々な形で関与しているので、大きな視点で捉えることが必要でしょう。今、確実なこととして伝えたいのは、何か新しいことをすぐに行うつもりはないということです。

 

片山哲郎

長さ規制についての障害は、計測法が統一されていないこともある。JGGA(日本ゴルフ用品協会)とR&Aが推奨する計測法は異なっており、それぞれの方法で測ったら「クラブ長さ」が違ってしまう。また、独自の方法で測る国内メーカーも存在するなど、根本的なことが未整備です。
スティーブ・オットー博士

そうですね。我々の計測方法は、日本の業界が標準的に採用するものとは違います。ただ、一番重要なのは、ルールブックに記載されている方法(60度測定法)です。我々はルールに則って計測することが重要と考えていて、JGGAは『業界標準』でやっていますが、果たしてこれはルールに適合しているのか。

 

片山哲郎

つまりR&Aは、JGGA方式はルールに適合していない、認められない、と判断しているわけですね。
スティーブ・オットー博士

いえ、まったくそうではありません。その解釈は誤認です。JGGAの会員企業は、クラブを好きなように従来通り測定できます。R&Aが重視しているのは、適合かどうかの側面において、我々がそのクラブを測る場合は、R&A方式で測ったときに適合しているのか、という視点で見る。そういうことです。クラブの長さだけではなく、シャフトの硬度についても『標準』というものはありません。

 

片山哲郎

どのような測り方にせよ、結果的にR&A方式で規制内ならOKということですが、今回の規制案は導入を見送った、頓挫したという印象がある。そうなった具体的な要因は何ですか?
スティーブ・オットー博士

一番の課題は、用具規則においてクラブ長さをどのように捉えるか、その『捉え方』だと思っていて、我々は用具規制を大きな目で捉えようとしています。

 

片山哲郎

よくわかりませんね。数字は数字であり、1インチは1インチでしょう。数字には解釈論が入る余地はない。「捉え方」という言葉には、概念的なニュアンスがあります。なぜ、概念的になってしまうのか?
スティーブ・オットー博士

たしかに概念的に聞こえるかもしれませんが、小さなところから捉えるという姿勢ではなく、大きなところから捉えたい。大きな目というのは、極力、ゴルフ(ゴルファー及びゴルフ関係者)に影響を与えないという姿勢ですが、すべてがクリアになったとき、決定事項をアナウンスします

 

片山哲郎

ということは、R&Aは過去、細かく用具を規制してきたが、そのような態度を改めて、今後は細かく規制しない、方向転換するという理解でいいですね。
スティーブ・オットー博士

今は大きな目で見ていくと。そう話しているわけですよ。

以上、オットー博士との一問一答を掲載したが、コメントからは同氏の苦衷が察せられる。拳を振り上げてみたものの、その落としどころを探しあぐねている印象で、規制した場合の影響を俯瞰視する姿勢を強調している。

とはいえ、R&Aが昨今の飛距離アップに大きな懸念を抱いていることは変わらない。

「我々は、世界のツアーにおけるドライバーの飛距離を継続的に調査しています。これによると、昨年は前年比で平均3ヤード伸びており、JGTOに関しては7ヤードほど伸びていることが確認されました」

そのような流れで、R&Aの関係者は3月中旬、宮崎県で開催された「アクサレディス」の練習日に足を運び、2日間で111名の選手に対して121本の反発係数を調べたという。

「その結果、いくつかの問題点が見つかりましたが、全体的には少なかった。(不適合が確認された選手は)別のクラブに交換して、全員が適合クラブで試合を行いました。このような調査は今後、増やしたいと考えています」

飛距離アップを抑制するには、ボール規制の強化が有効とされているが、クラブの長さも大事な要素のひとつ。今回は取り敢えず断念したものの、予断を許さない状況だ。

ただ、R&Aは過去、一方的に規則を変更する姿勢が目立っていたが、日本の業界関係者と積極的にコミュニケーションを図りたいとの意思を示している。このあたりは一歩前進といえるかもしれない。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

オットー氏と片山哲郎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月に日本ゴルフジャーナリスト協会の会長に就任(現任)。

ほかにインタラクティービ(J:COM)番組審議会委員(現任)、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(現任)、大学ゴルフ授業研究会理事(現任)。

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 本気で作った『ディアマナジュニア』 オノマトペ的シャフト開発の兆し?

  • 「石川遼」はどのように育ったのか? 父親・勝美氏が語る教育論

  • 認知症の予防にゴルフは役立つ!超高齢化社会の到来に朗報

  • 46インチ規制は「白紙撤回」? R&Aが直面した長尺規制の難しさ

関連記事

  • 46インチ以内? R&Aの長尺ドライバー禁止計画で混乱必至