1. ハイテク機器

筋肉を刺激して体幹を覚醒? 『RUCOE GOLF』を常住充隆が解説

ハイテク機器 大矢晃弘

体幹を目覚めさせゴルフのパフォーマンスをアップする一生涯のトレーナー

ゴルフのパフォーマンスアップのためには日常的な体幹トレーニングや体のケアが重要だが、なかなか時間を割けないのも現実だ。その問題を解決するのが、伊藤超短波から登場した『RUCOE GOLF(ルコエゴルフ)』(4万2900円)というアイテム。同製品は本体に繋いだ専用の粘着パッドを体に貼り、電気を流すことで筋肉に働きかける筋電気刺激機器だ。

同社は創業106年の老舗医療機器メーカーで、超音波治療器や低周波治療器で業界トップシェアを持つ。さらに1999年より「ITO Sports Project」を立ち上げ、物理療法機器でアスリートをサポートしてきた。『ルコエゴルフ』は治療器ではないが、同社の確かなバックボーンから生まれた、同種の機器とは一線を画す製品だということが分かるだろう。

特徴は「プラクティス」、「スイッチ」、「レスト」という3つのモードを搭載し、モードごとに周波数を変える工夫がなされている点だ。

現代人は筋肉をバランスよく使えておらず「不良姿勢」に陥っているため、ゴルフに重要な体幹が使えない状態になっている。

その点「スイッチ」モードは手軽に体幹を目覚めさせることができる。手順は真っ直ぐな姿勢で椅子に座って手首にパッドを貼り、同モードで通電しながら腹式呼吸をするだけ。手首は末梢神経が集まるため脳に効率良く刺激を伝達でき、腹式呼吸によって呼吸が改善され自然と体幹を使った正しい姿勢を体が覚えるというメカニズムだ。同モードは3分間のモードなので、プレー前の短い時間で手軽に使える。

また「プラクティス」モードは練習時に腹筋や肩甲骨、ハムストリングスなどにパッドを貼りながら使用することで、ゴルフスイングに必要な筋肉を意識させることができる。

そして「レスト」モードは練習やラウンド後の体のケアやクールダウンに使えるモードだ。いずれも同種の製品に起こりがちな皮膚が引っ張られる感じがなく、インナーマッスルに働きかけてくれていることが体感できる。

本体は手の平サイズで軽量なので、持ち運びしやすく便利だ。

既に販売店にもユーザーから満足の声が届いており、ギアとセットにした販売が期待できる。ゴルフ人口は高齢化が進んでいるが、同製品は一生涯のトレーナーとしてゴルファー寿命延伸に寄与しそうだ。

【動画】常住充隆プロが『ルコエゴルフ』を体験&解説

では実際に『ルコエゴルフ』を使うことで、どれだけゴルフのパフォーマンスアップに寄与するのか? PGAティーチングプロであり、整体師の資格も持つ常住充隆プロが同製品を体験。常住式スイングタイプに最適な『ルコエゴルフ』の活用法を解説する。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゴルフの聖地・スコットランド発祥の『TDN』キャディバッグを常住充隆プロ&高沢奈苗さんが解説

  • アイドル山本茉央と永井延宏がPING『GLe2』を試してみた

  • アイドル山本茉央と永井延宏が『B-LD』(ブリヂストン)を試してみた

  • アイドル山本茉央と永井延宏が『ONOFF LADY』(グローブライド)を試してみた

関連記事

  • AIがスイングチェックをストレスフリーに!『GOLF VISION』アプリの実力とは?

  • 計測器市場を席巻するIT集団アンプラス 3つの新製品とは?

  • 練習場に初導入!『顔認証チェックイン』がもたらす未来と可能性

  • GPS距離計『イーグルビジョン』シリーズ

  • 自宅でゴルフができる『ファイゴルフ2』をアイドル山本茉央が体験してみた

  • ニコンの『COOLSHOT』4機種をコースで徹底比較!