• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 相続税問題を乗り越えた実例~シリーズゴルフ練習場ビジネス~

    嶋崎 平人
    1951年生まれ。東京都立大学工学部機械学科卒業。ブリヂストン(タイヤ)入社後は主に製造技術畑を歩き、その後ブリヂストンスポーツでクラブ・ボールの企画開発等を担当。クラブ開発に携わり、特許を二十数件出願している...
    SNSでシェアする
    2020年における都内の「屋外練習場」は、2007年比で3割も減少している。ゴルフ界にとってゴルフ練習場の減少は深刻だ。未経験者がゴルフを最初に経験するタッチポイントが街中のゴルフスクールや練習場。住宅と近接するゴルファー創造の拠点であり、これを如何に残すかが業界の課題となる。 ただ、ゴルフ界が直接この課題を解決することは難しい。インドアを含めた国内の練習施設は約3500と見られ、その8割弱が屋外の練習場。これを100とした場合、3割が大企業の運営、7割が中小の個人や同族経営となる。いわゆる「家族経営」が多いため、親から子に事業承継する際には、個々の家の問題が現れてくる。 最大の課題は相続税だ。経営者が次世代に練習場を継がせたい意思があり、それを引き継ぐ子世代に継承の意思があったとしても、相続税問題は親族の複雑な思いが絡むため一筋縄ではいかないのだ。本稿ではこの点について詳述したい。 前回、事業承継のコンサルタント・株式会社青山財産ネットワークスの野口忠夫上席シニアコンサルタントに話を聞いた。同氏によれば練習場を事業継承する「基本三原則」は(1)土地の分割を避けるための対策、(2)事業の収益力アップ、(3)不動産の評価減、以上の3点を組み合わせて、資産をまもり事業を継続することが重要だという。
    あわせて読みたい
    事業継続の「壁」相続税問題を考えるゴルフ練習場
    2021年11月20日 21時00分
    >
    この著者の記事
    創業半世紀で挑戦つづける横浜・梅里CC マイケル先生の「英語&ゴルフ」も
    2024年05月25日
    この著者の記事
    千葉・ガーデン藤ヶ谷GRの創業精神 キレイなトイレに魂を込め続ける
    2024年05月04日
    この著者の記事
    地域ゴルフの「ハブ」を目指す 神奈川・ニューツルミゴルフ練習場
    2024年04月06日
    この著者の記事
    横浜駅から徒歩15分の三ッ沢ゴルフセンター 住宅街の「オアシス」目指して奮闘中
    2024年03月09日
    この著者の記事
    都内「大島ゴルフセンター」施策連発 距離100ヤードの規模で付加価値高める
    2024年02月17日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb