1. 練習場・インドア

洋服の青山、埼玉県下最大級 インドアで駅前を狙い撃ち

練習場・インドア 浅水敦

「まん延防止等重点措置」が2ヶ月半ぶりに解除されたが、リモートワークで都市部は空室だらけ。

繁華街の飲食店は閉店が相次ぐ一方で、インドアゴルフへの参入意欲が高まっている。

インドア専門施工会社のキャグ片岡重勝氏が次のように話す。

「ただ、大きい『箱』は居抜きで売り出すところが多く、オフィス街はリモートで人が激減。スポーツジムも同じですが、インドアゴルフも退会者が激増中。高い家賃に見合う収益が見込めないので、オフィス街は相変わらず厳しい状況が続いています」

そんな中、駅前需要を狙い撃ちしたのが洋服の青山(青山商事)が100%出資する子会社・栄商が出した「ビーグルまるひろ南浦和店」。

駅前デパート『まるひろ』内(130坪)へゴルフランドのシミュレーションゴルフ10台を完備した県下最大級という触れ込みで、開業は3月24日と産声をあげたばかりだが、

「実は当社の参入は6年前です。横浜(14打席)、桜木町(7打席)、川崎チッタ(15打席)と出して今回の南浦和(10打席)が4店舗目。コンセプトは『手ぶら』で、埼玉は初めての進出となります」

と佐藤圭介GMは熱く語る。

その熱量には頷けるものがある。そもそも同社は主力の「紳士服」以外に靴修理の「ミスターミニット」を子会社化。100円ショップの大創産業とFCを運営したり、「焼肉きんぐ」のFCも運営中で、そこにゴルフの波が来ているから熱量も上がる。

「南浦和駅は京浜東北線と武蔵野線の2線が乗り入れていて、その交通利便性の高さが人気の街です。単身赴任者や地元住人の方を中心に会員集客を図りますが、シミュレーション機器への投資が想定以上。会員獲得のスピードが損益分岐点を決めるので急ぎたい。

横浜と桜木町は年配者が中心ですが、川崎は若者の未経験者が非常に多いのが特長です」

リモートワークで勤務時間に縛られない働き方が増えた。次のステップは24時間営業で入退室時の顔認証やカードキー導入により駅前需要を狙い撃つ算段だ。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • DAYTONA SPEEDER XをHS40m/sのアマチュアゴルファーが試打検証

  • ベンタス TR ブルーシャフトをHS40m/sのアマチュアゴルファーが試打検証

  • 「STEALTH」ドライバー、カーボンフェースのメリットを検証する

  • マスク職人がひとつひとつ手作りで製作 初代タイガーマスク・佐山サトル

関連記事

  • 最終回 既成概念をぶち壊す実践主義

  • 第11回 「利他主義」を企業文化とする

  • ゴルフパートナーが仕掛ける 三位一体のゴルフ練習場

  • 第10回 ゴルフ練習場の可能性広げる 様々な試み

  • 『TTR』はゴルフ練習場ビジネスの救世主になる?

  • 第9回 ゴルフ練習場、過去最高の「11月」徹底分析