1. 「月別アーカイブ:2011年01月 」一覧

「月別アーカイブ:2011年01月」一覧

  • キャロウェイ、イメルマンとの契約を正式発表

    キャロウェイゴルフは1/24日、トレバー・イメルマンと同社用具使用契約をしたことを正式にリリースで発表した。2008年マスターズの優勝者、イメルマンは、今年、今週のPGAツアー、ファーマーズインシュランスオープンから、クラブ、ボール、キャップ、ウェアー、シューズを含むキャロウェイの全製品を使用し競技に臨むことになる。

  • ゴルフ界へ進出するコブラ・プーマ戦略

    昨年アクシネット社からコブラを買収したプーマ。果たしてシュースとアパレルの巨大企業が、新会社コブラ・プーマとしていかにゴルフ業界に進出しようとしているのだろうか?いかにゴルフ企業として消費者に印象を与えようとしているのだろうか?

  • R&A、USGAが、視聴者告発で失格のルール見直しへ

    世界のゴルフルールを管轄するR&AとUSGA(米国、メキシコ)は、今回、カミロ・ビジェガスやパドレイグ・ハリントンに起きた、本人が気付かなかったルール違反が、テレビ視聴者の告発などにより指摘され、失格になったケースにつき、ルールの見直しの討議を行っている。

  • ニュープロV1、ベールを脱ぐ

    "より遠くへ、より正確に"のキャッチコピーを引っさげて、6代目となる『タイトリストプロV1』(V1・V1x、ともに2月10日発売予定)がいよいよ動き出す。その記者発表会が昨日、都内イベントホールで開催された。発表会には『プロV1』の通算1000勝目(ワールドワイド)を飾り、日本男子プロの中で『プロV1』の勝利数(9勝)が最も多い谷口徹選手なども参加、ニューモデルを積極的にPRした。

  • 台湾、ゴルフクラブ部品メーカーの売上が伸長

    台北発1/13日。台湾紙によると、台湾の大手ゴルフクラブ部品メーカーの二社、ダイナミック・プレシジョン・キャスティングMfg社とアドバンスド・インターナショナル・マルチテック社の両社の12月度業績が好調で、前者売上が前年同月比63.67%アップ、後者は42.76%アップしたとのこと。

  • ミズノがCハウエルⅢと契約

    ミズノはこのほど、USPGAツアーで活躍するチャールズ・ハウエルⅢとアドバイザリースタッフ契約を締結した。契約内容は、アイアン、ウエッジ、キャディバッグ、キャップの使用と同社製品の開発や宣伝・広報への協力も含まれている。契約金額・期間は非公開となっている。

  • 飛ぶと評判のリョーマD-1に『Vスペック』追加

    リョーマゴルフから、新商品『リョーマD-1 Vスペック』が1月21日発売になった。 発売前、数件のショップに対してテスト販売を実施した結果、本当に飛ぶと好評価を得ているようで、ショップ独自のテストでは、棒ダマ効果でランが伸び、さらにミスヒットでの飛距離ロスが少ないため、平均10~15ヤードも飛距離アップするという。

  • 捉まる&引っかからない『V-UT』

    マスダゴルフは1月20日、『V-UT』を発売した。設計コンセプトはやさしいだけではなく、ピンを狙えるクラブであること。アドレス時にショットのイメージができ、実際にラインが出せる機能を搭載したクラブであることも重要視した。

  • ロングアイアンよさらば!ナイキのハイブリッド

    ナイキゴルフは契約プレーヤーの要望に応えて開発されたという新製品ハイブリッドクラブを出した。同社によればこのクラブ、VR Proハイブリッドは、先週のツアー初戦、ヒュンダイ・ドーナメント・オブ・チャンピオンズから同社契約のアンソニー・キム、フランシスコ・モリナリ、カール・ペターソン等に使われているとのことだ。

  • 40周年のマルマン「打点・改善!」で勝負

    2011年、マルマンがゴルフ事業に参入して40周年を迎える。同社は1月18日、都内会場にて新製品発表会を開催。ゴルフクラブの世界に、いち早く科学と技術を持ち込み、科学に裏打ちされた革新的な製品を作り続けてきたという同社の大隅宏昭社長は、

  • マミヤ・オーピー、滝沢三規前社長逝去

    マミヤ・オーピー前代表取締役社長の滝沢三規氏は、かねてより病気療養中のところ、1月17日逝去された。 通夜は1月25日(火)午後6時より、告別式は26日(水)午前10時より、桐ヶ谷斎場(東京都品川区西五反田5-32-20 […]

  • ヨネックスから新ブランド『EZONE』誕生!

    ヨネックスは1月17日、新ブランド『EZONE(イーゾーン)』の詳細を発表した。「石川遼の飛びを、あなたの飛びに」をメインテーマに掲げ開発したドライバー3機種、FW2機種、UT、アイアン4機種を2月19日より順次発売する。

  • ナイキ新製品ボールがハワイに登場

    ナイキゴルフは新製品高級ボールをツアーに投入、ハワイで開催中のPGAツアーで同社契約プレーヤーが使用している。一般への発売はこの春になるようだ。

  • ブリヂストンがデイビス・ラブIIIと契約

    デイビス・ラブIIIがブリヂストンスポーツと契約し、フレッド・カプルス、マット・クーチャー、ブラント・スネデカー、リー・トレビノを抱える同社契約プロ軍団の一員になったことを、ブリヂストンスポーツの米国現地法人子会社、ブリヂストンゴルフが発表した。

  • キャロウェイの新グルーブウェッジ

    キャロウェイゴルフは1/14日より、同社新製品Xシリーズウェッジ「JAWS CC」ウェッジが、米国市場小売店で発売されることを発表した。なお、このグルーブは昨年よりUSGAが規定した競技条件に適合している。

  • ビジェガスとテーラーメイドが正式契約

    昨年8月、テーラーメイド社は、カミロ・ビジェガスとの契約が同意に至ったことを発表していたが、その時点では未だビジェガスのコブラ、タイトリスト、フットジョイとの契約期間が残っていたため、法的闘争にまで発展しそうな問題が発生していた。

  • ゴルゴ13とケムンパスがヘッドカバーで登場

    ホクシン交易はこのほど、同社人気シリーズの一つである赤塚不二夫のアニメキャラクターに『ケムンパスヘッドカバー』(FW用)を追加ラインアップする。

  • 米クリーブランドゴルフ/スリクソンに新社長

    SRIスポーツ社の米国子会社、クリーブランドゴルフ/スリクソン社は、トッド・ハーマン氏が同社社長に任命されたことを発表した。ハーマン氏はこれまで同社の取締役副社長兼ジェネラルマネージャーであると同時に、同社の欧州子会社、スリクソンスポーツ・ヨーロッパの取締役も務めていた。

  • ミズノから3機種11色のCB登場

    ミズノはこの冬、風合いの異なる3機種合計11色のキャディバッグを発売した。まずは12月に『アドバンスライン065ライト』5色、1月に『アドバンスライン067ライト』4色、そして2月20日は『JPX ツアースタイル064』2色を発売する。

  • クリーブランドがオーバートンと契約

    ライダーカップメンバーの一人、ジェフ・オーバートンが、今年からクリーブランドゴルフの契約選手に加わる。2010年ライダーカップ米国チームの一員だったオーバートンは、先シーズンのツアーで、二位に三度、三位に二回の実績を残している。彼はPGAツアーで優勝をせずにライダーカップ選手に選ばれた二人の一人。

1 2