1. ムービー

「腕がなけりゃメシは喰えん!」マルマン杉山健三の極意を動画取材

ムービー 社長の記事 マジェスティ 片山哲郎
180807_maruman

1947年元旦生まれ。クラブ職人歴「半世紀」の頑固おやじ。その手はキャッチャーミットのようにでかい。

マルマン最高顧問・杉山健三氏。経歴は、柿材をノミでパーシモンヘッドに削り上げる作業から始まっている。

同社は10月1日、社名をマジェスティゴルフに変更する。それに先立つ8月初旬、十代目となる『マジェスティ プレステジオ』の記者発表を行ったが、社内はその演出について多くの議論を重ねてきた。結果、職人の「杉山健三」を表舞台に引っ張り出して、新生マジェスティの生き方を満天下に示そうとなった次第。

ステージ上の装いは、作務衣を着せよう、タキシードはどうかなどの要望があったが、「そんな柄じゃない」と跳ねつけている。

マルマンは過去、業界の風雲児として鳴らしてきた。1981年にメタルウッドの『ダンガン』を他社に先駆け、1990年にはチタンウッドの投入でミズノと「世界初」を激しく競い、バブル時代には一方的に「トップシェア宣言」を経済紙に発表。これを巡って他社の反感を強く買った。

創業者・片山豊氏(故人)の戦闘的な性格が、業界に波風を立て続けた。

「先代(片山氏)には、本当に可愛がってもらいました。ぼくの中には片山主義が生き続けているんですよ。先代を知る、数少ない生き残りになってしまった」

バブル時代が終焉し、マルマンは経営難に陥ってしまう。以後、オーナー会社を変え続け、その都度社員は不安の色を浮かべたが、

「いい物さえ作ってりゃ白飯が喰えるんだ。オタオタするな!」と叱咤した。

工場で4日間徹夜して、昏倒した武勇伝の持ち主が、物作りの本髄を大いに語る。台本なしの一発動画――。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

180807_maruman

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ISPS半田会長「宗教とゴルフ」の在り方を熱弁

  • バブル期に売上世界一のコトブキが「このままじゃゴルフショップはなくなる!」

  • クラブ開発の「飛んで曲がらない」を打破するのは「ゆらぎ」

  • 二木ゴルフ本社ビル売却で「3つの投資」

関連記事

  • マジェスティを知り尽くす『ソムリエ』の神髄に迫る

  • 頂点の、その先へ。新生、マジェスティ プレステジオ Ⅺ誕生

  • 西原CEO「悔しいですッ」 『マジェスティ』は単なる金ピカじゃない!

  • 西原CEO『マジェスティ コンクエスト ブラック』の美意識語る 「美意識」ってなに?

  • マジェスティ『コンクエスト ブラック』発表!高感度なアスリート志向に捧げる

  • マジェスティゴルフ西原専務執行役員インタビュー:匠の世界観をもっとゴルファーに訴求していきます!