• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 御徒町のコトブキ「2店舗閉鎖」で反転攻勢の青写真

    片山哲郎
    1962年8月3日生れ。月刊誌GEW(ゴルフ・エコノミック・ワールド)を発行する(株)ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長。正確、迅速、考察、提言を込めた記事でゴルフ産業の多様化と発展目指す。
    SNSでシェアする
    都内御徒町に3店舗(ワールド、バーディ、北口店)を構えるコトブキゴルフは3月末、バーディ館(売場面積272坪、6階)と北口店(33坪、2階)を閉鎖し、ワールド館(386坪、5階)の単独営業に踏み切る。この決断について安本昌煥社長は「ルビコン川を渡る覚悟」と心情を語った。 「ルビコン川」は古代ローマ時代、ポンペイウスとの対決を決意したカエサルが「賽(サイ)は投げられた」と号令を掛け、後戻りできない覚悟で渡った川。転じて「重大な決断」を表わすもので、同氏の決意が伺える。 コトブキゴルフの創業は1966年、翌年2月に法人化しており、シントミゴルフ、二木ゴルフと並ぶ御徒町の御三家と呼ばれた。バブル全盛期、ワールド館は年商約30億円で単独店舗日本一の売上を記録し、世界一との見方もあったほどだ。 以後、都内恵比寿に高級志向の「エビスゴルフクラブ」を出店して「脱御徒町」を掲げ、都内西部地区の需要開拓に挑戦したが、約10年間営業したのち2013年12月に閉店。御徒町での一極集中に回帰している。 今回2店舗を閉鎖することについて、安本社長はこう話す。 「当社は御徒町アメ横地区で53年間、ゴルフ専門店一筋で一度もリストラをすることなく、ワンチームの心意気で頑張ってきました。しかし、年を重ねるごとに市場環境は厳しさを増し、企業形態に変化が求められてもいた。今回の2店舗閉鎖は変化に対応するもので、新たな展開で巻き返したい」 同氏が指摘する環境の変化は、団塊世代の高齢化とECの台頭によるリアル店の疲弊に集約される。価格競争の激化により粗利の確保が難しくなり、集客が見込める繁華街に複数店を構える必要性がなくなってきた。 特に深刻なのが団塊の世代の高齢化だ。この層は1947~49年生まれの約680万人で、日本のゴルフ市場を牽引してきた大集団。その第一陣が昨年、日本人男性の「健康寿命」である72歳に突入し、ゴルフリタイアの顕在が兆してもいる。これら諸事情を勘案して、 「同一商材で同一商圏3店舗は、必要ないとの結論に達したのです」

    モノからコトへの展開探る

    ただし、今後については前向きだ。4月以降は旗艦のワールド館とEC(KG-NET)に経営資源を集中させ、 「すべての人員、商材、機能をこの2つに特化して、効率の高い経営を目指します。特にウェブ経由のビジネスを強化・拡充する方針で、モノからコトへのビジネスモデルに転換したい」 同社は比較的早期にECへ参入していたが、御徒町に大型2店舗を近接したことでネットとリアル店の価格整合に苦しんだ。それも当然で、同一商圏に3店舗、計691坪の売場は如何にも大きい。今後、これが半減することで自社競合の余地をなくし、併せてECとの連携で新展開を図っていく。 モノからコトへの転換については模索中だが、1フロア約70坪のスペースがあるため、最新の機材を取り揃えたインドアスクールやゴルフフィットネスの導入で、売場と連動させる可能性もある。過去数年、最新のIT機器を備えたインドア施設の台頭が目立っており、5Gの普及を視野に入れた次世代レッスンへの期待も高まる。 「そのあたりについては専門企業との交流を深め、様々な意見を聞いていきたい。創業54年目にしてルビコン川を渡るからには、従来にない挑戦をしなければと考えています」 今後、反転攻勢の青写真を描いていく。
    この著者の記事
    PGA明神正嗣会長に聞く「他団体のレッスンプロが増えてる現状」
    2024年05月05日
    この著者の記事
    月刊GEW5月号でゴルフ界の「猛暑対策の遅れ」を特集
    2024年05月03日
    この著者の記事
    日本のゴルフ界とクラブ市場を総括する(7)
    2023年07月16日
    この著者の記事
    日本のゴルフ界とクラブ市場を総括する(6)
    2023年07月09日
    この著者の記事
    日本のゴルフ界とクラブ市場を総括する(5)
    2023年07月02日
    → もっと見る
    タグ
    コトブキゴルフ
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb