1. ハイテク機器

世界中でロングランの『GC2』を進化させた後継機種「GCQuad」

ハイテク機器 大矢晃弘

複数の高解像度ハイスピードカメラと特許技術で正確な弾道&クラブ計測を実現!大ヒット機器の進化版が日本上陸

『GC2』は、発売以来8年間ロングランを記録した高機能の弾道解析ツールだ。世界中のゴルフ関係者に支持され、導入する大手量販店やインドアゴルフ施設も多い。その『GC2』をさらに進化させ後継機種として登場したのが『GCQuad』だ。

最大の特徴は業界初の4点カメラ方式の弾道解析にある。4つの高解像度ハイスピードカメラを搭載し、4つの視点からクラブとボールの動きを撮影することで弾道情報を立体的に認識し、より正確にクラブ軌道と弾道の解析を行う。

この球体を立体的に認識する技術(Spherical Correlation TM)は特許を取得している。さらに、ヒッティングゾーンであるボールの認識エリアが『GC2』よりも6倍広くなっている点や、高度計を搭載することで高度、気圧を加味した飛距離を自動算出する点も解析の正確性を裏付ける性能と言える。

また、本体上部のモニターは屋外でも見やすい大型ディスプレイになっており、ターゲットとアライメントの自動調整機能を搭載しているので煩わしい設定も不要だ。もちろん性能面だけでなく、耐久性やデザイン性もこだわっており、ボディにはダイキャストアルミフレームを採用しているため、衝撃に強くしなやかなフォルムを実現している。

密閉性も高く、重さも3・8㎏かつ一体型キャリングハンドルで持ち運びもスムーズなうえ、収納可能なキックスタンドによりどんな場所でも安定して配置することが可能。場所や天候を選ばず使用できるのも特徴だ。

またWi-Fi、Bluetooth、イーサネット、USBタイプCと幅広い接続方法に対応しているため運用上のストレスもなく、フラッシュ光源の交換が不要なので消耗品の心配がないのも特徴だ。

■本体サイズ
幅177mm、高さ317mm、奥行き101mm

【GC3】 『GC2』の進化版にコスパもプラス! 『GC3』が来春日本上陸


『GC2』を進化させ、『GCQuad』より手頃な価格で導入できる『GC3』が来春日本に上陸する。その名の通り3つのカメラを搭載し、ボールの認識エリアは『GC2』よりも広いA4サイズを実現している。

接続方法はWi-Fi、Bluetooth、イーサネット、USBタイプCと幅広く対応。重さは2・3㎏と軽く、本体上部のモニターは液晶タッチパネル対応になっている。

■本体サイズ
幅152mm、高さ305mm、奥行き127mm

国内の弾道計測器業界を牽引! 急成長のアンプラス

2005年創業のアンプラスは、これまでインドアゴルフ施設向け機器の輸入販売や企画を手がけてきた。Foresight製品を日本のゴルフ市場に広めたのは同社で、大ヒット商品の『GC2』は累計で800台販売している。

またこれらのForesight製品との併用により、さらに充実した接客が可能となる同社オリジナル製品『Peacock』、『FOCUS』も定評があり、後者は初心者専用ショップのゴルフ5新宿フラッグス店にも導入されている。

さらに同社は、英フィナンシャル・タイムズ社、日本経済新聞社、独スタティスタ社が発表した、アジアの急成長企業ランキング「High Growth Company Aisa Pacific 2021 TOP 500」において、190位にランクインした。

同ランキングは、アジア太平洋地域(オーストラリア、香港、インド、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナム)に本社がある13の国・100万社以上の企業を調査対象とし、2016年~2019年に高い成長を遂げた上位500社を選出したもので、同社は全社中190位に加え、日本企業116社中54位に選出されている。

◆精度
『GCQuad』は4つ、『GC3』は3つの高解像度ハイスピードカメラを搭載し、特許取得の「球体を立体的に認識する技術(Spherical Correlation TM)」に加え、高度計による高度と空気圧を加味した測定で正確に弾道とクラブデータを計測。

機能性
■GCQuad

【弾道計測項目】
ボール初速、上下打ち出し角、左右打ち出し、バックスピン量、サイドスピン量、左右ブレ、頂点高さ、落下角、キャリー飛距離、トータル飛距離

【クラブ計測項目】
ヘッドスピード、ミート率、クラブパス、アタックアングル、フェースアングル、ロフト角、ライ角、打点(上下左右)、ヘッド開閉度合

■GC3
【弾道計測項目】
ボール初速、上下打ち出し角、左右打ち出し、バックスピン量、サイドスピン量、左右ブレ、頂点高さ、落下角、キャリー飛距離、トータル飛距離

【クラブ計測項目】
ヘッドスピード、ミート率、クラブパス、アタックアングル

価格
■GCQuad
本体のみ 214万5000円(税込)

■GC3
想定価格88万円(税込)※変更の可能性あり

Foresight Sports
お問い合わせ:アンプラス 
TEL 045-620-0884 
amplus.jp


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自腹を切ってSDGs ゴルフ界団結の狼煙をあげる

  • 手の平サイズのコンパクト&軽量レーザー距離計、CaddyTalk minimi LT

  • 世界中でロングランの『GC2』を進化させた後継機種「GCQuad」

  • グリーン周りを攻略! キャスコ『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』を徹底試打

関連記事

  • 天井型弾道測定器「シグナス」新登場 24時間無人運営システムを提供

  • 手の平サイズのコンパクト&軽量レーザー距離計、CaddyTalk minimi LT

  • AI搭載のレーダー式弾道測定器「トラックマン4」インドアで続々導入の理由

  • 「ゴルファーズドック」で最長飛距離はでるのか?

  • プレーに近い状況・弾道をリアルに再現シミュレーション「SDR」

  • 練習場モードが充実したOK ON GOLF TYPE▶D