• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • TRシリーズが遂にフルラインアップで登場

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    本間ゴルフは、「T//WORLD TR21フェアウェイウッド(5万5000円)及びユーティリティ(4万4000円)を本日9月18日より、「T//WORLDTR21Xアイアン」(5本、13万7500円~)を10月9日より順次発売する。  「TRシリーズ」のコンセプトである「SPEED」×「Trajectory control」を TR21FW/UTでは、 1)NON -ROTATING SYSTEMの搭載 2)ソールの可変ウエイト 3)チタンヘッドFWの採用 4)充実なバリエーションによるクラブセッティング自由度の最大化  という4つの特⻑をもっている。 具体的には、 1)NON-ROTATING SYSTEMの搭載  ドライバーで採用していたNON -ROTATING SYSTEMをフェアウェイウッド・ユーティリティ全番手に採用  2)ソールの可変ウエイト  ウエイトの入れ替えで弾道のコントロールが可能となり、さらにソール内部のタングステンウエイトも番手毎に最適な重量・位置で設計  3)チタンヘッドフェアウェイウッドの採用(3wti) フェアウェイウッドでも“飛距離性能の追求”から3Wを2種展開とし、そのひとつにチタンヘッドを採用 4)充実なバリエーションによるクラブセッティング自由度の最大化、また、4番ウッド(16・5度)を新たに追加。 フェアウェイウッドでは3wti/3w/4w/5w/7wの5番手展開により、あらゆるゴルファーのセッティング・コースマネジメントに対する要望などに応えていく。 『TR21X』アイアンは、最大限の飛距離性能を引き出す構えやすく安心な中空アイアン。 タングステンウエイトと高反発フェースにより、ミスに対する寛容性と飛距離性能を追求したという。 競技志向やツアーモデルを求めるゴルファーにはもちろん、飛距離アップを目指すアマチュアゴルファーにも、高い性能が実感できる新時代モデルシリーズとなっている。
    この著者の記事
    熱中症からゴルファーを守る! WBGT環境測定値をクラウドで一元管理 『SisMil(シスミル)』
    2024年05月19日
    この著者の記事
    PGMがティーマークの呼称を カラーネーミングに統一
    2024年04月28日
    この著者の記事
    『ステップゴルフプラス町屋駅前店』 グランドオープン
    2024年04月27日
    この著者の記事
    もうセルフスタンドバッグはいらない!? 『スマートフォーク』でPLAYFAST
    2024年04月21日
    この著者の記事
    キーワードは「ジャストトルク」クレイジー初のワンフレックスシリーズを打ってみた
    2024年04月17日
    → もっと見る